ヒステリック・ミステリー

渋谷駅界隈_渋谷川-01
渋谷駅界隈_渋谷川-01 posted by (C)トロイ


「久しぶりに元カレに会うの。ちょっと自信ない。いっしょに行ってぇ」
 パスタが甘え気味にウインクをした。
「お前にそう言われちゃ、断るわけにもいかんだろ」
 パスタは顔をくちゃくちゃにして、私に飛びつくとプチューッとキスをした。

 私たちはパスタと元カレとのランデブー・ポイントがある<茶の湯>駅に行った。駅から少し行ったところにあるイタリア風のバールの横で、私たちは元カレが来るのを待っていた。
「いやだぁ、やっぱし。…来てる」
 パスタが指差したほうを見ると、向かい側の道路わきに無造作に止めてあるスポーツカー・タイプの真っ赤なオープンカーの中で、カーステレオから流れる「ラブ・ミー・テンダー」に合わせて、不安定な格好で腰を寄せ合ってチークダンスをしているウィンナーとスパゲティの姿があった。
 彼らの腰の動きに呼応してクルマが上下左右に微妙に揺れていた。
「お前の元カレって、あいつか?」
「そ、ウィンナーときたら、私が見ているのを知っているんだ。くやしーぃ」
「なんだ、お前、あんなスパゲティに妬いているのか」
「スパなんか関係ない。ウィンナーの、あの、これ見よがしのやり方が…」
 パスタは唇を噛みしめた。
「あいつに話があってきたんだろう。そんなこと気にせずに、ヤツのところに行ってこいよ」
 私はパスタの尻を軽くたたいて促した。パスタは2、3歩行ったところで、私のほうに振り向いた。心もとなげな様子のパスタに、私は<そうだ、行け>と目配せをした。

 パスタはチークダンスで腰を振っているウィンナーに後ろから声をかけた。ウィンナーは踊りを止めずに、身体を捻ってパスタのほうを見た。パスタが何か言っているが、私の耳には届いてこない。
 突然、ウィンナーが踊るのを止めた。フロントガラスの窓枠に左手をかけ、ウィンナーがオープンカーからひらりと飛び降りた。
 パスタとウィンナーは言い争っているようだった。私はクルマが通りはしないかと冷や冷やしながら路上の二人を眺めていた。
 ウィンナーがパスタの左手を引っ張りながら私のほうに歩いてきた。
「ちょっいとばかし、こいつを借りるからな」
「おい、君。ちょっと待て」
 パスタが<構わないで、お願い>というように首を横に振った。
 ウィンナーには私の言葉などまったく耳に入らなかったらしい。彼はぶつぶつ言いながら、パスタを引きずるように歩きながらバールの中に入っていった。私はあっけにとられて見ているだけだった。

 10分たっても、ふたりはバールから出てこなかった。オープンカーではスパゲティが手持ちぶたさげにタバコをふかしていた。彼女のトマト色のマニュキュアが鈍く光っていた。
 15分ほどたっただろうか、ウィンナーとパスタが肩を寄せ合い、どう見てもラブラブという感じでバールから出てきた。
 二人は私のところまで来ると、何事もなかったように身体を離した。
 ウィンナーはパスタに振り返りもせずに、さっさとクルマに戻っていった。パスタはパスタで、未練げにウィンナーを見やるということもなかった。
「どうした。心配したぞ」
「なんでもないっ、てばぁ」
「ならいいんだが」
 オープンカーに目をやると、ウィンナーはすでにシートに深く身を沈めていた。
 彼はスパゲティの左頬にキスをしながらエンジンをかけた。タイヤが悲鳴を上げる音を残して、あっという間にクルマは街角から姿を消していった。

「ねぇー、帰ろう」
 パスタがまた甘えた声で私に身を預けてきた。
「ああ」
 私たちはメトロの出入口のあるビルのほうに歩いていった。私は右手をパスタの右肩に置き、やさしく抱き寄せながら耳元にささやいた。
「うまくいったのか?」
「うん」
(やはり、そうか)
 私たちはメトロの駅への暗い階段を下りていった。



PUZZLE-02d
PUZZLE-02d posted by (C)トロイ


 階段の蛍光灯が息切れしているかのように点滅していた。
 階段を下りていくにつれて、心なしか男性の分泌物のような饐えた臭いがしてきた。
「お前、あのバール、ヤツと会うのに使ってたんだろう?」
「ええ、まぁ」
「仕切りの黒いカーテンの奥に階段があってさ、上に部屋が…。あれか?」
「それがどうかしたの」
「ううん、なんでもない」
 私はパスタの肩を引き寄せた。二人の影がシャム双生児のように数段のステップに折れ曲がって映っていた。
 3階はゆうに下ったはずなのに、私たちはいっこうにメトロのフロアに出られなかった。

 さらに下っていくと、階段には、ヒットしている映画の上映開始時間前のように長い行列が出来ていた。並んでいる男も女もみな疲れきった表情をして押し黙っていた。
(券売機に、こんなに?)
 私は列の最後尾に並ぼうとした。
「わたし、スイカーがあるから」
「西瓜?」
 パスタは私から身体を離すと、バッグから取り出した定期券入れを私に見せびらかすようにして、足取りも軽く階段を下って行った。まるで、バイバイとでもいうように。
 私はあわててパスタの後を追った。
 しばらく下っていくと自動改札口とその横にある券売機が目に入った。パスタの姿はすでになかった。



新抽象派試作品-03_謝肉祭
新抽象派試作品-03_謝肉祭 posted by (C)トロイ


 行列は左の券売機にだけ出来ていて、もうひとつの右の券売機には誰も並んでいなかった。券売機に列を作っている人たちは切符を買おうとはしなかった。ただ券売機の前に並んで、無言で何かを待っているという風だった。

 私は不思議に思いながらも、小銭入れからコインを取り出して投入口に入れた。
 タッチパネルに表示された目的地までの料金の箇所に人指し指で触れると画面が初期画面に戻ってしまった。肝心の切符が出てこないばかりか、取り消しの赤いボタンを押しても投入したコインは戻ってこなかった。
(なんだ、これは!)
 私は呼び出しボタンを押した。すると、タッチパネルの画面が変わって、券売機の向こう側にある駅事務室の内部が映った。それはパネルの画面に映像が映し出されているというよりは、ガラス越しに室内が見えているような感じだった。
 ドアでも叩くように、私はパネルの上を右の拳でノックをした。ハンバーグの駅員の一人が怪訝そうな顔をしてこちらを見たが、私には気づかないようだった。今度は強目に画面をノックしてみた。ハンバーグがまたこちらを見て、首をかしげた。
「すみませ~ん!」
 大声を出してノックをすると、ハンバーグが券売機に近づいてきた。パネル越しに覗き込むように首を伸ばして、ハンバーグがこちらをうかがっていた。
「すみませ~ん!切符が出てこないんですがぁ~!」
 音もなく券売機の小さな窓が開いた。
「そんなはずはないんですが…。お客さんがそうおしゃるのなら、調べてみますか。ちょっとお待ちを」
 声の調子とは裏腹に、ハンバーグは面倒くさそうに小窓を閉めた。
 ハンバーグは券売機の裏側の機械部分をドアのように開いた。なにやら探している様子だった。
 これだ、と言わんばかりにハンバーグは小さなガラス製のtube(試験管のようなもの)を取り外した。そして、それを明かりに透かしてみたり、振ったり、鼻をtubeの口に近づけて嗅いだりした。
 ハンバーグは事務室の中央付近まで行くと、tubeを強く数回振ってから内部にあるものを床に振り落とした。リゾットと云うよりはお粥といった感じの白っぽいゲル状のものが床に飛び散った。ハンバーグがそれを靴で掃くようにしていくども伸ばしていくうちに、ゲルがゾルに変化していった。靴底についたゾル状のものはかなり粘り気があるらしく、ハンバーグが靴を床から持ち上げるとガムのようにべたーッと伸びた。彼は納得したような顔をしてこちらを見た。
 靴底を床にこすり付けて粘り気を取り除きながら、ハンバーグが私のところにやってきた。
「故障知らずの券売機がだいなしだ!こんなものを流し込んで」
 ハンバーグは怒りを露わにして、粗挽きの肉の一粒一粒をじゅーっと顔面一杯に膨らました。
「そんな、私は、なにもしていませんよ。切符を買おうとしただけです」
「切符は隣。こっちはコレ専用!」
「専用って、なにがです?」
「なにがって、ゾル化予防ゼリーに決まっているだろ」
「ゾル化予防?ってなんの?」
 私には何がなんだか分からなかった。
「パスタが先に通っただろう。あいつ、あんたに何も言わなかったのか?」ハンバーグはいぶかし気にぶつぶつの顔を私に近づけた。
「???…」
「しょうがないぁ。まったく~。流産予防のゼリーですよ」ハンバーグの怒りの声が急に軟化した。
「流産予防!」 私は素っ頓狂な声を出してしまった。
「何も知らないのですか…。パスタは妊娠しています。彼女が自動改札口を通れたのは、あなたが生まれてくる子の父親であるという認知をしたからですよ。それなのに…」
 私は事態がまったく呑み込めなかった。
「認知だなんて、そんなものした覚えはありませんよ」
「あなた、パスタのランデブーに手を貸したのでは…」
「そんな、ばかな」
「パスタに了解のキスをしませんでしたか。それも認知の証です」
「・・・・・」
 私は絶句してしまった。
「あなたはこの機械に投入すべきものを入れずに、なにか硬いものを入れてしまった。それで、この機械は<生命>のゲルを作り出すことが出来なくなり、故障したわけです」
「故障するとどうなるのですか?」
「あなたも見ていたでしょう。ゾル化です。流産ですよ。その代償としてですね、隣の券売機に並んでいる人たちが<生>を受ける順番を待っているんです…あなたのお子さんとして」
「そんなぁ!」
 隣の券売機の一番前に並んでいるのは、私よりずーっと年上の男性だった。彼は私を見ながら、大きく裂けた狼のような口を開いて、喉の奥からくぐもった声を出した。

「パパ、よろしく」



behind the curtain of the heaven_nice to see you-02 or welcome!
behind the curtain of the heaven_nice to see you-02 or welcome! posted by (C)トロイ




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

575の宙に Let's gonna go \(^o^)/(14)_可不可の門

花と龍-04
花と龍-04 posted by (C)トロイ



    *春雷の柔肌に彫る花と龍


    *柘榴熟れ夜をこぼれる千の虫


    *星降るや歯車唸る奥の森


    *霧込めの煙突太し赤子泣く


    *ランボーとラムあおる夜の曼珠沙華


    *冬かげろう可不可の門を叩いてみる


    *門守が帰してくれぬ苔の花


    *骸骨が月まで飛ばすナナハンよ


    *汽罐車が巨鳥でありし冬景色


    *神殿の篝火に飛べ海豚いるか



夕月_2013.12.15.-02j
夕月_2013.12.15.-02j posted by (C)トロイ



    *神無月地底に孵る赤きもの


    *冷凍庫より取り出だす旭日旗


    *黒き座標を切りとる蟹の赫い爪


    *青蔦の一葉みだれけり炎える


    *菜の花の丘を揺るがす夜の地震(ない)


    *月の出の吊り橋を来る影法師


    *首輪されおぼろ月夜のまどいかな


    *おおくさめ壁に吾が魂貼りつきぬ


    *雪霏々と燐寸の灯すたましいよ


    *あかあかとかなかなに暮れひとりかな



幻想のうろこ雲-04
幻想のうろこ雲-04 posted by (C)トロイ




お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ことばのかたち_ニュアンス

心模様-02
心模様-02 posted by (C)トロイ


    「嫌いではない」
    は
    プラマイゼロの
    カジュアルな言い訳

    一縷の望みにすがらせる
    藁のことば

    「嫌いではない」
    は
    無難な
    別れの儀式


    「嫌いではない」
    は
    越すに越されぬ
    透明なBorder

    中世の都市国家のような
    壁の言葉

    「嫌いではない」
    は
    体のよい
    市民権の剥奪


    「嫌いではない」
    ≠
    「好き」


    「嫌い」と
    言われるほうが
    ずっと
    …
    優しい


    恋に溺れゆくもの
    は
    冷たい湖(うみ)
    沈んで行く


    実ることなき愛
    が    
    奥津城の光(かげ)
    ゆらいでいる



夕月-01b
夕月-01b posted by (C)トロイ



こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙~筆致輩句(29)~似非鳥獣戯画~

カラス_triangular
カラス_triangular posted by (C)トロイ


    *頭の中でカラス三羽が鳴く暑し


    *舟虫や落人の身の逃げ足よ


    *鯉や戀 人には人の万愚節



鯉や戀-01
鯉や戀-01 posted by (C)トロイ


    *独り身の小夜啼鳥の辛さかな


    *袖の下強いる官吏よ守宮鳴く


    *水鶏鳴く避暑地の夜のデスマスク



デスマスク-02
デスマスク-02 posted by (C)トロイ



お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙~筆致輩句(28)~らぶ・しっく・ぶるーす~

夕月_2013.12.15.-02b
夕月_2013.12.15.-02b posted by (C)トロイ



    夕月のさみしき夢の宙がえり


    熟柿吸う崩れしままの蔵の壁


    赤い尖った耳鳴りピアノの下のGeorge


    孔雀鳴き影絵の蓮の咲き初むる 


    藁塚いくつ男に遠き塒かな
 
     *藁塚(にほ) 塒(ねぐら)



睡蓮_2015.06.20.-02d
睡蓮_2015.06.20.-02d posted by (C)トロイ



お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙~筆致輩句(27)~Rendezvous~

Rendezvous-01
Rendezvous-01 posted by (C)トロイ


    水の辺の触れ合う蝶の舞踏会


    春の月肩寄せ合えば滲んでくる


    おぼろ夜のふたりの影がかさなりぬ


    山深し君よ何処に花吹雪


    夕焼けの橋を戻りしふたりかな



calling-04d
calling-04d posted by (C)トロイ




お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙~筆致輩句(26)~薔薇物語_Le Roman de la Rose~

薔薇の言葉d-04
薔薇の言葉d-04 posted by (C)トロイ



    星空のミューズの眠る薔薇の園


    波羅葦僧よノートルダムの薔薇窓よ


    基督の掌に朽ちてゆく青い薔薇


    薔薇園の騎馬像 銀糸の日照り雨


    薔薇の雨 銃身光る青い部屋



薔薇の言葉f_チャールストン-01
薔薇の言葉f_チャールストン-01 posted by (C)トロイ




お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

エンジェル

happiness_I wish you every happiness.-01
happiness_I wish you every happiness.-01 posted by (C)トロイ



なんと やさしい まなざしで
キミは
見つめてくれるの ボクを  

なんと かわゆい ほほえみで
キミは
応えてくれるの ボクに


ボクを なぜ
見つめてくれるの キミは

ボクの なにを
見つめているの キミは


ひらかれてくる ボクのこころが
みたされてくる ちいさな幸せに 


わかれるとき キミに
みぎてで バイバイをした ボク

つぼみのような かわいい ひだりてを
そおっと ボクににぎらせてくれた
キミのママ 

キミを いだく
ママのように
やさしい ひとに なれるよ キミも

どうもありがとう キミ
どうもありがとう キミのママ

バイバイ バイバイ
幸せに! 


地下鉄を降りる
ボク
地上への階段を上る


ボクのみぎてに
真綿のようにソフトな
ちいさな ひだりての 感触
キミは
エンジェル!

ボクのこころの
まよい おもさを やさしく
みつめて ほほえんでくれた
キミは
エンジェル!


階段を上っ行く
ボク
こころに つばさを もらって



eternal time
eternal time posted by (C)トロイ



こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

LOVE_SONGs~from ELVIS~

桜と飛行船-02
桜と飛行船-02 posted by (C)トロイ


    Believe !
    本命はお前だ 吉野の花祭り

    Angel !
    恋にしびれて 卵を探す復活祭



カタルシス-01
カタルシス-01 posted by (C)トロイ

    Trouble !
    赤信号 好きにならずにいられない

    Don't !
    冬瓜の 心の届かぬラブレター

    Paralyzed !
    媚薬・毒薬 破れたハートを売り物に



心模様-01
心模様-01 posted by (C)トロイ

    恋の大穴 Rock-a-hula Baby

    Love Me Tender Good Luck Charm




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 恋愛詩
ジャンル : 小説・文学

575の宙~筆致輩句(25)~愛のかたち_アラカルト~

愛の夢_コアラ
愛の夢_コアラ posted by (C)トロイ


    アントレよ
    青い林檎のメモワール


    愛しさを水面に映し布袋草

    
    鷺草の奥へ奥へと夜の河


    遠き世の近くにありて桃の花


    立ち枯れし湖よ<愛>愁の靄々


    火食鳥追い
    暗闇の主となる


夢のかたち_in the dark-01
夢のかたち_in the dark-01 posted by (C)トロイ



お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙~筆致輩句(24)~旅愁_其之壱~

砂漠_雨上がり
砂漠_雨上がり posted by (C)トロイ


    *メッカへの途ははるかにつばくらめ


    *またの世へ風紋ながれゆく炎天


    *霧ごめのモンマルトルの灯りかな


    *白皿にパセリ遺りしかつて巴里燃ゆ


    *炎天を来て教会の聖壁画


    *尼僧の裾よ修道院の黄水仙


    *胸像のショパン優しき薔薇の雨


    *秋の暮ゴッホの耳が落ちていた


    *白昼の樹に鈴なりの大蝙蝠


    *仏塔を守り群れ飛ぶ赤蜻蛉



雲海の果て-01
雲海の果て-01 posted by (C)トロイ



お願い♪

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

a certain religion_twisted fate

夢のかたち_本能-02a
夢のかたち_本能-02a posted by (C)トロイ


     飾らずにチューハイ
     ちょっとオシャレにワイン
     心をくすぐる シャンペン
     …酒と薔薇との相関関係

     恋…偶像 教祖…鍵束
     愛…信仰 信者…鍵穴

     繰り返される
     <愛>の布教

     ふりかけられる
     鍵の<聖>水

     儀式の度に
     深く濃くなる
     鍵穴の<聖>痕


     ポピュラーなピストル
     力強いバズーカ砲
     止めの重火器ミサイル
     …躰と心の相撲の番付

     恋…月蝕 教祖…恒星
     愛…日蝕 信者…衛星

     繰り返される
     <愛>の唱和

     躰で受け取る
     鍵の<聖>餐

     儀式の度に
     明るさを増す
     恒星の<聖>力



     (覚束なきは)<愛>の道
     
     (渇きをもたらす)<聖>の水

     (治らぬままの)<鍵>の痕
      
     (もろくも崩れる)<夢>の塔
  


     躰と心のぶつかり稽古?!
     ポピュラーなピストル
     力強いバズーカ砲
     止めの重火器ミサイル


     酒と薔薇とのものがたり!?
     飾らずにチューハイ
     ちょっとオシャレにワイン
     心をくすぐる シャンペン



夢のかたち_本能-01
夢のかたち_本能-01 posted by (C)トロイ



こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ある恋のものがたり

カラスにはそれぞれ自分が決めている止まる場所というものがあるようだ。

その場所に顔を見せるカラスが同じカラスなのかあるいは違うカラスなのかはわからないが、まるでその場所がそれぞれのカラスの定位置でもあるかのように、だいたい同じ箇所にカラスたちやってくる。

ほとんど場合は一羽なのだが、2羽のときもある。さらに3羽のことも。
その位置関係つまりdistannceが微妙で興味深い。

異性のカラスに自分の存在を知らしめるために鳴いていることもあるが、ほとんどの場合は鳴きもせずにじっと留まっている。
ときどき、向きを変えたり、定位置のそばに場所を移すこともある。でも、基本的には定位置内に留まっていると言える。

特に雨の日にじっと止まっているカラスには、何故になどと考えさせられてしまう。



その朝は、よく目にするカラスたちのそれぞれの様子をまるでひとつのドラマのように見ることができた。

雨上がりのアパートの屋上の洗濯物干し場。


カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-01
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-01 posted by (C)トロイ

睦まじげに見える二羽のカラス。

ペア?あるいは告り中?
それとも、友達以上恋人未満?
いやいや、まだ友人にもなれていない二羽なのかな?
そもそも、カラスの世界には友人という関係はあるのだろうか?
私にはないように思える。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-02
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-02 posted by (C)トロイ

告りは失敗?
お互いにそっぽを向いている二羽に第三者のカラスの影。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-03
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-03 posted by (C)トロイ

未練気にメスを見つめるオスの表情。

いつも目にする2羽のカラスの微妙なこのdistance。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-04
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-04 posted by (C)トロイ

一羽が飛び去り、当てが外れたオス?のカラス。この状況には慣れっこなのだ?



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-05
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-05 posted by (C)トロイ

下にいるカラス(愛三者)に目をやる上のカラス。
素知らぬ振りの下にいるカラス。
下の手すりに止まっている第三者のカラスはメス?オス?
もし、どちらかの一羽がメスならば、オスはなんらかの行動を起こすはず。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-06
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-06 posted by (C)トロイ

飛び去った一羽が戻ってきたのか、あるいは他のメスの登場か。
オスがしきりに告っている。
始めは耳を傾けていたメスが…
オスの告りに無関心を装い羽繕いを始める。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-07
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-07 posted by (C)トロイ

メスにそっぽを向かれ羽繕いをされたことにもめげずに告りつづけるオス。
オスに"Non!"と言いた気なメス。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-08
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-08 posted by (C)トロイ

関心のなさを示すメスに告りつづけるオス。
第三者は見ざる、聴かざる、素知らぬふり。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-09
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-09 posted by (C)トロイ

オスのしつこさに嫌気がさしてか飛び立つメス。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-10
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-10 posted by (C)トロイ

3分後に見てみると、メスが戻っていた。
あるいは飛び去ったメスとは違うメスなのだろうか。私にはわからない(>_<)
同じメスなら、一度飛び去ったのはオスに気を持たせるための単なるポーズだったのか。

相変わらず、三猿を決め込んでいる第三者。

お互いにそっぽを向いて、まるで三羽によるの恋の冷戦状態。
このままでは、恋の鞘当ては起こらない?



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-11
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-11 posted by (C)トロイ

おっ、状況進展?! オスの愛咬。
オスがメスの左側に位置を変えている・




カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-12
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-12 posted by (C)トロイ

愛咬は性急だったか。再びメスに去られて傷心のオス。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-13
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-13 posted by (C)トロイ

梅雨空の明日は我が身のdistance。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-14_終始stand-alone
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-14_終始stand-alone posted by (C)トロイ

振られてしまった上の手すりのオスも飛び去って、なにを思うかこのカラス。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-15
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-15 posted by (C)トロイ

てっぺんが好きな第四者のカラスがやってきた。
お互いに感じてはいても、あまりに大きなdistance。
距離を縮めぬ第三者と第四者。
てっぺん好きもオスなのかも。



カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-16
カラス(恋の行くへ)_2015.07.02.-16 posted by (C)トロイ

気がついたら、このカラスだけになっていた。

目立つところに留まっていても、残念、今日も待ちぼうけ?!



20分間のカラスの恋のものがたり。


      ーー 



お願い:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる