楽しい時間をありがとう\(^o^)/

先日はお忙しい中を楽しいランチと食後のティーの時間をつくっていただきどうもありがとうございます。

元気をたくさん頂くことができました。

そして、"ジャンゴ ラジオ"のページのURLをケータイに送っていただきどうもありがとう。


帰宅後、早速、PCで"ジャンゴ ラジオ"にアクセスしてみました。

様々なコンテンツがありました。

ランチで、"ジャンゴ"ということばを耳にしたとき、私の頭に即座に浮かんだのは、MJQの有名な曲とマカロニウェスタンの映画でした。

私は"ジャンゴ ラジオ"のコンテンツから"jazz"を選んで、さらに、MJQのどんな曲があるのかをチェックしてみました。

私の大好きなセロニアス・モンクの曲『ラウンド・ミッドナイト』をMJQが演奏したものが最初に目に入ったので、まずそれをクリック。


セロニアス・モンク
セロニアス・モンク posted by (C)トロイ

『ラウンド・ミッドナイト』を聴きながら、私は、ラジオのジャズの番組を聴くのを楽しみにしていたころのことをいろいろと思い出しました。


そして、お目当ての『Django』をクリックしたら、なんと、U-tubeのページに飛んだのです。
思いもしなかったかたちで、私はU-tubeの汎用性(?)を感じさせられてしまいました。

帰宅してからも楽しい時間を過ごすことができました。あらためて、先日はどうもありがとうございました。


☆★☆


『Django』を聴いた後、U-tubeにMJQの1981年の日本でのライブの映像があったのでそれを見ました。(LONDONでのライブの映像もあった)

 MJQ LIVE IN JAPAN (1981)

毎日のようにジャズを聴いていたころのことを思い出しながら、約90分のMJQのライブの映像を楽しむことができました。

ドラマーのコニー・ケイ(Connie Kay)のシーンで、彼がいろいろなものを打楽器として使っていたのを思い出しました。
当時、そのことを、邪道でもあるかのように否定的に述べていた人たちもいました。

ライブのラストの曲は『ジャンゴ』。
MJQにとって、『ジャンゴ』というの曲の存在の大きさを改めて感じさせられました。


MJQのLPで私の大好きなものは、

1951年のアルバム。↓


MJQ_01a
MJQ_01a posted by (C)トロイ


そして、『サマータイム』。↓


MJQ_02b
MJQ_02b posted by (C)トロイ


ミュージカル映画が好きだった私は、オスカー・ピーターソン トリオの『ウェスト サイド ストーリー』やシェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』も買いました。


OSCAR PETERSON TRIO_WEST SIDE STORY-01
OSCAR PETERSON TRIO_WEST SIDE STORY-01 posted by (C)トロイ


Shelly Manne_MY FAIR LADY-01
Shelly Manne_MY FAIR LADY-01 posted by (C)トロイ

どちらも、幾度聞いたかことか…(^_-)-☆


そして、『サウンド・オブ・ミュージック』の中の一曲『マイ・フェバリット・シングス』と言えば、ジョン・コルトレーン(^_-)-☆

私がジョン・コルトレーンの演奏を直に聴いたときの心の奥底から湧き上がってきた衝撃!

『マイ・フェヴァリット・シングス』でのコルトレーンのソプラノサックスの美しい情感豊かな調べも素晴らしかったが、その後に演奏された『至上の愛』ではなにか言い知れぬ深い愛の不思議な世界に入り込んだ感じになったのを思い出します。

いま振り返ってみると、ヨーロッパの聖堂でパイプオルガンの調べを聴いたときに私が感じたものと同じような"深遠"な"深淵"の"神苑"ともいうべき世界に私は抱かれていたのだ思います。


John Coltrane_A Love Supreme(1)
John Coltrane_A Love Supreme(1) posted by (C)トロイ


休憩時間なしのコルトレーンとカルテットのメンバーたちの演奏は私が聴きに行ったJAZZのなかでもダントツのものでした。
翌日、私は『至上の愛』のLPを買いに行ったほどです。

蛇足になってしまいますが、ちなみに、ピアノはマッコイ・タイナーではなく、コルトレーンの奥さん(アリス)でした。


その約一年後だったでしょうか、本屋で立ち読みをしていたジャズの雑誌でコルトレーンの死を知って茫然。

コルトレーンの『至上の愛』→『神の園』は彼が"至上の愛に満ちた神の園"への旅立ちの序奏であり、第一楽章であるとともに最終楽章でもあったのだと感じました。


NHKで放送された2015年の東京JAZZの番組の中で、JACK DEJOHNETTE TRIO(ジャック・ディジョーネット・トリオ)のコルトレーンの息子(RAVI)とジミー・ギャリソンの息子(MATHEW)の演奏を見ました。

ジョン・コルトレーンのサックス(たぶん)を息子が吹くのを見ていて、熱いものが込み上げてきました。


レコードプレイヤーはまだあるのですが、5年前に引っ越してから一度も使っていないままになっています。
新しい針がないし、プレイヤー自体がちゃんと機能してくれるのかどうか…。

CDも聴かなくなってしまい、いまはTVで放送されたジャズの映像を見て楽しんでいます。




こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる