ウソップものがたり~よみがえり~

黄泉路-00
黄泉路-00 posted by (C)トロイ


黄泉がえり

往きはなんとか
帰りは怖い
黄泉醜女(ヨモツシコメ)に襲われる

わたしをおいていかないで
わたしをひとりにさせないで

振り向いてはいけない
後ろを振り返ってはならぬ

己に負けて振り向けば
黄泉に消え去る
最愛のひと

測られる
愛という心の弱さ
愛というかたちの脆さ

よみがえる
愛という海のもくずのよみがえり

二度と還らぬ
最愛のひと




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

トロちゃんさん
いつもコメントをどうもありがとうございます。


子どものころ、「アリとキリギリス」や「北風と太陽」そして「うさぎとかめ」など、イソップ物語の寓話のひとつだと知らずにあちこちで聞かされていましたね。

小学生のころ、「イソップ物語」は、近くにあった市民のセンター(公立ではありません)の子ども図書館で読みました。

トロちゃんさんの仰るように、寓意の解釈(裏読み)によっては、怖いところがありますね・


そうですね。「ウソップものがたりと同じような主題のものに、日本では「鶴の恩返し」がありますね。


「それをしてはダメだ」と言われると、なおさらしてみたくなり、やってしまう…そして、大きな大切なものを失ってしまう。
大人になってからもそうですが、特にこどものころには、よくある話かと思います。

No title

スソップ物語!
本物も、怖い物語でした!
子供が読むの野ではないと?
昔は喜んで読んでいたようにも?
その内容を分解すると、怖いものになるって!

ツルの物語しか思い出しませんが・・
見てはいけないというと、ついつい覗いてしまう心理をついてますね( ^)o(^ )

トロもきっと振り向いてしまう事でしょうね(笑う)

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる