Darwinism or ?

spiritual domain(A)-04b「a dead end」
spiritual domain(A)-04b「a dead end」 posted by (C)トロイ

 
     魚の…わたし
     が
     溺れる
       
     水槽の
     中で
     ではなく 性の間で
          (サガ)

     鳥の…わたし
     は
     忘れる

     鳥籠で
     歌を
     ではなく 愛の飛翔を
            (ツバサ)

     葦の…わたし
     も
     夢見る

     足元の     
     土に 
     ではなく 上の空に


Libido-02
Libido-02 posted by (C)トロイ


     わたしの
     わたしによる
     わたしのための

     Darwinism.
     Or ?     



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

懐かしい風景~住宅街の素敵な駄菓子屋さん~

12月28日は目黒不動尊の「納めの不動尊縁日」。


目黒不動尊界隈_道すがら-01
目黒不動尊界隈_道すがら-01 posted by (C)トロイ

目黒不動尊界隈_道すがら-02
目黒不動尊界隈_道すがら-02 posted by (C)トロイ


お不動さまにお参りをした後、不動尊の界隈の住宅街を歩いていたら、駄菓子屋さんがあった!

目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-01
目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-01 posted by (C)トロイ

この道は、以前、通ったことがあるのに、まったく気がつかずに通り過ぎてしまっていた。
お店のガラス戸が閉まっていたからなのだと思う。

懐かしさにお店の中をガラス越しに見ていると、お店の横の玄関が開いて、シニア世代の奥さんが出てきた。
奥さんが、お店のガラス戸を開けたので、挨拶をして、お店の写真を撮らしていただいてもよろしいでしょうか、と尋ねてみた。
どうぞ、中にお入りになって…と奥さんがお店のガラス戸を広く開いてくださった。
お言葉に甘えて、お店に入り、写真を撮らせていただいた。

目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-02
目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-02 posted by (C)トロイ

お店に置かれているお菓子やブロマイドやオモチャやその他、私が駄菓子屋さんにお菓子を買いに行っていた頃のものとは違っているが、私の子供のころを思い出して懐かしかった。

目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-03
目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-03 posted by (C)トロイ

値段は「えん」表示。
「10えん」「20えん」でもお菓子が買える!いまの時代を考えるととても信じられない。
消費税が8パーセントになってもお菓子の値段は据え置きにしてあるとのことでした。


目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-04
目黒不動尊界隈_駄菓子屋さん-04 posted by (C)トロイ


むかしは、お不動さまの界隈に7軒(だったかな)あったそうですが、いまは、この奥さんのお店だけになってしまったようです。

「私がTV番組の担当者だったら、お店を番組で紹介したくなりますね」
と言ったら、TVで紹介されたことがあるとのことでした。

この道を通る前に不動公園を通ったが、遊んでいる子どもたちの姿をほとんど見かけなかった。
少子化の進んでいることに加えて、子どもたちの遊びかたが違ってきていることや遊ぶための生活圏が狭くなっているので、この駄菓子屋さんにお菓子を買いにくる子供は少ないと思う。
それでも、お店を開いているのは、この奥さんの子どもたちに寄せる優しさの表れのように思える。

奥さん、どうもありがとうございました。
人生、お金ばっかりじゃないですよね。


思いがけないものや稀少なものとの出会い。
ぶらぶら歩きの面白さや楽しさを今日も味わえた(^^♪



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

575の宙~筆致輩句(1) ~7 days

gleaming
gleaming posted by (C)トロイ


     日曜日: 日の暈や君への想い誰ぞ知る


     月曜日: 月満ちて夢の翔び立つ浪間かな


     火曜日: 爆ぜる焚火 渓流をルアー飛ぶ


     水曜日: 草木瓜の破水のごとき恋もある


     木曜日: 酌み交わす言の葉に舞う桜さくら  


     金曜日: マスクをし贋金つくりの筋を追う


     土曜日: 語らざる土偶 氷雨の挽歌かな



追記:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

distance~雨のクリスマス~

     互いの
     時間の意味と意識の流れが違う
     プライオリティの置き方が違う
     その
     温度差を感じながら…
     の

     錆止め
     虚しい 錆止め


     花
     枯れるために 受粉する

     鳥
     落ちるために 飛翔する

     風
     哀しむために 通過する

     月
     熄えるために 変容する


     儚い 錆止め
     錆止め


     互いの
     愛の感じかたと示しかたが違う
     求めるものと応えるものがすれ違う
     その
     寂寥感を埋められぬまま…

     
     異国の 
     雨の…
     クリスマス


雨のクリスマス-01
雨のクリスマス-01 posted by (C)トロイ



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

届いたかなぁ。。。

外国に送るクリスマスのグリーティング・カードを買うのを忘れてしまい、あわてて送ったのが10日ほど前になってしまった。

こうやってカードが届くと、やはりメールとは違った嬉しさがある。

クリスマス・グリーティング・カード-01
クリスマス・グリーティング・カード-01 posted by (C)トロイ


私のカードが今日までに届いてくれることを祈っているが、たぶん、キリスト教圏の国の郵便局はクリスマスは業務を行っていないのではないかと思う(ー_ー)!!


年賀状もまだ出していない。

TVCM(?)では、今日までにお出しくださいなどと言っているなぁ。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

魔の山_愛のかたち~cairn~

凍滝
凍滝 posted by (C)トロイ

     精神の凍てついた
     男は
     氷壁に阻まれて
     愛のハーケンを打ち込めず
     心は宙吊りのまま死に至る
     喪心という名の連山の夜



樹海_夜の帳
樹海_夜の帳 posted by (C)トロイ

     肉体の炎え上がった
     女は
     吹雪に閉ざされて
     愛の洞穴を抜けられず
     心は満たされぬまま死に至る
     官能という名の樹海の闇


     初夏
     アルピニストは発見する

     岩壁に
     洞穴に
     …
     亡骸 ふたつ

     <現実>
     という名の石で積み上げられた 愛のかたちのケルン
 
    
     影のハンターが
     山を下っていく
     獲物の<愛>の<衣>を手に

     …




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

575の宙に Let's gonna go \(^o^)/ (13)_&c.

春の夢-02
春の夢-02 posted by (C)トロイ


   &c.


     *砂山の蠢けば生る春の月


     *花あやめガラス細工の愛もある


     *薔薇赤しまた黒しとも水火薬

  
     *原罪の知らぬ花野に目を覚ます


     *熱帯魚身の寂しさを如何にせむ


     *麦秋やゴッホの耳が疼いている


     *桃色の河馬に噛まれし春の夢


     *萱そよぐ中州に消えしふたりかな


     *赤蟻を蛇口の縁に歩ましむ


     *肉感という揺り椅子に揺れている


     *掌に青きさくらの光るしずけさよ


     *飛騨深し幽かに濡れる通草の実              
        
           デルタ
     *満潮の暗き三角州のおぼろかな


     *羊水の薄墨で描く合歓の花


     *寒月光針葉樹林は眠れない


     *バナナ咲き夜はさみしき色もてり


     *蛸壺の蛸の夢見る銀河かな


     *青春よ薔薇は切口より炎える


     *添い寝する闇に白かりあやめ草


     *月の野に躍る縁の恋人よ



合歓の夢
合歓の夢 posted by (C)トロイ



追記:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

M.D.S.~A SOLITARY RECIPE~

マルキ・ド・サド-04
マルキ・ド・サド-04 posted by (C)トロイ


   精神を追いやる 肉体
   の本質を解き放つ
   丸木

   肉体を痛めつける 精神
   の屈折を埋葬する
   土

   <性>のSAGAとなる 劇薬
   の処方を明らかにする
   佐渡


マルキ・ド・サド-02
マルキ・ド・サド-02 posted by (C)トロイ


   鴇の飛翔が精神の塒を探している




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

空蝉_nonentity

ある昼の情景-01
ある昼の情景-01 posted by (C)トロイ


   キミに買った もの
   行き場を失って
   いま
   だれのもの でもない

   キミを愛した ボク
   居所を見失って
   もう
   ボクはボク ではない

   宙づりの もの
   と
   抜け殻の ボク
   が
   部屋の埃に 晒されている



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

来年につながる元気をありがとう\(^o^)/

昨日は、氷雨で手は悴むし、足の指先の感覚が鈍くなってくるしで散々の一日だった。

今朝は、目を覚ましたら快晴。
お寺の銀杏の横から陽が昇ってくるのを待って、ベランダからの写真を撮った。

外気は冷たかったが、快晴の朝の情景は心を元気にしてくれる。


日の出_2014.12.17.-01a
日の出_2014.12.17.-01a posted by (C)トロイ


待ち合わせをしていたレストランのランチも美味しく、話も弾んで楽しい時間を過ごせた。
私のことばかり話をしてしまったが(>_<)、そんな私の話を聞いてもらえて来年につながる元気をたくさんいただいた。

今年もいろいろとどうもありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたしますね。


I wish a merry Christmas and a Happy New Year!


テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Here on Earth with You

   ひらいたとき
   かわった
   うけいれたとき
   うまれた

   いらないものを すて
   みがるに なった

   いるものは ただひとつ
   きみは ぼくが
   ぼくは きみが

   歩んで行こう
   ふたりの せかい
   
   どこまでも 高く
   かぎりなく 深く

   やさしき 愛の
   ほほえみの せかい


龍光寺-「愛の道」
龍光寺-「愛の道」 posted by (C)トロイ




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

形状記憶

 最近物忘れがひどくなった。

「おーい、昨日の<オレ>、どこにあるか知らんかぁ?」
 <俺>はベッドから大声で妻に尋ねた。

 昨日の<オレ>なしには今日の私などありはしない。

「どこかそこら辺にぶら下がっているんじゃない。いま、手がふさがっているの。自分で探して…」
 妻は面倒くさそうに返事をした。

 ソウルの<俺>はボディの<オレ>が必要なのだ。<俺>と<オレ>が一体になってはじめて私になれるのだ。
ソウルの<俺>はベッドから起き上がった。正確に言えば、浮き上がった。

 部屋のフックやハンガーに<オレ>は架かっていなかった。洋服ダンスの中を探してみたが<オレ>は見つからなかった。
 もしやと思って、<俺>は押入れをのぞいてみた。
 <オレ>はだらしのない格好で押入れの下段にに放り込まれていた。
 押入れの狭い空間の中で、ソウルの<俺>は身をよじらせ、形をくねらせながら、やっとの思いでボディの<オレ>に潜り込んだ。

「うわっ、いけねぇー!」
 猛烈な酔いが一挙に私を襲ってきた。

 昨夜、<俺>は泥酔状態のまま<オレ>を脱ぎ捨て、押入れに投げ込んでしまっていたのだ。
 ご丁寧なことに、今日の<オレ>は昨夜の<オレ>の泥酔状態を完璧なまでに再現してくれた。
(なんてこった)
 やっとの思いで押入れから這い出した私は、泥酔状態のままその場で眠りこけてしまった。

「あなた。あなたったらぁ」
 耳元で妻の声がした。目を開けると、妻が「しょうがない人ねぇ」と言わんばかりに私の顔をのぞき込んでいた。
「すまん」
 私は型どおりの言葉を吐いた。
「すまない、すまいないって、いつもそれなんだからぁ」
「だから、すまないって言っているだろう」

 私が私であるために、ソウルの<俺>と形状記憶型のボディである<オレ>なしには生きられなくなってからというもの、まったく碌なことがない。
 <俺>が<オレ>を身に着けると、前日の私の精神的状態と身体的状態が否応なしに復元されてしまうからだ。
 良い状態を復元してくれるのならまだしも、まるで<オレ>が<俺に>恨みでもあるかのように、<オレ>を脱ぎ捨てるときの<俺>の最悪な状態を私に呼び戻すのがほとんどだった。

 妻の瞳に腑抜けた私の顔が映っている。
(私が虎状態ですんでいる間ならまだ救われる。だが、ある日、<オレ>がジキル博士とハイド氏のように解離性同一性障害になってしまったり、切り裂きジャックのようになってしまったら…)

霧の街
霧の街 posted by (C)トロイ

 自分自身への言い知れぬ不安と恐怖が私を襲ってきた。




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

575の宙に Let's gonna go \(^o^)/ (12)_the glimpses of the moon

  the glimpses of the moon


    *夢を見る肢体は白し通草の実


    *鈴の鳴る木よ水の辺の秋の暮


    *香り立つ赤い実を割る十三夜


    *雪女郎汝が魂の主は闇

 
    *花蒼く人冥かりき夜の河


    *魂の影よ浜辺の青い月


    *I love you. 線香花火を見つめ合う


    *抱きあい枝垂桜の夜とならむ


    *浜木綿の月がかかれば朱を帯びぬ


    *夢殿に薫りて白きさるすべり


白さるすべり-01c
白さるすべり-01c posted by (C)トロイ


    *青栗の闇に老婆の目が光る


    *月蝕の翳を灯して花石榴


    *銀漢の尾や深海の鐘が鳴る


    *鍵盤の月光 メフィストのワルツ


    *胎内の吾子よ盆地の春の月


    *虎尾草の白さよ夜の河口はも


    *夜会果て闇に溶け込むモルフォ蝶


    *月暈の厨に赤い蟹を飼う


    *春宵の鈴の愛しき花屋敷


    *わが愛の夜は白葛の露となる




追記:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

夢のかたち~淨らかな夜~

 空も街も暗かった。

 地下鉄の終電車に乗り遅れてしまった私は深夜バスのバス停まで歩いていた。
 古いレンガ造りの建物の間を寒風が吹き抜けていく。捨てられていた新聞紙が立ち上がり、踊るようにして街路から舞い上がっていった。

 人通りの途絶えた大都市の真っ暗な空から白いものが舞い降りてきた。

 私はジャケットの襟を立て、両手をジーンズのポケットにしまい込み、肩をすぼめて歩いた。私の一歩一歩に、ひとりなんだという実感が靴底から伝わってきた。
 私は口笛を吹いた。口笛はかすれて、思うような音にならなかった。その音は震撼としたレンガ造りの建物の景観と妙にマッチしていた。

 バス停の見える道に出た。
 人影はなかった。この時間ならいつもはバスを待っている人が2、3人はいるのに、今夜に限ってひとりも見当たらない。タクシーも通らなかった。
 なにか変だと思いながら私はバスが来るのを待った。

 道路が白くなり始めても、バスの来る気配はいっこうになかった。相変わらず人影もなく、バスもこないし、タクシーも通らない。
 終電車を逃したことが今更ながら悔やまれた。

 このままではどうしようもない。立っていると、足元から身体が冷えてくるだけだ。
 私はフラットまで、バスの運行経路をたどって帰ることにした。
 途中で深夜バスに乗れればめっけものだ。

 テンプ河沿いの道を私は歩き始めた。川上にある最初の橋に向かって…。

 河は静かに深く眠っていた。雪がその眠りを包み込むようにして水面に舞い降りては消えていった。
 対岸の街並みが雪のベールを通してぼんやりと見える。その光景は古いモノクロームの映画のワン・シーンように憂愁を帯びていた。

 テンプ河に架かるツヴィッシェン橋のところまで来た。
 橋は白く粧われていて、クルマのタイヤの跡も靴跡もなかった。その橋を渡りながら、私は見知らぬ処女地に足を踏み入れていくような感じがした。

 長い橋の中ほどで川下を見ると、高い時計台とそれに連なる議事堂や大寺院がぼ~っと翳んでいた。

幻想都市-02
幻想都市-02 posted by (C)トロイ

 雪景色の中で影絵のように鎮静している歴史的建造物が実際の距離よりもずっと遠くにあるように私には思えた。

 私は対岸に向かってまた歩き始めた。だが、いくら歩いていっても対岸に行き着けなかった。
 そんなバカなと思いながら、私は橋を戻ってみた。

 雪はそんなに激しく降っているとは思えないのに、すでに私の靴跡が消えている。
 橋を戻っていっても、私は河岸に辿り着けなかった。私は橋の上を行き来してみた。しかし結果は同じだった。

 (いったい、なんでこんなことに???)
 雪の中で気持ちばかりが焦ってくる。

 どういうわけなのか、歩くそばから私の靴跡は消えていく。橋の上をどこまで行っても雪に粧われたている橋を渡りきることができない。

 雪のツヴィッシェン橋の上で私は茫然と佇んでしまった。

 私は欄干からテンプ河の暗い川面を見つめた。舞い落ちていく雪が私に呼びかけてくる。

    「心地いいわよ。あなたも、こちらにいらっしゃい」

 川下から「Silent night」のコーラスが聴こえてくる。

 やがて、私の視界が滲むようにしてゆっくりと崩れていった。

 …意識の奥底で、夜明けを告げる大寺院の鐘の音が鳴り響いている。


幻想都市-01
幻想都市-01 posted by (C)トロイ



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

dark entity

  真夜中

  記憶の底に沈めた
  黒い電話機のベルが
  冷たく張りつめた部屋の空気を
  鋭くビブラ-トさせながら鳴っている

  ぼくは
  受話器を取るのを恐れている

  受話器の向こうで
  ぼくの声をした男が
  ぼくの番だと告げるだろう

  ぼくは
  虫ピンで止められた標本のように
  黒い革表紙の猟人日記の1節を
  ぼくのからだで飾るのだ

Black Entity
Black Entity posted by (C)トロイ

  ぼくは
  受話器を取るのを恐れている
  ぼくが
  受話器を取らないときは、…と恐れている
  
  不吉なことに巻き込まれるのをぼくは恐れている


  ぼくは
  受話器を取れずにいる

  ぼくは
  受話器を取らずにいる

  黒い電話機のベルが
  重く沈んだぼくの心を
  チョーキングさせながら鳴っている



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛のスティグマータ(stigmata)

   愛とは?
   …じっと掌を見る

   右掌 得たものの質量
   左掌 失ったものの重量 

   あるいは その逆

 
掌_聖痕(stigmata)
掌_聖痕(stigmata) posted by (C)トロイ


   自愛
   両掌 の
   釘痕

   他愛
   身体 の
   聖痕


   …愛とは?



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』


他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

すずらん

   静寂の森の朝

   可憐に
   ナイーブな
   whiteの誘い すずらんの花

   森の木漏れ日
   フェアリーを呼ぶ鈴が鳴る

Luis-Ricardo-Falero_”The Lily Fairy”
Luis-Ricardo-Falero_”The Lily Fairy” posted by (C)トロイ


   寝静まる森の夜

   強かに
   ラフ(rough)な
   brownの蚕食 鈴蘭の根

   森の三日月
   ルシファーが呼ぶ鈴が鳴る

William Blake_Lucifer
William Blake_Lucifer posted by (C)トロイ


   花 バーチャル・リアリティ
   根 ハードコア・リアリティ


     植物図鑑
     注意書き:「…毒…」



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛のかたち~in the shade~

海月-02_ふたり
海月-02_ふたり posted by (C)トロイ


     経験の少ない私にはよくわからない

     同病相憐れむような あるいは
     心の傷口をお互いになめ合うような<愛>の入口は通りやすい
     …のかもしれない

     <分かりあえる>木陰の<癒し>という泉のほとりで
     ふたりだけの<愛>の世界をどこまでも深かめて行ける
     …のだろうか

     <生きる>という重さに向かって ふたりは
     飛び翔つ瞬間(とき)を迎えることができるのだろうか
 
     ふたりの<愛>は木陰と泉のほとりを離れて
     息がつまりそうな街の雑踏の中で輝けるのだろうか

     それとも
     泉のほとりで木影の愛に留まりつづけていくだけなのだろうか


     私にはわからない わからない


     <愛>というかたちのひとつ
     私は… 
     <日陰>の わ た し 舟




追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

supplement

 supplement

幻想の時空-01a
幻想の時空-01a posted by (C)トロイ

     オレは…
     彼女にとって必要な 栄養素
     として
     彼女の体内を巡っている
     と思っていた

     それは…
     オレにとっての日々の 歓び
     として
     オレに幸せを運んでくれている
     と感じていた

     
     ある日
     目覚めた 木偶の坊

     彼女にとっての オレの位置
     彼女についての 無知なオレ
     
幻想の時空-02
幻想の時空-02 posted by (C)トロイ


     オレは
     彼女にとっての滋養 なんかじゃない
     
     オレは
     彼女が 恋人からは
         得られないものの 補完的存在
     
     恋人に 彼女の
         思いをつなぐ supplement

     に 過ぎなかった


     オレの世界の外にある
     (彼女の 生きる 歓び)
     (彼女の 求める 幸せ)
     よくある話の 脇役がオレ

     オレは…
     彼女の恋する
     恋人の 恋人のための
     Vitamin I の supplement


      I'm so foolish that I still can't help falling in love with you.

幻想の時空-00a
幻想の時空-00a posted by (C)トロイ



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

575の宙に Let's gonna go \(^o^)/ (11)_elegy~songs of silence~

辛夷-02
辛夷-02 posted by (C)トロイ


 XI. elegy~songs of silence~


    *漂泊の遺書は脳裏に天の川

    
    *かはほりの幻視となりて飛びゆかむ


    *花種ヲ購フニハ街ハ皓スギル


    *塩漬けの肉を噛む夜の曼珠沙華

     むら      しょうじ
    *群暗く雪渓ひかる生死かな


    *空は緑にボルジア家の薔薇の塔


    *擬詩ナレバ絹ノ靴下・孔雀ノ羽根


    *火蛾をまといて暗闇の主となる


    *浮かんでいる死海の月とシオニスト


    *街中の豆を撒かれる漢かな


    *剥製の眼に囲まれている春の夜
    
           ゴースト
    *リラ香る夜の幽霊と未亡人

     
    *真っ青な蝶の島まで泳ごうよ

     
    *闇ニ召シマセ宝石色ノ蛇・蠍
    
     ブルートレイン
    *寝台特急 明日は薔薇の儀式かな


    *降る雪や灯影に集う聖者愚者


    *夏涸れの河よ 卵のざらつきよ

     
    *花咲かす焼いた書物の灰ですか

     
    *たましろのしだれざくらのよとならむ

     
    *旅人の銀河より降る投網かな


幻想の夜明け-01
幻想の夜明け-01 posted by (C)トロイ



追記:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる