スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわ~ぉ\(^o^)/ 海野雅威(TADATAKA UNNO)トリオ

海野雅威トリオを聴いてきた。

海野雅威(p)、吉田豊(b)、加納樹麻(dr)。

私の個人的な印象を述べさせてもらうと、現在の日本で上原ひろみのトリオと双璧をなすピアノ・トリオではないだろうか。

海野雅威トリオの創り出すサウンドの世界は、ある時は優しく美しく、またある時はハードにダイナミックに、そしてテンポとリズムの妙を得たバリエーション。それらが、曲の世界のえも言われぬ存在感を生み出していた。

それぞれの曲の世界観がトリオの優れた情景描写力と心理描写力でもって裏打ちされていた。
それが曲の存在感を高めているのだと思う。

ドイツ文化のような構築性。USA文化のような合理性と一見それとは矛盾するかのようなエンタメ性そして自由さ。そして日本文化の持つ抒情性。
それらが、演奏したそれぞれ曲の世界観を際立たせていて、実に見事だった。

海野雅威トリオの演奏を聴きながら、海野雅威、吉田豊そして加納樹麻は云わばジャズのソウル・フレンズなのだろうと想った。
海野雅威トリオの演奏はそれほど素晴らしい一体感に満ちていた。


曲名を覚えられなかった(T_T)

"All The Thing You Are"(だったかな?)の深い思い。
"Crazy Love"と"Trouble"(トラブルはそんなに悪いものでもない)での心理状態の移り変わり。
優しさと美しさが際立っていたのはメドレーで演奏された"In The Blue Moment"、そして自然がもたらす「色」(green?)の心象風景をつづったもう一つの曲。
…など。
アンコールはクルト・ヴァイルの曲だった。


実にいい時間を過ごせた。
ありがとう、海野雅威トリオ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ダンモ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。