うわ~ぉ\(^o^)/ エリック・フルイマンス "ゲートクラッシュ"

エリック・フルイマンス "ゲートクラッシュ" を観てきた。

メンバーは、
エリック・フルイマンス(tp)、 イェルン・ヴァンフリート(fender rhodes:key)、 グリ・グドムンドソン(b)、 ヤスパー・ヴァンフルテン(ds)


エリック・フルイマンスのトランペットの演奏に、私の耳と目は釘付け状態になっってしまった。
吐息のような繊細な心理的な描写からエネルギーの迸る猛烈なピッチでの演奏まで、彼の表現力にあふれたトランペットの魅力を十二分に味わえた。
実によく歌うトランペットだ(^^♪

演奏が始まってから、ミュートをつけていないのに特殊なミュートをつけたような音色や尺八の音を思わすような音色があり、トランペットでこんな音を出せるの!?、と思った。
そして、トランペットの音色にエコーがかかったとき、エフェクターを使っているのだと気がついた。
私の席からはエフェクターが見えなかったので、彼の足の動きに気をつけていたら、やはりペダルを踏む動作をしていた。

イェルン・ヴァンフリートが弾いていた "fender rhodes" も一般的なキーボードとは一味も二味も違う独特の音色だった。
風を思わす音色、女性の寝息を思わす音色などなど、曲の空気感を醸し出す役も担っていた。
エリックのメンバー紹介によると、エリックとイェルンは20数年来の知己だそうだ。二人の息が合っているわけだ。

最初の2曲はCDからの曲だと言っていた。

MCで、エリックがアメリカでのことを話した。
アメリカはすべてが大きい!ビルも大きい、道も広い、デカい…そして、ひと息置いて、「ハンバーグも!」。
と、両手でその大きさを表現し笑いを取る。


セットリストの他の曲名もわからない(>_<)

ヤスパー・ヴァンフルテン(ds)のオリジナル、"opus 2"。

もう一曲、彼の "Thunderbird"。
その演奏を始める前の曲の紹介で、エリックが「Do you know "thunderbird"?」と言った。
それが北米にいるという伝説の鳥(精霊)のことなのかクルマのことなのか、一瞬、判断しかねた私は"Yes!"という声を出せなかった。まるで、青天の霹靂(笑)にでもあったように…。
曲を聴かなくても、ちょっと考えれば、「伝説の鳥」のほうだとわかるのにねぇ(笑)

エリックがMCで、シリア人(あるいはシリア出身またはシリアにいる)の友人のミュージシャンのこと、そしてシリアの現状に心を痛めていた。友人そしてシリアに奉げる曲 としての"Song for Syria"。
平和への祈りに満ちたトランペットの繊細な音色が美しかった。

"When she sleeps".(参考映像は下にリンクを貼りました)
すやすやと眠る彼女への優しい愛の気持ちが伝わってきた。
眠っているときの彼女の安穏な姿と起きているときの彼女の明るい活発な姿が浮かんでくる。
曲の終わりの方で、彼女がうなされているような表現もあった。それも、彼女のことを気遣う主人公の心の表れなのだろう。
演奏から、ヒロインは、情熱的なスパニッシュかラテンアメリカ人という感じがした。

他に、"イマジン(と聞こえたが)・オブ・ワシントン"…など。


ヨーロッパに行っていたとき、私はオランダに興味を抱いた。
どこまで平坦な地形、風車、運河とタンカーの光景なども好きだったが、絵画や建築、ガラス工芸、そして映画、果ては蚤の市の人々の様子や休日用(?)の家庭菜園・花園での過ごし方など、それぞれが個性にあふれていて面白かった。

そのオランダからのジャズ、ジャズのニューストリーム!を体感できた。


注:オランダは個性的なものにあふれているので、「ニュー」とい概念はないのかもしれない。


参考映像 from U-tube

 When she sleeps 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる