スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京散歩:品川区~利田神社と鯨塚~

 2011年3月に、茨城県鹿嶋市下津海岸でイルカ50頭が打ち上げられたり、神奈川県鎌倉市七里ガ浜海岸でクジラが打ち上げられたりした。

 2012年1月には、東京港の青海コンテナ埠頭(江東区)付近の海面にクジラと思われる生きものの死骸が漂流していたことがあった。


 江戸時代には東京湾(品川浦)に迷い込んだ鯨が将軍様まで巻き込んでの大江戸中の一大トピックスになった。


東品川_鯨塚-01b
東品川_鯨塚-01b posted by (C)トロイ



 品川浦に鯨が迷い込んだことを物語る遺跡がある。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)と鯨塚
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)と鯨塚 posted by (C)トロイ



 鯨のオブジェとクジラを象った遊具のある品川浦公園。


東品川_品川浦公園-鯨塚
東品川_品川浦公園-鯨塚 posted by (C)トロイ


 『鯨塚』の案内板が見える。その柵の向こう側に鯨碑(鯨塚)がある。



東品川_鯨塚-01
東品川_鯨塚-01 posted by (C)トロイ


 鯨が東京湾に迷い込んだのは寛政十年五月朔日(1798年)。



東品川_鯨塚-02鯨碑
東品川_鯨塚-02鯨碑 posted by (C)トロイ


 前日からの暴風雨で品川沖に迷い込んだところを品川浦の漁師達によって捕えられた鯨の供養碑(鯨碑・鯨塚)。



東品川_鯨塚-03a
東品川_鯨塚-03a posted by (C)トロイ


 三角形のフォルムをした碑は鯨が海面から頭部を出したときの様子をイメージしたものかもしれない。

 そうだとすると、江戸時代に品川浦に現れた鯨のイメージは、マッコウクジラではなく、シロナガスクジラだと思える。 


東品川_品川浦公園-鯨塚b
東品川_品川浦公園-鯨塚b posted by (C)トロイ

 品川浦公園のクジラのオブジェとも符合する。

 

東品川_鯨塚-03b
東品川_鯨塚-03b posted by (C)トロイ


 この臼のようなものはなになのだろう?

 鯨を解体して残った骨をお骨として埋葬し供養するにあたって、砕いた骨をさらに細かくするのに使われたものなのだろうか。 



 参道の左手側に石造りのお稲荷さんと鯨碑(鯨塚)が祀られている利田神社。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-01
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-01 posted by (C)トロイ


 新しい鳥居の奥には、まるで門柱でもあるかのような立派な石燈籠があり、 さらに、その奥に、当時の門柱がある。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-02
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-02 posted by (C)トロイ


  そして、拝殿を守る、これまた偉容をほこるかのような黒い狛犬の像。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-05b狛犬(吽)
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-05b狛犬(吽) posted by (C)トロイ


 黒い色をした狛犬は珍しい。
 黒い狛犬にはなにが託されているのだろうか。

 江戸の大火で焔を被ったことがあるのかなぁ、などとあり得ないことを思ってしまう。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-05b狛犬(吽)
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-05b狛犬(吽) posted by (C)トロイ



 祀られているのは福寿弁財天_市杵島姫命。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-04
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-04 posted by (C)トロイ


 "三つ鱗"の紋。

 北條氏となんらかの関係があるのだろうか。
 
 

東品川_利田神社-05梨田神社(かがたじんじゃ)_扁額 etc.
東品川_利田神社-05梨田神社(かがたじんじゃ)_扁額 etc. posted by (C)トロイ


  お役御免になった石の扁額。


 
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-06
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)-06 posted by (C)トロイ


 こちらは、お役御免になったかつての手水舎の水盤のようだ。



 境内社に、石燈籠のような稲荷神社がある。

 その後方に鯨碑(鯨塚)が見える。


東品川_利田神社(かがたじんじゃ)_お稲荷さん
東品川_利田神社(かがたじんじゃ)_お稲荷さん posted by (C)トロイ


 金槌稲荷神社。 

 "金槌"という名の謂れはなんなのだろう。

 "金槌"といえば、出世の見込みがないことのたとえとして使われたりする。

 それでは、お稲荷さんとしての意味合いからずれてしまう。

 "金槌"という名称は、"打ち出の小槌"的なイメージとしてのものなのだろう。



 利田神社は、その境内に、利田新地の鎮守としての厳かさをもたらしている。

 神社としての立地条件に恵まれてはいないのにもかかわらず、あるいは、それ故になにかしら不思議な雰囲気につつまれてしまう利田神社。





こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

いつもコメントをどうもありがとうございます。


東京で鯨塚があるのはここだけのようです。


音楽に例えるなら、大江戸は"品川浦鯨狂想曲"の真っただ中だったとでも言えるかもしれませんね。



日本人は、樹木には御神木として崇ますよね。

捕獲して鯨を食した後に、品川浦の鯨も神が遣わしたもとして、供養をし、鯨碑(鯨塚)を建てたのでしょうね。

No title

品川に鯨塚とは?
古の時代に・・
鯨が来たからでしょうね!
日本人のやさしさだと書いてありました!
     鯨塚・・
プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。