【運命の輪】~behind the curtain of the heaven~

To be or not to be―that is the question.
の主人公の運命を変えてしまったカーテン。

behind the curtain of the heaven
behind the curtain of the heaven posted by (C)トロイ


永遠に回り続ける【運命の輪】


好転
暗転

自転
公転

反転
逆転

あるいは
流転

はたまた
空転

なべては
輪転

つまりは
輪廻


来たるべくして来たるもの…

運命

その輪



追記:
画像「behind the curtain of the heaven」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

他の写真も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

夜の河(2)~時間~

時間
時間 posted by (C)トロイ


夜の川辺をさまようと
虎尾草(いたどり)の白さに
星が滲んでいた

あゝ
時間…
止まった 私の
遠い時間

夜の河口にたたずむと
川面の蒼さに
月が黙していた

あゝ
時間…
歩まぬ 私の
重い時間


時間


時…間…


                ソナタ
   河の辺の記憶をたどる月光奏鳴曲


追記:
画像「時間」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

楽しめた(#^.^#) 吉本章紘カルテット

吉本章紘カルテットを聴いてきた。

メンバーは、
吉本章紘(ts)、アーロン・チューライ(p)、坂崎拓也(b)、そして次代を担うであろう石若駿(dr)。

 石若駿については8月のブログに少し述べたことがある。↓

  Boys


全て吉本章紘によるオリジナル曲の演奏だった。

まずは、「A列車で行こう」のコード進行を使った曲「ボストン・サブウエイ Boston Subway」。
まさに21世紀のダンモ!楽しく聴けた。
エリントンに対する敬意の表れなのだろうか、ところどころで、「A列車で行こう」の冒頭のフレーズが容を変えて顔をのぞかせていた(特にアーロンのピアノ)。

「スカイ・ダンス Sky Dance」
青空という広いステージで(イメージを膨らませ)楽しげにステップを踏んでいる感じがよく伝わってきた。
坂崎拓也のベースに、ステップを軽やかに踏む足元が見えるような感じがした(^^♪

「ペイル・グリーン Pale Green」と「ラスト・マンデイ Last Monday」の2曲が続けて演奏された。
pale green は吉本の好きな色だそうだ。時季で言えば、新緑の瑞々しい葉の色なのだろう。
"pale" なのに、味付けはというか隠し味は "blue" 。淡いブルース?情感に富んだバラード。
"Last Monday" ⇔ "blue Monday" ???と、連鎖反応的に感じてしまう。

「How About This Cat?」
猫の鳴き声を模したフレーズもあり、
「オマエさんは、いったい何者なんだ?!」というような感じで吉本がそのネコに話しかけている様子とネコの反応とか、ネコに抱く吉本の気持ちがサウンドに出ていて、これもその場の情景が目に浮かぶ曲だった。

参考映像:
How About This Cat?

「鉛筆飛行 Enpitsu Hiko」
なにかの拍子で、鉛筆が飛び散ったときにインスピレーションが湧いたそうだ。
吉本が子供のころ、想像力に富んでいて、その想像の世界を楽しんでいたのかもしれないなぁ、などと想った。

アンコールは「di di」。
アーロン・チューライ(パプアニューギニア出身)との親交から生まれた吉本章紘のオリジナル。

アーロン・チューライの繊細なそしてせせらぎの流れのようなピアノ。
坂崎拓也の「縁の下の力持ち」として守備範囲の広いベース。
石若駿の若者らしい歯切れの良いドラミング。

若林が志向しているであろうジャズにおける新しい波(ヌーヴェルヴァーグ)を感じさせてくれるメンバーたちとのカルテットだと思う。


 参考映像:
 石若駿トリオ_GET OUT FROM THE DARKNESS

 参考ブログ:
 片倉真由子トリオ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

夜の河

  『夜の河無明の夢の枯野かな』

琳派?
琳派? posted by (C)トロイ


櫂の音…夜の河を遡る小舟が深い闇の中に消えていく
その闇の奥にあるもの、それは…【愛】or【死】?

風の音…夜の河を下りゆく小舟が広い闇の中に消えていく
その闇の先に待つもの、それは… [希望] or [絶望]

闇の音…夜の河を流れゆく空船が当所もなく消えていく
その闇の元に見るもの、それは…[己] or [他者]


  『花蒼く人冥かりき夜の河』



追記:
画像「琳派?」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

すごい!スーパーハイビジョン ライブビューイング ミラノスカラ座 「リゴレット」

NHKの「ふれあいホール」で催された、
スーパーハイビジョン ライブビューイング
ミラノ・スカラ座 オペラ「リゴレット」
を観てきた。

NHKホールの1階席後方(S席)に設置されたスーパーハイビジョンカメラによる520インチの映像(3,300万画素)を22.2ch のマルチチャンネル三次元音響で楽しむという趣向だ。

ミラノ・スカラ座 オペラ「リゴレット」参考INFO↓
 ミラノスカラ座 2013年 日本公演
ダブルキャストの出演者は9月15日を見てください。

オペラ「リゴレット」の感想というよりも、映像と音響についての印象を述べてみたい。

前奏曲が始まると、22.2チャンネルの音響のもたらす世界の一部がすぐに実感できた。

「呪い」と「呪い」をめぐる運命の轍。
思いもよらぬ悲劇的結末を暗示させる深淵からの重い響き。
それらが音となって私を包みこんだ。

ただ、はじめのうちは音が美しすぎて少々違和感を覚えたのは否めない。
上手く言えないが、ホールなどで身体が受ける独特の空気感みたいなものまでは再現できないように思えた。

第1幕
第1場の公爵邸の大広間での舞踏会。
スーパーハイビジョンカメラによる映像(3,300万画素)によるオペラの世界が目の当たりにあった。
舞台装置、衣装がすごい!
観客の目では識別が難しい舞台の細部までが映像として再現されている。

おかしな表現かもしれないが、綺麗に見えすぎる。
実際に見えるよりもはるかに美しく、肉眼では見逃がしてしまうようなところまでがしっかりと見えるのだ。

気になったのは、
マントヴァ公爵の「あれかこれか」やリゴレットの歌声や台詞の焦点が公爵やリゴレットの位置と動きとは少しずれている気がしたことだ。
これだけの大画面では無理なのかなぁ、と。

第一幕 第2場。
家路につくリゴレット。
彼と殺し屋スパラフチーレとのやり取りでは、二人の影の大小の動きによって、ビジネスとしての駆け引きの模様やそれに伴う二人のそれぞれの心の動きが視覚的にも表現されていた。

第2場になり、遅まきながら、22.2ch のマルチチャンネルの三次元音響の威力を私は感じ始めた。

たとえば、
3階の窓からのジルダとその下にいる「自分は貧しい学生」と名乗ってジルダへの熱き愛を告白した公爵の位置関係が音でもしっかりとわかるようになった。
二人の位置する高低の差や距離感までが音から伝わってくる。すごい!
同じように、リゴレット宅に集結している廷臣たちとリゴレットのやり取りのシーンや廷臣たちによるジルダの誘拐のシーンでも、装置の高さをうまく活かした演出に22.2チャンネルの音響がしっかりと対応できていた。

観客に背を向けて歌っているときは、その歌声がちゃんとそのようにに聴こえ、
高いところで歌いながら去っていくときは、歌声がフェイドアウトしながら去っていく方向さえも表現できている。
音の遠近法!
三次元音響はすでにここまで来ているのだ!

御年70歳を超えるレオ・ヌッチの百戦錬磨のリゴレットと若き世代を代表するメキシコ生まれのマリア・アレハンドレスの清純無垢なジルダの息がピタリと合い、親子の愛とそれぞれが求めるものの容が「娘よ、おまえは私の命」にたいへんよく表現されていたと思う。
ジルダと公爵(ジョルジョ・ベッルージ)の「あなたは私の心の太陽だ」もよかった。
ジルダの「麗しい人の名は」も美しかった。

第2幕
第2幕に入ると、私が抱いていた「綺麗すぎる映像」と音の焦点のズレといった個人的な違和感は解消されていて、オペラ「リゴレット」の世界に私は取り込まれてしまっていた。
リゴレットが娘ジルダの身を案じながら「ララ、ララ」を歌うシーンも、リゴレットの動きと向きに歌声の焦点が合っていて、あらためて三次元映像の素晴らしさを感じた。

リゴレットが歌う「悪魔め、鬼め」は見事だった。さすが、レオ・ヌッチだ。
リゴレットとジルダの「いつも日曜日に教会で~娘よ、お泣き」も、第一幕の「娘よ、おまえは私の命」と同じく、情愛にあふれていてよかった。
第2幕幕切れの「そうだ!復讐だ!」が、第二幕のアンコールになった。観客への大きなプレゼントに、NHKホール内は割れるような観客の拍手と歓声!

第3幕
公爵が歌う「女心の歌」。
あまりにも有名な曲だが、私の好きな曲のひとつでもある。

解説者の奥田佳道さんによると、
「女心の歌」は、ヴェルディ自身も自信作と考えていて、その秘匿に努めたそうだ。

スパラフチーレの妹マッダレーナ(ケテワン・ケモクリーゼ)には、オペラ歌手には珍しくエロ気のある魅力があった。
それが、公爵とマッダレーナの関係性にリアリティを与えていた。

色恋沙汰の公爵とマッダレーナ。
その様子を外から覗いているジルダ、そして公爵への復讐心をさらに高めるリゴレット。
四人のそれぞれの思いが繰り広げられる有名な4重唱。
このシーンも、三次元音響の効果が見事に出ていた。

リストの「リゴレット・パラフレーズ」("Rigoletto Paraphrase")を聴いてみたくなった。

余談だが、
「リゴレット」のパリ初演に、ヴィクトル・ユゴーは観客として招かれたそうだ。
第3幕の4重唱を聴いたユゴーは、「舞台の上で四人に同時に台詞を言わせて、四人の台詞のそれぞれの思いや意味合いを観客に理解させるのは芝居では到底不可能だ」と言ったとか。

殺しの残金と引換えに死体入りの布袋を受け取ったリゴレット。
リゴレットが布袋をミンチョ川に投げ入れようとしたとき、
スパラフチーレの酒場兼安宿の3階の部屋の奥から、公爵が満足気に歌う「女心の歌」が聞こえてくる。
高いところにいる公爵の状況がいわば「天国」であれば、布袋の中は瀕死のジルダであることを知ったリゴレットの状況は地上の「地獄」にあたる。

辱めを受けながら、愛する男・公爵の身代わりなって天に召されるジルダ。
ひとり残されたリゴレットが「ああ、あの呪いだ!」と叫び、幕が下りる。
このシーンも、公爵とリゴレット・ジルダとの位置の高低と三人の斜めの左右の距離感がうまく演出されており、その演出に三次元音響も十二分に応えていた。

幕が下りてから、NHKホールの万雷の拍手と大勢の人たちの歓声がなかなか鳴りやまなかったのもうなずける。

スーパーハイビジョンカメラによる520インチの映像(3,300万画素)を22.2ch のマルチチャンネルの三次元音響が創り出す世界。

気がついたら、映像なのをすっかり忘れて、オペラのステージに入り込んでしまった私がいた(笑)



演出:ジルベール・デフロ
美術:エツィオ・フリジェリオ
衣装:フランカ・スクァルチャピーノ

指揮:グスターボ・ドゥダメル

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

不思議な偶然…

9月15日にNHKの「ふれあいホール」で催されたスーパーハイビジョン ライブビューイング
ミラノ・スカラ座 オペラ「リゴレット」を観に行ったときのことだ。

 参考ブログ:スーパーハイビジョン ライブビューイング ミラノ・スカラ座 オペラ「リゴレット」

第一幕の幕間(休憩)に、私の後席の男性が連れの男性に、彼がイタリアなどにいたときに観たオペラの話を始めた。
やがて、歌劇「カルメン」の話になり、ビゼーの話へ。

「ビゼーかぁ」、と私。
先日、アルフレッド・ハウゼの「真珠採りのタンゴ」について少し述べていたからだ。
私はそのブログの内容のことを思った。
その直後、男性が歌劇「真珠採り」に触れて、アルフレッドハウゼの「真珠採りのタンゴに話が及んだのには驚いた。

まさかの偶然!

こんなこともあるんですね。

 参考ブログ:花のしずく:花星人_VIOLETTA

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

花のしずく:花星人_VIOLETTA

映画などでタンゴを踊るシーンを観ると、
私はアルフレッド・ハウゼ・オーケストラのタンゴを思い出す。
たとえば、「ヴィオレッタに捧げし歌」。
ヴェルディ作曲のオペラ「椿姫」の前奏曲のメロディーを基にしたコンチネンタルタンゴの曲だ。

 ALFRED HAUSE_"VIOLETTA" ↓
 http://www.youtube.com/watch?v=LapunMJr5UU

花のしずく04-花星人(KASEIJIN) Violetta
花のしずく04-花星人(KASEIJIN) Violetta posted by (C)トロイ


オペラからの曲には、ビゼー作曲の歌劇「真珠採り」の"耳に残るは君の歌声"を原曲とした「真珠採りのタンゴ」もある。

 ALFRED HAUSE_"Perlenfischer tango" ↓ 
 http://www.youtube.com/watch?v=iWZXR7agefQ


他に、クラシックの曲からでは、"アルベニスのタンゴ"もあった。

 ALFRED HAUSE_"Tango d'Albeniz" ↓
 http://www.youtube.com/watch?v=N1_bmfsADxk

    薔薇園のタンゴを踊る月影よ


私は小学校~高校までの音楽の時間が嫌いだった。
でも、音楽は大好きで、いろいろなジャンルの曲を聴いていた。
歌謡曲・民謡、ポップス、フォーク、フォルクローレ、シャンソン、ラテン、ロック、ジャズ、ミュージカル、映画音楽…etc.

クラッシックは教材として聞いていた程度であったが、
欧米の映画やジャズ、そしてアルフレッド・ハウゼ・オーケストラのタンゴなどを通じて、クラシックの曲への私の目がどんどん開かれていった。


録画した好きなアニソンのop. & ed.を観ながら、いろいろなジャンルの音楽を聴いてきてよかったと思う。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ぶっ飛んだ~!! エレファント9 with レイネ・フィスケ

"エレファント9+レイネ・フィスケ"を聴いてきた。

メンバーは、
ストーレ・ストーレッケン(オルガン、ローズ、キーボード? etc.)
ニコライ・ハングシュレ・アイテットセン(エレクトリック・ベース)
トーシュタイン・ロフトフース(ドラムス)
そして、
レイネ・フィスケ(エレクトリック・ギター)

ジャンルはと訊かれると、ひと口で答えるのは難しい。
一般的には、 "Progressive Jazz-Rock" として認識されているようだ。

私的には、たとえが適切ではないかもしれないが、
Emerson, Lake & Palmer (E.L.P.)をもっとハードにそしてヘビーにし、ジャンルをクロスオーヴァーした、プログレッシブ&サイケデリック・ジャズ・ロックかな。

私は"エレファント9+レイネ・フィスケ"にヴァイキングの末裔たちによるフロンティア・スピリッツを感じた。
昨今の耳になじみやすい安穏なサウンド思考への「荒野の七人」いや「荒野の4人」からのいわば果たし状だ。
座席から立ち上がって、最前列でぶっ飛びたくなるほど強烈なリズムとサウンド!
いや~、しびれた~(*^^)v

途中で、レイネ・フィスケのギターの弦が切れたりしたが、彼らのサウンドの大渦潮に心身ともに巻き込まれてしまった。
爆裂ドラムを最後まで叩き切ったトーシュタイン・ロフトフース!
あのスタミナは、いったい、どこから来るの?!

毎度のことだが、曲名を聞き取れなかったのが残念。
その中の2曲は、"Psychedelic Backfire" と "Atlantis" だったと思う。

"Psychedelic Backfire"↓(ジャケットの画像のみ)

 エレファント9 with レイネ・フィスケ_Psychedelic Backfire

 タイトル通り、サイケな感覚にあふれている一曲。
 フロンティアへの歩みを象徴するかのようなトーシュタイン・ロフトフースのドラムビートが印象的。


参考映像:これもサイケ色が強い。

 エレファント9 with レイネ・フィスケ

 これが"Atlantis" だったかもしれない。
 
 情景的には、ヒッチハイクで行ったノールカップ(Nordkapplatået)で見た沈まぬ太陽と沈黙する海、自然が秘めているエネルギーの容などが目に浮かんできた。
 

日本の洋楽ファン、ジャズ・ファンが "エレファント9 with レイネ・フィスケ" が志向するサウンドに興味を持ってくれれば、チョーキング状態の日本の音楽シーンも変革されるのになぁ、と思った。

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

東京散歩:大田区(田園調布駅西口界隈~宝来公園~多摩川台公園[宝来山古墳・丸子川・虹橋・古墳群・亀甲山古墳・水生植物園・野草園]~浅間神社~田園調布駅東口

田園調布駅西口

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-03旧田園調布西口駅舎(復元)
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-03旧田園調布西口駅舎(復元) posted by (C)トロイ

 噴水の出ていない噴水広場↓

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-02
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-02 posted by (C)トロイ

田園調布駅界隈-01駅前_田園調布の由来の碑
田園調布駅界隈-01駅前_田園調布の由来の碑 posted by (C)トロイ


田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-05
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-05 posted by (C)トロイ

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-06a
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-06a posted by (C)トロイ

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-07
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-07 posted by (C)トロイ

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-08
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-08 posted by (C)トロイ

田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-09
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-09 posted by (C)トロイ


田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-10雷雨_雨宿りc
田園調布駅界隈(小雨・雷雨)-10雷雨_雨宿りc posted by (C)トロイ


街区案内図↓(クリックして、大きなサイズで見てください)

田園調布駅界隈-02街区案内図_放射状に広がり延びている街区
田園調布駅界隈-02街区案内図_放射状に広がり延びている街区 posted by (C)トロイ


銀杏並木↓

田園調布駅界隈-03銀杏並木(宝来公園へ)
田園調布駅界隈-03銀杏並木(宝来公園へ) posted by (C)トロイ

 この道を行くと宝来公園がある。


宝来公園↓(参照:街区案内図)

 INFO
 宝来公園

宝来公園-01
宝来公園-01 posted by (C)トロイ

宝来公園-03宝来公園の由来INFO
宝来公園-03宝来公園の由来INFO posted by (C)トロイ

宝来公園-04
宝来公園-04 posted by (C)トロイ

宝来公園-06
宝来公園-06 posted by (C)トロイ

宝来公園-08
宝来公園-08 posted by (C)トロイ

宝来公園-10
宝来公園-10 posted by (C)トロイ

宝来公園-11
宝来公園-11 posted by (C)トロイ


多摩川台公園⇔宝来公園の坂道(参照:街区案内図)

宝来公園~多摩川台公園への坂道
宝来公園~多摩川台公園への坂道 posted by (C)トロイ


多摩川台公園↓(参照:街区案内図)

 INFO
 多摩川台公園

宝来公園-01
宝来公園-01 posted by (C)トロイ

多摩川台公園-02
多摩川台公園-02 posted by (C)トロイ

 宝莱山古墳↓
 INFO
 宝莱山古墳

多摩川台公園-03宝莱山古墳(宝来山古墳)a
多摩川台公園-03宝莱山古墳(宝来山古墳)a posted by (C)トロイ

多摩川台公園-03宝莱山古墳(宝来山古墳)b_INFO
多摩川台公園-03宝莱山古墳(宝来山古墳)b_INFO posted by (C)トロイ

多摩川台公園-04
多摩川台公園-04 posted by (C)トロイ

多摩川台公園-05
多摩川台公園-05 posted by (C)トロイ



丸子川↓

多摩川台公園-06多摩川台公園下_丸子川
多摩川台公園-06多摩川台公園下_丸子川 posted by (C)トロイ


多摩川台公園-10
多摩川台公園-10 posted by (C)トロイ


虹橋↓

多摩川台公園-07虹橋a
多摩川台公園-07虹橋a posted by (C)トロイ

多摩川台公園-07虹橋b
多摩川台公園-07虹橋b posted by (C)トロイ


多摩川台公園古墳群↓

 INFO
 多摩川台公園古墳群

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群INFO
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群INFO posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第1号墳a
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第1号墳a posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第2号墳b
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第2号墳b posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第7号墳b
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_第7号墳b posted by (C)トロイ

 亀甲山古墳↓

 INFOは上に。

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳a
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳a posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳b
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳b posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳c
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳c posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳d
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳d posted by (C)トロイ

多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳e
多摩川台公園-08多摩川台公園古墳群_亀甲山古墳e posted by (C)トロイ


亀甲山古墳に隣接している、
多摩川台公園水生植物園&野草園↓

多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)a
多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)a posted by (C)トロイ

多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)b
多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)b posted by (C)トロイ

多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)c_亀甲山古墳(後方)
多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)c_亀甲山古墳(後方) posted by (C)トロイ

多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)d
多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)d posted by (C)トロイ

多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)e
多摩川台公園-09水生植物園・野草園(元調布浄水場跡地)e posted by (C)トロイ

多摩川台公園-11多摩川駅側入口
多摩川台公園-11多摩川駅側入口 posted by (C)トロイ


多摩川駅のほうに歩いて行くと、東急東横線と東急多摩川線の間に多摩川浅間神社がある。
(参照:街区案内図_左端の下部)

浅間神社↓

 INFO
 多摩川浅間神社
  

浅間神社-01社号標・鳥居・整地記念碑
浅間神社-01社号標・鳥居・整地記念碑 posted by (C)トロイ

浅間神社-02b鳥居>鳥居>鳥居>鳥居
浅間神社-02b鳥居>鳥居>鳥居>鳥居 posted by (C)トロイ

浅間神社-04小御岳石尊_大天狗・小天狗の碑と石祠
浅間神社-04小御岳石尊_大天狗・小天狗の碑と石祠 posted by (C)トロイ

浅間神社-05勝海舟直筆「食行身禄之碑」
浅間神社-05勝海舟直筆「食行身禄之碑」 posted by (C)トロイ

浅間神社-06末社(小御岳神社・稲荷神社・三峯神社・阿夫利神社)a
浅間神社-06末社(小御岳神社・稲荷神社・三峯神社・阿夫利神社)a posted by (C)トロイ

浅間神社-07狛犬a
浅間神社-07狛犬a posted by (C)トロイ

浅間神社-07手水舎
浅間神社-07手水舎 posted by (C)トロイ

浅間神社-10神楽殿
浅間神社-10神楽殿 posted by (C)トロイ

浅間神社-08お皿の絵馬
浅間神社-08お皿の絵馬 posted by (C)トロイ

浅間神社-09さくらみくじ
浅間神社-09さくらみくじ posted by (C)トロイ

浅間神社-08本殿(工事中)
浅間神社-08本殿(工事中) posted by (C)トロイ

浅間神社-11「たけくらべ」の碑
浅間神社-11「たけくらべ」の碑 posted by (C)トロイ

 目盛りが刻まれている↑
 富士講との関連からか、碑の最上部は富士山の容になっている。
 「不二は日本一の山」ということで、子供たちの健やかな成長を祈る碑かもしれない。

 子どもの頃、端午の節句が近づいて、母と祖母が五月人形を飾ってくれると、
 「柱の傷は一昨年の五月五日の背くらべ~」を歌っていたことを思い出す。
 毎年、私も弟とともに柱に背丈の傷をつけていたなぁ。

浅間神社-12テラスからの多摩川a
浅間神社-12テラスからの多摩川a posted by (C)トロイ

浅間神社-多摩川治水記念碑
浅間神社-多摩川治水記念碑 posted by (C)トロイ



田園調布駅東口への「道すがら」の光景↓

道すがら-01超絶技巧の車庫入れ
道すがら-01超絶技巧の車庫入れ posted by (C)トロイ

道すがら-02多摩川駅~田園調布駅
道すがら-02多摩川駅~田園調布駅 posted by (C)トロイ

道すがら-03
道すがら-03 posted by (C)トロイ



⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

 大田区(田園調布駅・多摩川台公園・多摩川駅界隈)

画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。

見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you!

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

夢のかたち~花星人~

『スター・トレック』には出て来なかった花星人こと"ビオラ星人"。


ビオラ星人01
ビオラ星人01 posted by (C)トロイ

ビオラ星人02
ビオラ星人02 posted by (C)トロイ

彼らの存在に始めは戸惑った私だが、いまは彼らとの交流を楽しんでいる。

ビオラ星人の♂と♀の区別は私にもできた。
スリムで機能的な♂、ふくよかで母性的な♀。

しかし、
♂達の個体差そして♀たちの個体差は一卵性双生児よりも識別しにくいものであり、私には、♂と♀それぞれが全くのクローンの♂と♀にしか見えなかった。
クローンとしか言いようがないほど個体差がない♂達。
クローンとしか思いようがないほど酷似している♀たち。

彼らひとりひとりにはしかるべきパートナーがいたが、彼らには"夫婦"という概念は無いようだった。
ところで、
彼らはどのようにして自分たちのパートナーを他の異性たちから判別しているのであろうか。

面白いことに、
彼らひとりひとりに名前はない。彼らの以心伝心には名前は要らないようだ。

一種のフェロモンの微妙な差を感知するのだろうか?
あるいは、
個々のビオラ星人は、見た目は同じでも、それぞれ特別の周波数を持った電波あるいは電磁波のようなものを発していて、その周波数などを感知することによって、それぞれのパートナーを識別しているのであろうか?

いや、もしかしたら、
全くのクロ-ンであるが故に、その場限りのパートナーであり、ペアリングなのかもしれない。
そうであっても、彼らにはなんら不都合もないはずだ。
全くのクローンであれば、嫉妬も異性間のトラブルも起らないだろうから。

さて、
ビオラ星人たちはterraを故郷とする私たちをどう観ているのだろうか。
私たちは、ビオラ星人たちが理解できうる範疇を超えてしまっている存在なのかもしれない。


   霜月のタンゴを踊るヴィオレッタ

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

真夜の薔薇_light from depth _あるいは「誘い(イザナイ)」

モーツアルトの『魔笛』とはなんら関係はないけれど、
『夜の女王のアリア』が聴こえてくるような深淵からの光の誘(イザナ)い。

【真夜の薔薇】の妖しげな官能の世界にひとたびハマってしまうと、
もう誰にも止められない。止まらない。

真夜の薔薇_light from depth _あるいは「誘い(イザナイ)」
真夜の薔薇_light from depth _あるいは「誘い(イザナイ)」 posted by (C)トロイ


そう。あれは…

lure…

暗い森を
蛍の光が 尾をひいて 闇に消えてゆく
樹間の agony

暗い川を
風の声が 泣きながら 駆け抜けていく
谷間の vanity

暗い海に
夜光虫の帯が 呼ぶように 漂っている
波間の solitude

暗い宙に
振り子が 音もなく 時を刻んでいる
遠近の dilemma

あなたは Siren
あなたは Lorelei

あなたの 甘い 誘いに
私の soul が 浮遊し
私の body が 彷徨う

深い闇を…どこまでも

…lure

    月夜の蜻蛉…
          夢幻の陽炎…

lure


追記:
この画像「真夜の薔薇」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

うわ~ぉ\(^o^)/ エリック・フルイマンス "ゲートクラッシュ"

エリック・フルイマンス "ゲートクラッシュ" を観てきた。

メンバーは、
エリック・フルイマンス(tp)、 イェルン・ヴァンフリート(fender rhodes:key)、 グリ・グドムンドソン(b)、 ヤスパー・ヴァンフルテン(ds)


エリック・フルイマンスのトランペットの演奏に、私の耳と目は釘付け状態になっってしまった。
吐息のような繊細な心理的な描写からエネルギーの迸る猛烈なピッチでの演奏まで、彼の表現力にあふれたトランペットの魅力を十二分に味わえた。
実によく歌うトランペットだ(^^♪

演奏が始まってから、ミュートをつけていないのに特殊なミュートをつけたような音色や尺八の音を思わすような音色があり、トランペットでこんな音を出せるの!?、と思った。
そして、トランペットの音色にエコーがかかったとき、エフェクターを使っているのだと気がついた。
私の席からはエフェクターが見えなかったので、彼の足の動きに気をつけていたら、やはりペダルを踏む動作をしていた。

イェルン・ヴァンフリートが弾いていた "fender rhodes" も一般的なキーボードとは一味も二味も違う独特の音色だった。
風を思わす音色、女性の寝息を思わす音色などなど、曲の空気感を醸し出す役も担っていた。
エリックのメンバー紹介によると、エリックとイェルンは20数年来の知己だそうだ。二人の息が合っているわけだ。

最初の2曲はCDからの曲だと言っていた。

MCで、エリックがアメリカでのことを話した。
アメリカはすべてが大きい!ビルも大きい、道も広い、デカい…そして、ひと息置いて、「ハンバーグも!」。
と、両手でその大きさを表現し笑いを取る。


セットリストの他の曲名もわからない(>_<)

ヤスパー・ヴァンフルテン(ds)のオリジナル、"opus 2"。

もう一曲、彼の "Thunderbird"。
その演奏を始める前の曲の紹介で、エリックが「Do you know "thunderbird"?」と言った。
それが北米にいるという伝説の鳥(精霊)のことなのかクルマのことなのか、一瞬、判断しかねた私は"Yes!"という声を出せなかった。まるで、青天の霹靂(笑)にでもあったように…。
曲を聴かなくても、ちょっと考えれば、「伝説の鳥」のほうだとわかるのにねぇ(笑)

エリックがMCで、シリア人(あるいはシリア出身またはシリアにいる)の友人のミュージシャンのこと、そしてシリアの現状に心を痛めていた。友人そしてシリアに奉げる曲 としての"Song for Syria"。
平和への祈りに満ちたトランペットの繊細な音色が美しかった。

"When she sleeps".(参考映像は下にリンクを貼りました)
すやすやと眠る彼女への優しい愛の気持ちが伝わってきた。
眠っているときの彼女の安穏な姿と起きているときの彼女の明るい活発な姿が浮かんでくる。
曲の終わりの方で、彼女がうなされているような表現もあった。それも、彼女のことを気遣う主人公の心の表れなのだろう。
演奏から、ヒロインは、情熱的なスパニッシュかラテンアメリカ人という感じがした。

他に、"イマジン(と聞こえたが)・オブ・ワシントン"…など。


ヨーロッパに行っていたとき、私はオランダに興味を抱いた。
どこまで平坦な地形、風車、運河とタンカーの光景なども好きだったが、絵画や建築、ガラス工芸、そして映画、果ては蚤の市の人々の様子や休日用(?)の家庭菜園・花園での過ごし方など、それぞれが個性にあふれていて面白かった。

そのオランダからのジャズ、ジャズのニューストリーム!を体感できた。


注:オランダは個性的なものにあふれているので、「ニュー」とい概念はないのかもしれない。


参考映像 from U-tube

 When she sleeps 


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

花のKaleidoscope(カライドスコープ)

  花のかたち 愛のかたち

万華鏡-02
万華鏡-02 posted by (C)トロイ

内から輝きをます <生>のエナジー
明日への種子に 歓びを噛みしめる
花の色香
日々をエンジョイする 陽の顕花植物


万華鏡-01
万華鏡-01 posted by (C)トロイ

ニュアンスを深める 青白き世界
樹木の沈黙を 胞子でうめる
湿った吐息
母なる森の土に灯る 月の隠花植物


万華鏡-03
万華鏡-03 posted by (C)トロイ

棺の中で夜を待つ 失明した精神
失なわれた血が 骸の肉体を生かす
魂の燐光
洞窟に蘇生する 闇のひかり苔


  十六夜の挽歌よ愛の万華鏡


万華鏡-05
万華鏡-05 posted by (C)トロイ



追記:
画像「万華鏡」のあるフォト・アルバム「夢幻のOdyssey(オデッセー)」はこちらです。↓

  夢幻のOdyssey(オデッセー)

心象風景の他の画像はこちらです。

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you!

続きを読む

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京散歩:自由が丘駅界隈_目黒区・世田谷区奥沢(豊川稲荷大明神鳥居~熊野神社~白山神社~龍昌寺~究竟寺~妙光寺)

自由が丘駅前広場の直ぐそばにある路地。
かつての自由が丘の路地の景をわずかではあるが今に伝えている。

 豊川稲荷大明神の鳥居。↓

豊川稲荷大明神-02
豊川稲荷大明神-02 posted by (C)トロイ

藏が残っている。↓

豊川稲荷大明神-03
豊川稲荷大明神-03 posted by (C)トロイ

 鳥居をくぐっても、路地のどこに社があるのかわからなかった(>_<)


道すがら↓

道すがら-01
道すがら-01 posted by (C)トロイ

道すがら-02
道すがら-02 posted by (C)トロイ


 熊野神社↓
  INFO
  熊野神社

熊野神社-01庚申塔:青面金剛(剣人六臂)_文政十一年(1828)
熊野神社-01庚申塔:青面金剛(剣人六臂)_文政十一年(1828) posted by (C)トロイ

  例大祭を待つ幟や屋台↓

熊野神社-01社号標・鳥居a
熊野神社-01社号標・鳥居a posted by (C)トロイ

熊野神社-02b二之鳥居・拝殿
熊野神社-02b二之鳥居・拝殿 posted by (C)トロイ

熊野神社-03拝殿a百日紅(さるすべり)
熊野神社-03拝殿a百日紅(さるすべり) posted by (C)トロイ

熊野神社-08栗山久次郎(自由が丘誕生の祖)像と顕彰碑
熊野神社-08栗山久次郎(自由が丘誕生の祖)像と顕彰碑 posted by (C)トロイ

熊野神社-04手水舎a
熊野神社-04手水舎a posted by (C)トロイ

熊野神社-04手水舎b
熊野神社-04手水舎b posted by (C)トロイ

 手水での参拝者への心遣いが感じられる。↑

熊野神社-04狛犬a
熊野神社-04狛犬a posted by (C)トロイ

熊野神社-03拝殿b
熊野神社-03拝殿b posted by (C)トロイ

熊野神社-05神楽殿a
熊野神社-05神楽殿a posted by (C)トロイ

熊野神社-06境内社_伏見稲荷神社
熊野神社-06境内社_伏見稲荷神社 posted by (C)トロイ

熊野神社-07社殿改築記念塔
熊野神社-07社殿改築記念塔 posted by (C)トロイ


道すがら↓

道すがら-04
道すがら-04 posted by (C)トロイ

道すがら-03
道すがら-03 posted by (C)トロイ

道すがら-05
道すがら-05 posted by (C)トロイ

道すがら-06
道すがら-06 posted by (C)トロイ

道すがら-07
道すがら-07 posted by (C)トロイ


 白山神社↓
  INFO
  白山神社

白山神社-01社号 標
白山神社-01社号標 posted by (C)トロイ

  ↑社号標がなければ、「じょうろ」のオブジェ(花屋のアイキャッチャー)に気を取られたまま、通り過ぎてしまうところだった。

白山神社-02
白山神社-02 posted by (C)トロイ

白山神社-03
白山神社-03 posted by (C)トロイ


 龍昌寺↓

  INFOなし:位置情報
  龍昌寺_map

   ↑次のお寺「究竟寺」の位置もわかります。


道すがら。↓

 九品仏川緑道_「鷺草の里」の碑
九品仏川緑道_「鷺草の里」の碑 posted by (C)トロイ


 究竟寺↓
  INFO
  究竟寺

究竟寺(世田谷区奥沢)-01
究竟寺(世田谷区奥沢)-01 posted by (C)トロイ


 究竟寺の近くに、"せたがや百景"の九品仏浄真寺がある。↓

  参考:フォトアルバム「東京散歩:世田谷区(九品仏浄真寺)
     九品仏浄真寺


 妙光寺
  INFO
  妙光寺

妙光寺(世田谷区奥沢)-01山門・本堂
妙光寺(世田谷区奥沢)-01山門・本堂 posted by (C)トロイ

妙光寺(世田谷区奥沢)-03a本堂・日蓮聖人像
妙光寺(世田谷区奥沢)-03a本堂・日蓮聖人像 posted by (C)トロイ

妙光寺(世田谷区奥沢)-04稲荷神社
妙光寺(世田谷区奥沢)-04稲荷神社 posted by (C)トロイ

妙光寺(世田谷区奥沢)-05
妙光寺(世田谷区奥沢)-05 posted by (C)トロイ

妙光寺(世田谷区奥沢)-06a
妙光寺(世田谷区奥沢)-06a posted by (C)トロイ

妙光寺(世田谷区奥沢)-06b
妙光寺(世田谷区奥沢)-06b posted by (C)トロイ


"豊川稲荷大明神の鳥居"につきまして、

弓姫様から
「こちらの祠は5年程前、私有地問題で撤去されてしまいました。
77年近く自由が丘駅近辺で商店街の人を見守っていたはずの祠です。
祠は東京別院豊川稲荷に返され、現在はこの鳥居だけが残っているという状態です。
近所にするものとしてはとても哀しく、残念でした。
それでも今なおこの鳥居を見て「おまいりしたいな」と少しでも思って下さる方がいる事を我が事のように嬉しく思います。」
と、教えていただきました。

  弓姫様のブログをこちらに貼らせていただきます。↓

    弓姫様のブログ

弓姫様、どうもありがとうございました。


⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

  東京散歩:自由が丘駅界隈
 
画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。
見に来ていただけると嬉しいです。
Thank you!

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

私の好きなTVアニメ(7月放送開始分)

9月!
7月から放送が開始されたTVアニメのほとんどが今月で終わりを迎える。

一日一本、地上波で放送されているアニメのなかで私が好きな作品を挙げてみる。
曜日は東京での放送です。

日曜日:「有頂天家族」(マイ・ベスト№3)
     INFO
     http://www.uchoten-anime.com/

    設定がユニーク。一筋縄ではいかないホームドラマの快作!
 
月曜日:「犬とハサミは使いよう」(マイ・ベスト№5)
     INFO(イヌハサ)
     犬とハサミは使いよう

    SMのエロスにユーモアとペーソスをからめて…。

 月曜日は、他に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がある。
 "喪女"を題材としたアニメ。
  INFO(ワタモテ)
  私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

  自分の思いや期待とは常にかけ離れている現実。
  その壁に阻まれ、喪女の努力は虚しく空転するばかり。
  喪女に幸あ~れ 青い空♪
  
火曜日:7月放送開始のアニメでは好きなものはなし。

 「義風堂々!!兼続と慶次」はカッコつけて粋がっているのがクサっ!!
  ↑イクサもののファンからはお小言を頂戴しそうだ。 
  INFO
  義風堂々!!兼続と慶次
 
 で、目が行くのは再放送中の「ゴルゴ13」になってしまう。

水曜日:「ブラッドラッド」(マイ・ベスト№4)
     INFO(ブラドラ)
     ブラッドラッド

    魔界もののアニメ・吸血鬼もののアニメとしては久しぶりに楽しめる作品。
    魔界のシーンの絵がいい。

木曜日:7月放送開始のアニメでは特に好きなものはなし。
 たぶん人気がありそうな「ローゼンメイデン」は、先週(第9回)から、面白くなりそうな気配がやっと出てきた。
     INFO
     ローゼンメイデン

金曜日:「劇場版 空の境界」(マイ・ベスト№2)
     INFO
     劇場版 空の境界

    含蓄に富んでいる作品。言葉の意義を大切にしているのが伝わってくる。
    公序良俗を第一義的に信奉する人たちからは白眼視されそうな作品だ。
 
土曜日:「<物語>シリーズ セカンドシーズン」(マイ・ベスト№1)
     INFO
     <物語>シリーズ セカンドシーズン

    傾カブキモノ物語ガタリ」は「猫ネコモノ物語ガタリ(白)」よりも面白い。
    コアなファンやフリークが多いと思うので、私があれこれ書くのは必要ないと思う。
 
   
蛇足になるが、4月から始まったアニメでは、「進撃の巨人」が6月中旬あたりから面白さが増してきた。
 INFO
 進撃の巨人


7月から始まったアニメは、私的には"当たり!"だった。

さ~て、10月から、どんなTVアニメが登場してくるのだろうか。
 

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる