Shooting Star X

 この暗い宇宙を、私は大勢の仲間たちとともに旅をしてきた。気の遠くなるような時間をかけて・・・。

 そんな私たちの前に不測の事態が起こった。

 宇宙のいわば移動する河とも言える私たちの流れを阻もうとするかのように、惑星Tが近づいてくる。

 私たちがその進路を塞ぐ邪魔者だと言わんばかりに、惑星Tは私たちに向かって投網を打ってきた。

 投網の大きさと力は想像以上に強かった。
 抗いきれずに、投網に捕らえられた仲間たちが次々に姿を消していく。

 レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、…。

 さまざまな色の光の尾を引きながら、仲間が暗い闇に消えていった。
 彼らの放つ光、それは私たちへの別れの言葉、彼らの声にならない声のように私には思えた。

 惑星Tは投網のその大きさと力を増しながら、私たちにぐんぐん近づいてくる。

 私の身体が小刻みに震えはじめた。惑星Tの投網にかかってしまったのだ。
 この震えが、これから私の身に起こることへの畏れから生じていることを私は否定はしない。しかし、それはまた、投網に対する私の力の限りの抗いでもあったのだ。

 私の身体が大きく震えた。

(ダメだ。時間の問題だ)

 隊列にとどまろうとする私のエネルギーはほとんど尽きてきていたのだ。

 身体の震えがひときわ大きくなった、その瞬間、私はブラックホールに吸い込まれたように、あっと言う間に仲間たちから引き離されてしまった。

 仲間たちがどんどん遠く、小さくなっていく。

 私の身体が気体の衣をまとい始めた。
 その衣は急速に厚みを増し、私の身体が次第に熱くなってくる。なんということだ。私の身体が溶けはじめている。

 溶けてゆく、溶けてゆく、ガスとなって後方に長い光の尾をひきながら・・・。

 惑星Tが眼前に迫ってきた。


流星群-05
流星群-05 posted by (C)トロイ


 惑星Tには、光は弱いが無数の星屑が輝いている。
 高低の差のある星屑の大きな入れ物のようなもの。移動する星屑。色を変えながら点滅する星屑。

(この惑星は生きている!)

 私の身体がますます熱くなり、光の尾はさらに太く、長くなっていく。このままでは惑星Tに衝突してしまう。

 私は創造の神に祈った。
「お願いです。この惑星をお救いください。この惑星の生あるものを救ってください。私は、私の死と引き換えに、取り返しのつかない大きな罪を犯そうとしています」

 私は目を瞑った。宇宙に残っている仲間たちに、そして私よりも先に惑星Tの投網にかかって消えていった仲間たちに、私は無言の別れを告げた。

 私の身体が急速に軽くなってきた。
 私の耳が惑星Tからのかすかな音をキャッチした。

「うわ~っ、きれい!」
「でっけ~ぇ!」
「すご~い!」

 その音をレクイエムのように聞きながら、私は自分の身体がオレンジ色のガスの尾を引きながら、惑星Tの大気中に消滅していくのがわかった。

「よかった~、間に合った。創造の神よ、ありがとう!」
 ……
「惑星Tよ、生あるものたちよ。永遠に……」
                                       



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる