スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~新馬場駅界隈(7)_本光寺~

 新馬場駅。 


目黒川_東海橋-04
目黒川_東海橋-04 posted by (C)トロイ


 第一京浜側の目黒川にかかる東海橋を渡ると本光寺がある。

 東海橋から三重塔が見える。


 本光寺。


本光寺_01寺号標石&山門a(3)
本光寺_01寺号標石&山門a(3) posted by (C)トロイ


 本光寺は顕本法華宗(けんぽんほっけしゅう)系の単立寺院。
 顕本法華宗は、日蓮を宗祖とし、日什を開祖とする、法華宗系の宗派とのことだ。 


 1668年(寛文8年)に妙満寺の江戸触頭となった往時を偲ばせる山門。


本光寺_山門-01c(1)
本光寺_山門-01c(1) posted by (C)トロイ


 山門から本堂までの間に二通りの道があり、まるで、私に禅問答をしかけてくるようだ。


本光寺_本堂-01b(2)
本光寺_本堂-01b(2) posted by (C)トロイ


 問答と言えば、かつて、徳川家光が本光寺を訪れたときに、東海寺・沢庵宗彭の立会いのもとで、本光寺18世・日啓と増上寺・意伝が念仏無間の問答(品川問答)をしたと伝えられている。


 本堂参拝へのこの"V"の字型の途(道)はなにを意味しているのだろうか。

 正式に山門から入り本堂へ。
 参拝後は"V"のところまで戻り、御本尊に一礼してから、御本尊に失礼にあたらないように"V"の右側の道を通って別の門から境内を出る。
 と、いう参拝の手順、いや足順なのであろう。

 逆に、出口としての門から境内に入ったときは、そこから直接に本堂へは行けずに"V"の分岐点のところまで行き、御本尊に参拝して、通った道を戻る…ということになる。
 
 表現が悪いかも知れないが、出口としての門は、民家で言えば、勝手口的な存在にあたるのであろう。
 

本光寺_宝塔-01e (6-3)
本光寺_宝塔-01e (6-3) posted by (C)トロイ


 山門の右側に宝塔がある。
 五輪塔とも紹介されている。

 五輪塔は、古代インドにおいて宇宙の構成要素・元素と考えられた五大(地・水・火・風・空)を象徴する。
  
 下から方形=地輪(ちりん)、円形=水輪(すいりん)、三角形(または笠形、屋根形)=火輪(かりん)、半月形=風輪(ふうりん)、宝珠形または団形=空輪(くうりん)によって構成されている。

 石造の五輪塔では、下から、地輪は方形(六面体)、水輪は球形、火輪は宝形(ほうぎょう)屋根型、風輪は半球形、空輪は宝珠型によって表される。

 五輪はそれぞれ色を持ち、地輪は黄、水輪は白、火輪は赤、風輪は黒、そして空輪は全ての色を含む(「一切色」「種種色」)とされている。

 五輪塔は石造りのものがほとんで、建築物としてのものは少ないようだ。


本光寺_鐘楼-01d(3a)
本光寺_鐘楼-01d(3a) posted by (C)トロイ


 不謹慎なことだと思うが、私は鐘楼に暗喩としてのセクシャルなものを感じてしまう。

 
 三重塔も五重塔と同じように仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築。
 
 本光寺の三重塔は、なぜか、本堂の左の墓域にある。

 ここでも、答えの得られない問答をしかけられてしまった。


本光寺_三重塔・本堂-01c(3)
本光寺_三重塔・本堂-01c(3) posted by (C)トロイ


 右半分を占めている本堂と三重塔が左半分側にある墓域にたいしてなにか行動を起こそうとしている感じだ。

 この三重塔は、ここに在ることによって、墓域からの負のエネルギーをポジティブなものに浄化しているのかもしれない。

 三重塔を建てるのに、ここしか土地がなかったから…などという野暮なことは言わないでくださいね(^_-)-☆



 本光寺を後にすると、本光寺の塀越しに柘榴の実がひとつなっていた。


本光寺_03柘榴-03a
本光寺_03柘榴-03a posted by (C)トロイ

    
    *寄る辺なき旅の終わりの花柘榴

    *柘榴の実色づく死者の思いかな

 


 こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

   
スポンサーサイト

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

~ノスタルジア_あそびごころ~

赤い靴-01b
赤い靴-01b posted by (C)トロイ



    *巴里祭のカンカン娘の赤い靴


    *ははそはのははのかなしみはなみょうが


    *樹蔭にて熟柿じゅくじゅく吸う熟女


    *ちちのみのちちのかなしみはなすすき


    *屋上で日の出を見てる冬カラス



暁烏_from 2015.12.28 (1)
暁烏_from 2015.12.28 (1) posted by (C)トロイ






こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~新馬場駅界隈(6)_奥平家墓域のある清光院~

品川区の新馬場駅界隈にはお寺が多い。


非売品の『うそっぷ迷所窮蹟ガイド』を手に、私は国道側のお寺めぐりに出かけてみた。


 子供の国公園の傍にある東海寺。その川向うにいくつかお寺があるが、そのひとつが奥平家の墓域のある清光院。

清光院-01a山門-02
清光院-01a山門-02 posted by (C)トロイ


 山門をくぐると、優しさに満ちたお地蔵さまが迎えてくれる。

清光院-04e
清光院-04e posted by (C)トロイ

 お地蔵さまは私の心を和ませてくれる。


 七重石塔から山門を眺めてみる。

清光院-03c七重石塔
清光院-03c七重石塔 posted by (C)トロイ

 木の精に見つめられている感じがする。


 こちらは、本堂前の情景。

 万緑と紅葉のハーモニーが美しい。

清光院-05f(1b)
清光院-05f(1b) posted by (C)トロイ


 本堂の横の石巌の庭の眺め。

清光院-06b(2)
清光院-06b(2) posted by (C)トロイ

 その先に、墓地がある。


 奥平家墓域の門。

清光院_奥平家墓域-01c(2)
清光院_奥平家墓域-01c(2) posted by (C)トロイ


 いまはむかしの…

清光院g
清光院g posted by (C)トロイ

 夏紅葉 大名たちの夢の跡。



追記:

 清光院の通りの向かいに小野稲荷大明神があります。

  小野稲荷大明神-03
小野稲荷大明神-03 posted by (C)トロイ



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~東京・新馬場駅界隈(5)_私的動植綵絵(品川神社)

鳳凰_品川神社-01
鳳凰_品川神社-01 posted by (C)トロイ


 品川拍子に誘われ(いざなわれ)、神輿のあとをついて行く。



龍_鳥居-01
龍_鳥居-01 posted by (C)トロイ


 神域をクワ~ッと守護する阿吽の龍。



月明_狛犬(品川神社)-01
月明_狛犬(品川神社)-01 posted by (C)トロイ


 境内は…、
 角のある狛犬たちが眼を凝らす。



 手水舎で坐禅をくんでいる河童。


月明_河童(品川神社_坐禅)-01
月明_河童(品川神社_坐禅)-01 posted by (C)トロイ



 手水舎の亀は長寿のシンボルか。


月明_亀(品川神社)-02
月明_亀(品川神社)-02 posted by (C)トロイ



 閑さや生まれ変わりし蝉の声


夜の蝉_品川神社-01
夜の蝉_品川神社-01 posted by (C)トロイ


 輪廻の"輪"。
 
 "転生"も… とかくこの世はままならぬ。


 一難去ってまた一難。

 苦しきことのみ多かりき。



竹取物語異聞-02b
竹取物語異聞-02b posted by (C)トロイ


 何本切っても生まれてこないかぐや姫。


 戀のしがらみ、慾のしがらみ…この世のしがらみ…。



しがらみ-01_道a
しがらみ-01_道a posted by (C)トロイ


 トンネルを抜ければ、そこは歌の国。



カエルの歌-01b
カエルの歌-01b posted by (C)トロイ


 真夜のカエルの大合唱。

 みんなで歌って…"ぶじかえる"

 歌えばみんな黄泉ガエル。



月明_カエル(品川神社)-01d
月明_カエル(品川神社)-01d posted by (C)トロイ


 月明けのしがらみのなき月日はも。




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~東京・新馬場駅界隈(4)_品川富士

品川神社-品川富士登山-00b
品川神社-品川富士登山-00b posted by (C)トロイ


 日本一の山である富士山。

 都内にも富士山がいくつかある。

 なかでも、東京一と言われているのが品川富士。

 その富士登山道の入口。



 いざ、山頂へ。
 
 勾配のきついところもある。



from 品川神社_品川富士登山道-01
from 品川神社_品川富士登山道-01 posted by (C)トロイ


 見上げると山頂が…。



品川神社-品川富士登山道-05f
品川神社-品川富士登山道-05f posted by (C)トロイ


 山頂への最期の難関…?!


  品川富士は天下の嶮。

  函谷關もものならず。



 頂上からの眺望は…こんな感じだった。



品川神社-品川富士登山道-06f
品川神社-品川富士登山道-06f posted by (C)トロイ


 品川神社鳥居側。↑



品川神社-品川富士登山道-07d
品川神社-品川富士登山道-07d posted by (C)トロイ


 品川神社境内。↑



 その夜に見た夢の情景。



夜景 from 清徳寺(新馬場駅)-01b
夜景 from 清徳寺(新馬場駅)-01b posted by (C)トロイ


 青年よ原野をめざせ。

 
 ぶじカエル まけるな加護はこれにあり。



月明_カエル(品川神社)-01b
月明_カエル(品川神社)-01b posted by (C)トロイ




*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape

お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。


Thanks a lot.





テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~東京・新馬場駅界隈(3)_怪獣たちの夜~

 恐竜の時代にタイムスリップができるという噂のある公園を私も訪れてみた。

 公園の入り口には『Welcome to your Dinosaur land !』と名されたゲートがあった。

 入場に際しての注意書きには、

   恐竜には手を触れないでください。餌を与えないでください。

   公園内での出来事はすべて入園者の自己責任となります。

   当園は一切の責任を負いかねます。
 
 とあった。



かいじゅうたちの夜-09e
かいじゅうたちの夜-09e posted by (C)トロイ

 ゲートをくぐるや否や、私にはあっという間の出来事が起こった。



かいじゅうたちの夜-04bタイムスリップ
かいじゅうたちの夜-04bタイムスリップ posted by (C)トロイ

 時空のタイムスリップ だ ! !



かいじゅうたちの夜-04e(5)
かいじゅうたちの夜-04e(5) posted by (C)トロイ

 行きついた先では、色鮮やかな恐竜たちのオブジェが私を出迎えてくれた。

 親近感に富んだオブジェの恐竜に私は手を触れみた。

 その途端、周囲の光景が一変した。



かいじゅうたちの夜-04a
かいじゅうたちの夜-04a posted by (C)トロイ

 まるで死の世界だ。

 私は、注意書きがあったのにもかかわらず、恐竜のオブジェに触れてしまったことを後悔した。


 恐竜の咆え声が聞こえてくる。

 いや、咆えているというよりは呻き声だ。

 私は声のするほうに歩いて行った。


 一頭の恐竜の姿が見えてきた。



かいじゅうたちの夜-03d
かいじゅうたちの夜-03d posted by (C)トロイ

 恐竜は、身体を動かすことはできても、そこからは動くことができないようだ。

 足首を鎖で繫がれているわけでもないのに、一歩たりとも踏み出せないでいる。

 両方の足裏が超強力な接着剤で地面に貼り付けられてしまっている…そんな感じなのだ。



かいじゅうたちの夜-02a
かいじゅうたちの夜-02a posted by (C)トロイ

 こちらでは、なんとか自由になりたいともがいている怪獣が身をよじりながら悲痛な声をあげている。



かいじゅうたちの夜-01c
かいじゅうたちの夜-01c posted by (C)トロイ

 この恐竜にとっては、私はかっこうの餌なのだろう。
 本能的に、首を伸ばして私に噛みつこうとしてきた。



かいじゅうたちの夜-03f
かいじゅうたちの夜-03f posted by (C)トロイ

 恐竜たちは餌をどうゲットしているのだろうか。

 動物園のように、一定の時間になると餌を与えられているのだろうか。

 まるで黄泉の世界にでもいるかのように想えるこの公園では、恐竜やかいぶつたちの餌は必要ではないのかもしれない。


 それにしても、恐竜たちの呻き声があまりにもリアルだ。

 死のような世界でもなお遺る恐竜たちのハンターとしての本能。
 呻き声は、その本能がココでは満たされていないことへの恐竜たちからの訴えのように私には思える。


 



かいじゅうたちの夜-04e(4)
かいじゅうたちの夜-04e(4) posted by (C)トロイ

 いまここにある情景が歪み始めた。

 直感的に私は感じた。

 タイムスリップ?!



かいじゅうたちの夜-04bタイムスリップb
かいじゅうたちの夜-04bタイムスリップb posted by (C)トロイ


 こんどは、どんなところで、どんなことに遭遇するのだろうか。

 それとも、永遠の沈黙のかなたにあるという世界に私はトランスファーされてしまうのか ? ? ?




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~東京・新馬場駅界隈(2)_東海寺大山墓地~

東海寺大山墓地-04_沢庵墓a(3) 『佇むな。行くな戻るな居座るな。寝るな起きるな知るも知らぬも』
東海寺大山墓地-04_沢庵墓a(3) 『佇むな。行くな戻るな居座るな。寝るな起きるな知るも知らぬも』 posted by (C)トロイ


沢庵と言えば、とっさに頭に浮かぶのは漬物の沢庵。

沢庵漬けは不味いものから、"美味い!"と思わず声に出してしまうものまで千差万別…は、大袈裟か?(笑)

いや、いや、沢庵和尚の考案による漬物として伝えられているから、あながち大"袈裟"とは言い切れない。



東海寺大山墓地-04_沢庵墓e(2)
東海寺大山墓地-04_沢庵墓e(2) posted by (C)トロイ


沢庵を沢庵石で祀る塔。


人生は"漬物"。

"味"のある人。"味"けないこと。


漬物の味は極めて微妙。

個人の味も、また、然り。


世も人も桶と石とのアンサンブル。



東海寺大山墓地-05_賀茂真淵墓a(4)
東海寺大山墓地-05_賀茂真淵墓a(4) posted by (C)トロイ


先人たちの"光"と"陰"のタペストリー。
陽が沈み、また陽が昇る綴れ織り。

神のみぞ知る"神々の黄昏"。



東海寺大山墓地-09_細川家家臣およびその一族の墳墓地a(3)
東海寺大山墓地-09_細川家家臣およびその一族の墳墓地a(3) posted by (C)トロイ


人のみぞ知る人の行く末。

"前世"と"後世"に架かる橋。

人それぞれのモニュメント。



東海寺大山墓地-06_井上勝 墓a(4)
東海寺大山墓地-06_井上勝 墓a(4) posted by (C)トロイ


枯野をかけるユメもなく…。

死に装束は蒼い"孤独"の一重かな。



東海寺大山墓地-06_井上家之墓 & 新幹線(4)
東海寺大山墓地-06_井上家之墓 & 新幹線(4) posted by (C)トロイ


鉄道のダイヤグラム。
国策のモンタージュ。

マイナー路線を歩んだら、行きつく先は…、オー・マイ・ゴッド!



東海寺大山墓地-10b
東海寺大山墓地-10b posted by (C)トロイ


メメントモリ。

"混迷"を優しくつつむ"パープルランド"。

"煩悩"の街の静止した時間。



東海寺大山墓地-10f
東海寺大山墓地-10f posted by (C)トロイ


"生"と"死"の間の時空。

"死"の上に成り立つ"生"。


"終着駅"は"始発駅"。。。




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド~東京・新馬場駅界隈(1)~

東海寺_「東海禅寺」石標(b)
東海寺_「東海禅寺」石標(b) posted by (C)トロイ


    草木も眠る丑三つ刻。
    祇園精舎の鳴らぬ鐘。
    擬音生者の足音よ。



東海寺-02梵鐘b(3)
東海寺-02梵鐘b(3) posted by (C)トロイ


    諸行無常の鐘の音。
    時は金也、黙す玉。
    はたまた、虎になるネズミ。



目黒川-02(a)
目黒川-02(a) posted by (C)トロイ


    パナマ運河には行けず。
    スエズ運河にもなれず。
    『パンセ』の"葦"は枯れしまま。



目黒川沿い_東海寺-01d
目黒川沿い_東海寺-01d posted by (C)トロイ


    山紫水明清少納言。
    紫緋紋綾乃絵空事。
    約束手形空手型。



東海寺隣接のビル-02a(2)
東海寺隣接のビル-02a(2) posted by (C)トロイ


    囲われて昨夜木花咲耶姫。
    日々の哀しみ 座敷牢。

    火中の栗の爆ぜる音。
    生れしものは蟻婆か。

    愛の呪文の開けゴマ。
    Alles Gute と 護摩を焚く。



東海寺隣接のビル-01(d)
東海寺隣接のビル-01(d) posted by (C)トロイ


    昼夜の混在する中也。
    銘銘鳴いてるヤギの歌。
    紙を食べては神頼み。



東海寺大山墓地-03_開山沢庵和尚塔c(4)
東海寺大山墓地-03_開山沢庵和尚塔c(4) posted by (C)トロイ


    知らざぁ言って聞かせやしょう。
    この世あの世は紙一重。
    隣り合わせの極楽地獄。



東海寺-09b(2)
東海寺-09b(2) posted by (C)トロイ


    昼と夜との二重奏。
    神と人との二重唱。
    コーラスラインのオフサイド!



東海寺-01c(3)
東海寺-01c(3) posted by (C)トロイ


    草木も眠る丑三つ刻。
    祇園精舎の鳴らぬ鐘。
    擬音生者の祀りごと。


    草木も眠る丑三つ刻。
    祇園精舎の鐘が鳴る。
    擬音生者の吐息かな。


    擬音生者の夢見かな。



東海寺-07f(2)_laughing
東海寺-07f(2)_laughing posted by (C)トロイ


    夢見の…祇園精舎はも。




      *祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)
      *生者しょうじゃ()

      *黙す玉(もだすぎょく)

      *紫緋紋綾(しひもんりょう)

      *木花咲耶姫(このはなさくやひめ)




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

~夜想曲(ノクターン)~

夜桜_目黒川-01
夜桜_目黒川-01 posted by (C)トロイ


    *出窓にて誰を想うや花月夜


    *雪の夜を彷徨う飢えし魂よ


    *寝つかれず真夜の炬燵のカタツムリ


    *百千の虫生るる夜の柘榴の実


    *首輪され朧月夜の咎人よ



とある月夜-01
とある月夜-01 posted by (C)トロイ



     *彷徨う(さまよう)

     *炬燵(こたつ)

     *生るる(あるる)

     *咎人("とがびと"と読んでください)




こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ

 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

情景~虚実の間(8)~

枯蓮c(3)
枯蓮c(3) posted by (C)トロイ


    *暮れなずむ弁天池の枯蓮よ


    *夜祭の掌で触れてみる大太鼓


    *神殿の篝火 十六夜の海よ


    *天文台のある展望台 冬に入る


    *千躰の水子の霊よ虎落笛



千躰地蔵尊-01
千躰地蔵尊-01 posted by (C)トロイ


     *掌("て"と読んでください)
     *篝火(かがりび)
     *十六夜(iいざよい)
     *水子(すいじ)の霊(たま)
     *虎落笛(もがりぶえ)



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

情景~虚実の間(7)~

悲哀-01
悲哀-01 posted by (C)トロイ


    *アヴェ・マリア 甘く切ない春のチェロ


    *塀越しの紅梅にくる目白かな


    *昼月の姥捨山の赤い百合


    *真夜中の電話器が鳴る避暑地かな


    *焚かれてる白い河原のドラム缶



寂寥-01
寂寥-01 posted by (C)トロイ




こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆フォト蔵のアルバム(並び順の切り替え『更新潤』⇔『名前順』ができます)。↓

   フォト蔵


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。