島倉千代子の(お"墓"ではない)オブジェ~東京散歩_東海寺大山墓地~

フォト蔵に東海寺大山墓地の写真をアップしようとしたときに、ピンボケ(手ぶれ)の写真が何枚かあった。

時間があったので、それらの写真の撮り直しと過去に撮った写真の確認のために東海寺大山墓地まで出かけた。

写真を撮りながら墓地をひとまわりして井上家の墓の方に行った。
以前、井上勝の墓と井上家の墓などを撮った際に目にはしていたものの、何家のお墓なのかとか誰のお墓なのかなど気にも留めていなかった美しいお墓の前に「島倉千代子」の名が記された手桶が置いてあり、男性がひとりお墓をきれいにしていた。

えっ、まさか!と思って、『すみません。もしかしたら、こちらは、島倉千代子さんのお墓なのですか?』と尋ねたみた。

そのかたは、島倉さんの大ファンで、毎週、お墓をきれいにしにいらしているとのことだった。↓


東海寺大山墓地_島倉千代子墓-01a”こころ”(黒御影石:グランドピアノ)
東海寺大山墓地_島倉千代子墓-01a”こころ”(黒御影石:グランドピアノ) posted by (C)トロイ



島倉さんは、生前に、『これはお墓ではなく、オブジェです』と言っていたそうだ。


中央の黒い大きな御影石はインドからのもので、グランドピアノに見立ててデザインされいるとのことだった。

オブジェの中央には"こころ"の文字。

"歌愛"の二文字の入っている戒名は島倉さん自身がお決めになったそうだ。


ピアノの前は、たくさんの造花の花束と生花が手向けられている。

供花で見えにくくなっているが、グランドピアノの前面の床にあたるところは音符になっていると教えてくれた。

島倉さんのオブジェ全体が"歌"の世界のイメージになっていることがわかってくる。

そのことを男性に伝えると、お墓のところに置いてあったスマホで島倉さんのヒット曲を流してくれた。
彼の選んだ島倉千代子のベスト100曲が入っているとのことだった。


オブジェのいちばん手前の"音符"の左右にある相似の三角柱のような部分は、オブジェを見に来られた人たちに用意されているチェアなのだそうだ。(最初の写真の右側の下の"L"のかたちに見えるところです)

たぶん、島倉さんのステージを見に来てくれる人たちの座席のイメージなのだと思う。

島倉さんが、『さあ、遠慮なさらずにそこにお坐りなって…、私とお話ししましょう♪』と話しかけてくるような感じがする。



東海寺大山墓地_島倉千代子墓-01b_音符
東海寺大山墓地_島倉千代子墓-01b_音符 posted by (C)トロイ


供花の一番手前には、小さな首振り人形が置かれている。

子どものオモチャのような人形がなぜ置かれているのか私にはわからなかなったので訊ねてみた。

"たぶん、水子への手向けなのだと思います"
"お墓の後ろにお名前が書いてありますよ"、と。


東海寺大山墓地_島倉千代子墓-02お墓の裏側a
東海寺大山墓地_島倉千代子墓-02お墓の裏側a posted by (C)トロイ


たしかに、"島倉さんのお名前の横に『島倉 忍』"と彫られていた。

島倉さんにとっては、"忍"は"偲"でもあったのであろう。


お墓の前に戻り、島倉さんについて話をしていると、女性二人と男性ひとりの島倉さんのファンのかたたちがお見えになり、お花を供え、ひとりが如雨露に水をくんできて、手向けられている花に水をあげた。

もうひとりの女性は、私が話をしている男性と顔見知りだった。

ファンは幾度も島倉さんのオブジェを訪れているのがわかる。


小林幸子や坂本冬美もお参りに来たそうだ。

島倉千代子さんのデビューのころからのおつきの女性もいらしたとのこと。
そのかたは、レコード(アルバム?)のジャケット(?)あるいは曲などの解説書(?)にスタッフとして名が載っているとのことでした。


島倉さんがオブジェに遺した『こころ』はファンたちのこころをいまも繋げているのを私は感じた。


島倉さんがなぜオブジェ(墓)の場所としてここを選んだのか。


東海寺大山墓地-06_井上家之墓 & 新幹線(3)
東海寺大山墓地-06_井上家之墓 & 新幹線(3) posted by (C)トロイ

コンサートで日本全国を訪れていた島倉さんにとって鉄道は欠かせないものであり、鉄道に寄せる島倉さんの愛と感謝と数々の思い出の顕れなのかもしれない。


合掌。




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

いつもコメントをいただきどうもありがとうございます。

お墓をきれいに保っている男性の島倉さんへの思いの強さを感じさせられました。


月に一度お墓参りをしている私でも、お墓のお参りがだんだんきつくなってきています。
その男性は毎週ですからスゴイです。

私の家の先祖代々の小さなお墓の20倍もありそうな大きなオブジェ(お墓)とそ周りを丹念にきれいに保っていくのは並大抵のことではないと思います。

男性の話では、まず、濡らして絞った布(雑巾?)でお墓全体をきれいにし、次に、乾いた雑巾で丁寧に拭いていくとか言っていました。

私も知っていますが、夏の墓地は墓石(すごく熱くなっている)からの放射熱でとても暑くなります。

島倉さんのお墓は孤立しているので、いわゆる墓石の立ち並ぶ炎天下の墓地の暑さとは違いますが、男性は汗だくになって、オブジェ(墓)全体の美観を保っていると想われます。

島倉さんのお墓参りに来る人たちのためにも、その男性はこれからもず~つとお墓をきれいに保っていくのでしょうね。


散歩で行ったお寺の墓地に、有名人のお墓があったりします。

大原麗子のお墓もありました。
大久保彦左衛門や一心太助のも…。

カメラを持って寺社巡りをしているひとけっこう多いですよ。

No title

有難うございました(^_-)-☆
知りませんでした!
歌手とファンは亡くなってもつながっているのですね!

各地に有名人のお墓があります~
池上本門寺にも・・
銅像と一緒にあったのも!
お墓巡りも・・
違った意味で・・
      楽しいかも( ^)o(^ )
プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる