『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(24)~新馬場駅商店街界隈(寺社)~其之勒_善福寺

善福寺


 ここの善福寺は時宗。
 
 時宗の総本山は藤沢の遊行寺。↓

  *遊行寺 

  *時宗(宗教)


 そして、"時宗"と言えば、鎌倉幕府の第8代執権だった北條時宗の名が思い浮かぶ。↓

  *北條時宗(wiki)



 参道に置かれている、なにやら意味あり気な(?)なドラム缶。↓


善福寺-01山門・本堂a
善福寺-01山門・本堂a posted by (C)トロイ


 それもかなりの年季がはいっているように見える。


 そして山門からは…。↓


善福寺-01山門a(1-4)
善福寺-01山門a(1-4) posted by (C)トロイ


 境内に足を踏み入れるものに対して、本堂が睨みをきかせている。 

 この本堂を人の顔に例えるなら、一般的に見られる本堂とはかなり違った異邦人まがいの顔に見えてくる。

 どこか異郷の地の異教の寺院の統べる異境に設けられている山門(エントランスあるいは検問所)から見える異様な異邦人の顔。


 かの地では、早起きしても三文の得にも、徳にもなりそうもない。



異郷のひと-02 from 善福寺_山門
異郷のひと-02 from 善福寺_山門 posted by (C)トロイ


 山門を入ると、私自身もひとつのモノとして、本堂の外観から受ける境内の寂れた雰囲気にすっぽりと包み込まれてしまった。

 まるで、この世から隔絶された廃寺の世界に迷い込んでしまった感がある。


 誰かが…そんな私を見つめている。
 
 見つめている。



善福寺-02本堂b(1)
善福寺-02本堂b(1) posted by (C)トロイ


 本堂は、土蔵造り(?)ならではの趣で、どっしりとしている。
 
 なにものにも、なにごとにも動じない感がある。

 ちなみに、善福寺の開闢(かいびゃく)は永仁2年(1294年)とのことだ。


 この本堂がその当時からのものなのかどうかは、私にはわからない。

 ただ、屋根の表面は当時のものではないトタン屋根(?)になっているようだ。

 雨による本堂の傷みを少しでも軽減するためなのであろうか。



善福寺-02本堂a(2)
善福寺-02本堂a(2) posted by (C)トロイ


 残念ながら、永年に渉って風雨に曝されてきたため、本堂の表面上の状態は芳しくない。

 本堂に掲げられている額の寺号あるいは山号の文字も読めないほどだ。


善福寺-02本堂c(3c)
善福寺-02本堂c(3c) posted by (C)トロイ



 土蔵造りを活かした鏝絵(こてえ)もかなり傷んでいるので、往時の状態を偲ぶことしかできないが、それでも長八の鏝絵のすごさはいまもなお直に伝わってくる。↓


善福寺-本堂(長八の「こて絵」)a-2
善福寺-本堂(長八の「こて絵」)a-2 posted by (C)トロイ


    *編集・加工してあります。


  *伊豆の長八



 本堂の下に置かれている大きな卵のような石。↓


善福寺-03本堂_玉石の卵?
善福寺-03本堂_玉石の卵? posted by (C)トロイ


 意味あり気な石の佇まい。

 "彼岸"と"此岸"の不思議な"縁"(架け橋)を感じさせるものとしてこの世にもたらされたかのような石。

 なんのために、ここに、こんな風にして安置されているのだろうか。


 この石が、もともとこの容であったのなら、まさに天からの賜物かもしれないし…。


 あるいは、寺の建立にあたって、地中を掘り下げていった際に出土した稀有な種類の石なのだろうか。
 
 その稀有さを、このような卵のような形としてさらに整えたうえで、時間をかけて丹念に磨き上げ、末永く世に伝えることにしたのかなぁ…などと、想ったりもした。

  

善福寺-05
善福寺-05 posted by (C)トロイ


 山門を入ると、右側にあるお堂。

 祀られているものがわからない。

 稲荷神社ではなさそうだし、…。

 地蔵堂?

 閻魔堂とも思えない。



善福寺-02山門b
善福寺-02山門b posted by (C)トロイ


 本堂のイメージとはまったく違うもうひとつの善福寺の情景。


 この樹が周囲にもたらす"生"の息吹きに、私が境内で受けた異邦人としての緊迫感や寂寥感は共に和らいだ


 参道の道端に置かれているドラム缶が、善福寺の境内が醸し出すこの世から隔絶されたかのような雰囲気と妙に(?)呼応しているのが不思議だった。


 ドラム缶を連ねたボートで、次なる心の旅の大洋に、さぁ、出港!




追記:

*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape

お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる