花のしずく gem of tears ~非売品(^_-)-☆~

身近にある自然界の色や造形には、素敵なもの、不思議なものがいろいろある。
なんでその色なの!!どうしてその形なの!! 、と。

花のしずく01
花のしずく01 posted by (C)トロイ

日の光の加減とか雨や霧のときなど、花や葉っぱの色にそれまで気がつかなかったハッとするような美しさを見出すときがある。
思わず見入ってしまう姿・形がある。
樹木がそして花や葉が語りかけてくるような…そんな感じがするときがある。

花のしずく02
花のしずく02 posted by (C)トロイ


自然のもつ圧倒的な存在感に、頭のてっ辺からつま先まで、なにか神聖なものに触れたような感じになるときがある。
その一方で、はかないものに心をひきつけられるのは理屈ではない。
なんなんだろう、あの独特の感じは。
人間の心身に生じる七不思議のひとつのようなものかもしれない。

たとえば、花。
私たちの目を楽しませ、心を和ませてくれる花々たちへの思いを私たちが形にするとしたら、どんな風に残せるのか。
絵画・彫刻・ガラス工芸・写真・音楽・詩…。

花のしずく03
花のしずく03 posted by (C)トロイ

このような gem of tears があれば、見る人たちの喜怒哀楽をやさしく包み込んで、それを花や空の色などに変えて語りかけてくれるかもしれない。
しかし、 gem of tears として花の命を残すことができたとしても、もうそこには、移り行くもの、はかないものに私たちがひきつけられたときの【生(ナマ)】の心模様は生じない。再生はできるかもしれないが、オリジナルにはなりえない。
【生】の輝きと鮮やかさは、閉じられた世界ではその意味を失ってしまう。
はかないものに心がひきつけられるあの感覚は、その時空での【live_ライブ】なものでしかありえない。
だから、なおさら心をひきつけらるのかも。


花のいのちは短くて…
gem of tears になりました。

   Where have all the flowers gone?


あ、これらの gem of tears 、 虹の彼方から私が持ち帰りました!


追記:
画像「花のしずく」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる