夢のかたち~花星人~

『スター・トレック』には出て来なかった花星人こと"ビオラ星人"。


ビオラ星人01
ビオラ星人01 posted by (C)トロイ

ビオラ星人02
ビオラ星人02 posted by (C)トロイ

彼らの存在に始めは戸惑った私だが、いまは彼らとの交流を楽しんでいる。

ビオラ星人の♂と♀の区別は私にもできた。
スリムで機能的な♂、ふくよかで母性的な♀。

しかし、
♂達の個体差そして♀たちの個体差は一卵性双生児よりも識別しにくいものであり、私には、♂と♀それぞれが全くのクローンの♂と♀にしか見えなかった。
クローンとしか言いようがないほど個体差がない♂達。
クローンとしか思いようがないほど酷似している♀たち。

彼らひとりひとりにはしかるべきパートナーがいたが、彼らには"夫婦"という概念は無いようだった。
ところで、
彼らはどのようにして自分たちのパートナーを他の異性たちから判別しているのであろうか。

面白いことに、
彼らひとりひとりに名前はない。彼らの以心伝心には名前は要らないようだ。

一種のフェロモンの微妙な差を感知するのだろうか?
あるいは、
個々のビオラ星人は、見た目は同じでも、それぞれ特別の周波数を持った電波あるいは電磁波のようなものを発していて、その周波数などを感知することによって、それぞれのパートナーを識別しているのであろうか?

いや、もしかしたら、
全くのクロ-ンであるが故に、その場限りのパートナーであり、ペアリングなのかもしれない。
そうであっても、彼らにはなんら不都合もないはずだ。
全くのクローンであれば、嫉妬も異性間のトラブルも起らないだろうから。

さて、
ビオラ星人たちはterraを故郷とする私たちをどう観ているのだろうか。
私たちは、ビオラ星人たちが理解できうる範疇を超えてしまっている存在なのかもしれない。


   霜月のタンゴを踊るヴィオレッタ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

コメントどうもありがとうございます。

パンジーの写真からこんな画像ができました。


画像のような地球外知的生命体の愛の語らいはどんなものなのでしょうね?

私たちと同じなのかなぁ?

私たちとは違うとしたら、どんな愛のかたちがあるのだろうか?

いろいろ想像してみるのも面白いかもしれませんね。

No title

ビオレ星人も♂♀がいて・・
愛を語る時もあるようですね!
うん!
    理解できますね( ^)o(^ )
プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる