『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~新馬場駅界隈(10)_大龍寺~

 大龍寺:碑石(左側)・山門(右側)・本堂(中央左奥)↓

大龍寺_山門-05a
大龍寺_山門-05a posted by (C)トロイ

 臨済宗、曹洞宗に次ぐ禅宗の一つである黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院。

 日本の黄檗宗の開祖は隠元。

 隠元と言えば、バカの一つ覚え的に"いんげん豆"が頭に浮かんできてしまう。

 さらには、お寺⇒精進料理…、などと食い意地が張っている私が余計な顔を出してしまいシマった~。 

 しっかりとした心棒のない、辛抱のきかない、食いしん坊という、節操のない、滅相もないことを頭に浮かべてしまう私。


 本堂。↓

大龍寺_本堂-01b(6)
大龍寺_本堂-01b(6) posted by (C)トロイ

 黄檗宗は明朝風の建築様式と言われているが、トウシロの私にはその様式美について述べるだけの知識がない。

 本堂の雰囲気には大きな寺社が持ち合わせている"これ見よがし"の仰々しさはなく、境内の様子はとても落ち着いている感じがする。


 圓珠稲荷(神道)。↓

大龍寺_圓珠稲荷-02b(1-2)
大龍寺_圓珠稲荷-02b(1-2) posted by (C)トロイ

 寺院の境内に、稲荷神社をはじめとして神を祀る"社"など神道のものがあると、かつての私はあれれ?と思ったものだ。

 それは、日本史で習った明治時代に発令された「神仏分離令」のことが私の脳裡に深く刷り込まれてしまっていたからに他ならない。

 古より、自然現象など説明のつかない事象などを通じての様々な神々への信仰はその土地の土着のものであり、その地にある共同体の安寧と共同体内での良き関係の維持や緊密な結びつきなどを祈願するものだと思う。

 奈良時代以降、神仏関係は次第に緊密化し、平安時代には神前読経、神宮寺が各地に広まった。

 "神仏習合"という信仰のかたちとして、寺院の境内やその隣接地にある神社にいろいろな守護神が今日に至るまで祀られてきている。 


 不休地蔵尊(仏教)。↓

大龍寺_不休地蔵尊-04d(4)
大龍寺_不休地蔵尊-04d(4) posted by (C)トロイ
 
 不休地蔵尊の"不休"という名称はどこからきているのだろうか。

 一日24時間、年がら年中、片時も休むことなく、子供たちと私たち大人を見護ってくれているお地蔵さまなのだろうか。

 
大龍寺-05c(4)
大龍寺-05c(4) posted by (C)トロイ


 
 池の鯉。↓

大龍寺_鯉_Einsamkeit-05b
大龍寺_鯉_Einsamkeit-05b posted by (C)トロイ

 どうしても群れになじめぬ鯉がいる。

 どうしても想い切れない恋がある。


 片戀よ春美しき淡海かな。


  墓地。↓

大龍寺c-04(2)
大龍寺c-04(2) posted by (C)トロイ

 草木も眠る丑三つ時。

 幽霊やお化けの夢の無月かな。


 雪の降る夜は 楽しいペチカ。
 ペチカ燃えろよ だれだか来ます。


 マッチいっぽん 少女の目にはどう映る。

 マッチいっぽん 少女の耳はなにを聴く。


 雪の降る夜の少女のペチカ。

 雪の降る夜は愛しいペチカ。

 哀しいペチカ。

 悲しいペチカ。


 
    *黄檗宗(おうばくしゅう)
    *古(いにしえ)より
    *今日(こんにち)
    *愛(しい(かなしい)



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』


他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

いつもコメントをありがとうございます。

> 本堂のも・・
> 中に大きな怪鳥にも見えたりの・・

そうですね。

本堂から鳥というかコウモリというか、翼を広げてこちらに向かって飛んでくる得体の知れないものの顔が見えますよね。


> 言葉の遊びを楽しませていただきました(^^♪
>      掛詞!

自己満の域を出ない私の言葉あそびを楽しんでいただきとても嬉しいです。

掛詞、大好きなんですよ。

No title

本堂のも・・
中に大きな怪鳥にも見えたりの・・
画像もさることながら・・
今回も・・
言葉の遊びを楽しませていただきました(^^♪
     掛詞!


プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる