楽しかった~)^o^( [テッド・ローゼンタール・トリオ]

テッド・ローゼンタール・トリオを聴いてきた。
メンバーは、
テッド・ローゼンタール(p)、植田典子(b)、クインシー・デイヴィス(dr)。

まずは、「ウエストサイド物語」の"Jet Song"(作曲:Leonard Bernstein)!
テーマが演奏されたとき、もう、私はニっコニコっ(*^^)v
まさか、私の大好きなミュージカル「ウエストサイド物語」の"Jet Song"を聴けるとは思いもしなかった。
"Jet"団の軽やかなステップや身体の動きが目に見えるような感じだった。
軽やかさのなかに、それとは矛盾するかのようなある種の緊張感さえ伝わってきた。
できることなら、続けて"Cool"も演奏してほしかった(笑)

次にコールポーターの「キス・ミー・ケイト」からの"So In Love"。
演奏されるスタンダードの定番みたいな曲だが、これもテッド・ローゼンタール・トリオの味付けが大いに楽しめた。

テッドのオリジナル曲が演奏された。
トリオの世界観がよく出ていた曲だったのにタイトルを忘れてしまった。残念(>_<)

ショパンの「ノクターン」Fマイナー。
抒情性のある表情が豊かで美しかった。
屋外で聴いてみたい一曲だ。
ジャック・ルーシェ・トリオの「プレイ・バッハ」に倣って言えば、「プレイ・ショパン」というところだろうか。

ちょっと早いクリスマスだが、"Winter Wonderland"!
この曲だったかなぁ、途中で、ボサノバが隠し味として登場したのは…?
大人も心をうきうきさせられる、0909感たっぷりのクリスマス・ソングだった。
欧米と日本とのクリスマスの捉え方、クリスマスの迎え方の差を感じた。

ファイナルは、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」!
テッド・ローゼンタール・トリオがその思いのすべてをぶち込んだかのような大曲だった。
マイルス・デイヴィスのアルバム『スケッチ・オブ・スペイン』の"アランフエス協奏曲"が私の脳裡を過ぎった。
rhapsodyと言えば、リオのカーニバル。それを連想させるサンバの味付けもされていて、思わず身体を左右に動かしてしまった。

アンコールは「コーラスライン」からの"ONE"。
これも楽しかった。
ミュージカルはこの曲でフィナーレだったなぁ。


「ウエストサイド物語」の"Jet Song"からアンコールのコーラスラインの"ONE"まで、例えて言うなら、ライブというレストランで、メニューに載っているいくつもある曲目をそれぞれのフルコースの料理として楽しめた(#^.^#)

料理のメインディッシュとしての演奏に変化をもたらす変幻自在の小気味よいリズムとテンポ、曲へのアプローチのヴァリエーションと展開。そして、箸代わりのように味付けされていたボサノバやサンバのリズム。

私の知っているどの曲も、一味違ったテイストで楽しく味わえた。

よい時間を過ごせた。


追記:

「ウエストサイド物語」といえば、
オスカー・ピーターソン・トリオのLP「ウエスト・サイド・ストーリー」。
他に、ロングランを続けたミュージカルのジャズアルバムとしては、
MJQのLP「ポギーとベス」。
そして、シェリー・マン&ヒズ・フレンズ~アンドレ・プレビン(p) / リロイ・ビネガー(b) / シェリー・マン(ds)~のLP「マイ・フェア・レディ」。
どれも、よく聴いていた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる