今頃になって…(>_<)

旧聞ですが、今年の3月にJAZZを2回聴きに行った。
シャイ・マエストロ トリオと板橋文夫 FIT!
彼らの音の世界に私は惹きこまれてしまった。

シャイ・マエストロ トリオの演奏はインテリジェンスとリリシズムに溢れていた。
JAZZの表現世界にクラシックの世界観を感じさせられるところがあり、スパニッシュやラテンのリズムや音の響きを用いたり、ルーマニアだったかブルガリアだったかのシンガーの曲(traditionalな曲?)を演奏したり…と、それぞれの曲が持っている世界観をくっきりと浮かび上がらせていた。
そのうちの1曲がこれ!"Painting"。↓

 http://www.youtube.com/watch?v=OpeaU48vNKU

他に同じアルバムからの"Sleeping Giant"。
そして次のアルバムに入れるとか言っていた"Paradox"もわたし好みで、たいへんよかった。


板橋文夫(p)を見ていて、若いころの山下洋輔の演奏を思い浮かべていた。
ガーシュインの"FASCINATING RHYTHM"は楽しかった。
2曲続けて演奏された東日本大震災をモチーフにした「時間の止まった街」(?)[飯館村](?)がすごくよかった。曲名は間違えているかと思いますがご参考まで。
板橋文夫の未だ衰えぬバイタリティーとjazzという表現形式にかける情熱は素晴らしいと思った。

 板橋文夫のHP↓(曲を聴けます) 

 http://www.myspace.com/fumioitabashi


ひとそれぞれ、音楽のテイストの違いはあると思いますが、いい時間を過ごせて満足)^o^(
スポンサーサイト

テーマ : ダンモ
ジャンル : 音楽

東京散歩:調布_ゲゲゲの鬼太郎

調布駅から天神通り商店街に行くと、商店街の入り口で"鬼太郎"が街灯の上から"welcome!"。↓

天神通り商店街-01鬼太郎a
天神通り商店街-01鬼太郎a posted by (C)トロイ

甲州街道まで商店街を歩いていくと、「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みのキャラクターたちに会える。

"鬼太郎"。手の上には"目玉おやじ"が…。↓

天神通り商店街-01鬼太郎b
天神通り商店街-01鬼太郎b posted by (C)トロイ

肩肘をついて寝そべっている"ねずみ男"。いかにもといった感じのその存在感。↓

天神通り商店街-02ねずみ男
天神通り商店街-02ねずみ男 posted by (C)トロイ

"一反木綿"に乗っていずこかに馳せ参じる(?)"猫娘"↓

天神通り商店街-03猫娘と一反木綿
天神通り商店街-03猫娘と一反木綿 posted by (C)トロイ

切株に座っている"ぬりかべ"。

天神通り商店街-04ぬりかべ
天神通り商店街-04ぬりかべ posted by (C)トロイ

そして、再び"鬼太郎"。"目玉おやじ"は鬼太郎の頭の上だ。

天神通り商店街-01鬼太郎c
天神通り商店街-01鬼太郎c posted by (C)トロイ

鬼太郎が住んでいるとか言われている布多天神社の奥の雑木林。

布多天神社-06拝殿c_本殿
布多天神社-06拝殿c_本殿 posted by (C)トロイ

こちらは、祇園寺の本堂↓
本堂の縁の下は、「ゲゲゲの鬼太郎」での妖怪たちの集会所。

祇園寺-05本堂a
祇園寺-05本堂a posted by (C)トロイ

深大寺門前の鬼太郎茶屋でも鬼太郎たちにお目にかかれる。↓

深大寺_その他-鬼太郎茶屋c_デカ!!! 鬼太郎の下駄。
深大寺_その他-鬼太郎茶屋c_デカ!!! 鬼太郎の下駄。 posted by (C)トロイ

  リモコン下駄?↑

深大寺_その他-鬼太郎茶屋b
深大寺_その他-鬼太郎茶屋b posted by (C)トロイ

深大寺_その他-鬼太郎茶屋d
深大寺_その他-鬼太郎茶屋d posted by (C)トロイ


調布は近藤勇・新撰組、そして水木しげるやつげ義春の作品でお馴染みなところ。
つげ作品に登場したところを散歩するサイトなどもある。
布多天神社はつげ義春の作品にも登場している、と書かれていた。

近藤勇といい、つげ義春といい、そして水木しげるといい、調布はそれぞれの時代の殻を打ち破った人たちにとってのパワースポットなのかもしれない。

そして、これからも…。


余談になるが、布多天神社はパワースポットとしてTVで紹介されたそうだ。
御神牛の鼻は、フィレンツェの広場にあるイノシシの像の鼻のように、大勢のひとに撫でられてつや光りしている。

布多天神社-05c御神牛・神楽殿・狛犬
布多天神社-05c御神牛・神楽殿・狛犬 posted by (C)トロイ


⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

  東京散歩:調布駅界隈

画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。
寄っていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

東京散歩:新撰組_近藤勇の生家跡・墓(龍源寺)・揆雲館

調布の布多天神社に行ったとき、道路側に向いている案内板が二つあった。
境内からは何が書いてあるのか見えないので、いったん境内を出て案内板を見に行った。
かなり古い案内板で、板面が汚れているうえに、文字が滲んだり掠れてしまっていた。
「近藤勇と新撰組のゆかりの地」としてのINFOだった。↓

布多天神社-04a「近藤勇と新撰組ゆかりの地]INFO
布多天神社-04a「近藤勇と新撰組ゆかりの地]INFO posted by (C)トロイ

帰宅して、近藤勇と調布について検索した。
それで、近藤勇の墓と生家跡があるのを知った。

野川公園の南側、人見街道にある龍源寺。↓

龍源寺-01
龍源寺-01 posted by (C)トロイ

門前の左側に近藤勇の胸像と天然理心流の碑がある。↓

龍源寺-04近藤勇像・天然理心流碑・庚申塔etc.
龍源寺-04近藤勇像・天然理心流碑・庚申塔etc. posted by (C)トロイ

龍源寺-06近藤勇像
龍源寺-06近藤勇像 posted by (C)トロイ

龍源寺-08_近藤勇と天然理心流の碑
龍源寺-08_近藤勇と天然理心流の碑 posted by (C)トロイ


境内はこんな感じです。↓

龍源寺-10本堂a
龍源寺-10本堂a posted by (C)トロイ

龍源寺-10本堂c
龍源寺-10本堂c posted by (C)トロイ

 ↑左側に見える竹林の先、右側に近藤家の墓所がある。

龍源寺-11長寿観音
龍源寺-11長寿観音 posted by (C)トロイ

龍源寺-12a
龍源寺-12a posted by (C)トロイ

墓地には近藤勇の「辞世」の碑と近藤勇・近藤勇五郎・近藤新吉などの墓が並んで建てられている。↓

龍源寺-13近藤勇の墓b
龍源寺-13近藤勇の墓b posted by (C)トロイ

龍源寺-13近藤勇の墓a_INFO
龍源寺-13近藤勇の墓a_INFO posted by (C)トロイ

龍源寺-13近藤勇の墓c_近藤勇 辞世の碑
龍源寺-13近藤勇の墓c_近藤勇 辞世の碑 posted by (C)トロイ

龍源寺-13近藤勇の墓d_近藤勇の墓(右から2つ目)&近藤新吉(左から2つ目)
龍源寺-13近藤勇の墓d_近藤勇の墓(右から2つ目)&近藤新吉(左から2つ目) posted by (C)トロイ

近藤勇の墓の側面には、読み間違いがなければ、「慶應四年戌辰四月廿五日」と刑に処せられた年月日が彫られている。↓

龍源寺-13近藤勇の墓f_近藤勇の墓(慶應四年戌辰四月廿五日)
龍源寺-13近藤勇の墓f_近藤勇の墓(慶應四年戌辰四月廿五日) posted by (C)トロイ

近藤家の墓所の反対側には横穴古墳供養塔と佛穴(穴佛)がある。

龍源寺-14横穴古墳供養塔・佛穴
龍源寺-14横穴古墳供養塔・佛穴 posted by (C)トロイ


野川公園入口向かって龍源寺のある通り(人見街道)を歩いていくと近藤勇の生家跡があった。

野川公園入口の信号のあるところに、牢屋の格子を思わせる「堅牢地神」の社↓

近藤勇生家跡-01堅牢地神
近藤勇生家跡-01堅牢地神 posted by (C)トロイ

その隣には近藤神社↓

近藤勇生家跡-03近藤神社
近藤勇生家跡-03近藤神社 posted by (C)トロイ

その横が近藤勇の生家跡などのINFOと近藤勇の産湯の井戸がある。↓

近藤勇生家跡-03_INFO
近藤勇生家跡-03_INFO posted by (C)トロイ

近藤勇生家跡-02d_近藤勇 産湯の井戸
近藤勇生家跡-02d_近藤勇 産湯の井戸 posted by (C)トロイ

生家跡がある通り(人見街道)の向かい側(写真では右側)には近藤道場「揆雲館」の建物がある。↓

近藤勇生家跡-02a
近藤勇生家跡-02a posted by (C)トロイ

近藤道場揆雲館-02a
近藤道場揆雲館-02a posted by (C)トロイ

 大正に復元されたものだそうだが、いまや「廃屋」然といった感じになってしまっている。
残念(>_<)


⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

  調布市散歩:新撰組_近藤勇の墓(龍源寺)・生家跡・揆雲館

画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。
寄っていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

東京散歩:La Vie en rose(バラ色の人生)~神代植物公園ばら園~

2週間前になるが、久しぶりに神代植物公園にバラを見に行った。

ばら園には、まだゴールデンウィーク中なのかと思うくらいに大勢の人が訪れていた。
コンデジやデジ一眼の普及、スマホのフォト機能の向上などで、「ばら園」の至る所でパチリ、パチリ。
同じ薔薇を角度を変えて幾度もシャッターを切ったり、クローズアップで幾枚も撮っている人が多かった。

バラの香りを嗅いでいるもひともけっこういた。


「ばら園」に来ると、シャンソンの「ラ・ヴィ・アン・ローズ」のメロディが頭を過ぎる。
子供の頃、薔薇をを見ると、「野ばら」を口ずさんでいたここと関係があるのかもしれない。

神代植物公園_ばら園-04
神代植物公園_ばら園-04 posted by (C)トロイ

 ↑フレーム内に人が入らなくなるまで、じっとガマンの子だった(笑)

神代植物公園_ばら園-22
神代植物公園_ばら園-22 posted by (C)トロイ


薔薇の名前がわかるフォト↓

神代植物公園_ばら園-06グランド・ホテル
神代植物公園_ばら園-06グランド・ホテル posted by (C)トロイ

 ↑映画「グランド・ホテル」を思い出す。

神代植物公園_ばら園-08コンテスバンダル
神代植物公園_ばら園-08コンテスバンダル posted by (C)トロイ

神代植物公園_ばら園-14ブライダル・ピンク
神代植物公園_ばら園-14ブライダル・ピンク posted by (C)トロイ

 ↑若い女性に人気があった薔薇。

神代植物公園_ばら園-15ふれ太鼓
神代植物公園_ばら園-15ふれ太鼓 posted by (C)トロイ

など。


薔薇の名前と言えば、映画「薔薇の名前」。

映画では、他に「野ばら」「バラの刺青」(主題歌も有名) 「ザ・ローズ」などがあった。
「市民ケーン」では、新聞王だったケーンが「バラのつぼみ」という謎の言葉を残して死んだし…。

ローズ・マリー・クルーニーという歌手もいた。
そして、Guns N' Roses !!

塚本邦雄の「死せるバルバラ」。
おっと、これは薔薇ではなく女性の名前だった。思わず脱線!(笑)


つるバラも綺麗だった。↓

神代植物公園_ばら園-23つるチャールストン
神代植物公園_ばら園-23つるチャールストン posted by (C)トロイ

神代植物公園_ばら園-25カクテル
神代植物公園_ばら園-25カクテル posted by (C)トロイ


昼間のコンサート・イベントで、女性シンガーがジャズのスタンダードや有名なスクリーン・ミュージックを歌っていた。
帰宅してネットで検索したら、沖野ゆみさんとのことだった。


久しぶりに芝生に寝転がった。
日差しは強かったが気持ちがよかった。

神代植物公園_ばら園-27芝生でのんびり
神代植物公園_ばら園-27芝生でのんびり posted by (C)トロイ


芍薬や石楠花も楽しめた(^^♪
花期はそろそろ終わりかなぁと思っていたのでラッキーだった。

温室ではヒスイカズラの花を見ることができた。↓

神代植物公園_大温室-ヒスイカズラ
神代植物公園_大温室-ヒスイカズラ posted by (C)トロイ


こんな俳句を書いたことがある。↓

    アコーディオン
 薔薇色の手風琴を奏くゴリラ



*俳句という既成概念に捉われない"575"を書いています。↓

  575の宙に Let's gonnna go !

 お立ち寄りいただければ嬉しいです。



⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

  神代植物公園・水生植物園・植物多様性センター 

 画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。
 
 見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you!

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

東京散歩:目黒区 さわら庚申と道標~十日森稲荷神社~油面公園~とちの木庚申~永隆寺~馬喰坂上の庚申塔群~十七が坂庚申塔~長泉院~藤(とう)の庚申堂~中目黒南緑地公園~田道庚申塔群~目黒区民センター

前回は長泉院附属現代彫刻美術館の記事を書いた。
今回は、駒沢通りの「さわら庚申と道標」から十日森稲荷神社、さらに長泉院そして目黒区民センターまで歩いたときのフォトです。

 さわら庚申と道標(駒沢通り)↓

さわら庚申と道標-01a
さわら庚申と道標-01a posted by (C)トロイ

さわら庚申と道標-03
さわら庚申と道標-03 posted by (C)トロイ

さわら庚申と道標-02道標
さわら庚申と道標-02道標 posted by (C)トロイ

 同じく駒沢通りにある十日森稲荷神社↓

十日森稲荷神社-06鳥居・拝殿
十日森稲荷神社-06鳥居・拝殿 posted by (C)トロイ

烏のアタックを受けた。
神社の横の細道を歩いていた女性が悲鳴を上げた。彼女も烏に攻撃されたのだ。
時季が悪かったのかもしれないが、ここのカラスには要注意!


 油面公園↓

油面公園-01つつじ・時季外れの菜の花
油面公園-01つつじ・時季外れの菜の花 posted by (C)トロイ

公園名の由来のもととなった菜の花の時季は終わっていた。写真的には残念。


 中町緑地せせらぎ公園↓

中町せせらぎ緑地公園-01つつじ
中町せせらぎ緑地公園-01つつじ posted by (C)トロイ


 とちの木庚申↓

見過ごしてしまい、あちこち歩きまわされてしまった(笑)

庚申塔-01とちの木庚申a
庚申塔-01とちの木庚申a posted by (C)トロイ

 目印は電話ボックス(バス停:自然園下)


 永隆寺↓
このお寺も気がつかずに通り過ぎてしまった。
このお寺の墓地と思われるものがあったのに、肝心のお寺がない?!
油面公園で見た散歩コースのINFOの地図が私には解りにくかったことある。

永隆寺-06墓地a
永隆寺-06墓地a posted by (C)トロイ

永隆寺-01
永隆寺-01 posted by (C)トロイ


ちなみに、私はガイドブックや地図などを持っていないし、NAVIもなしで散歩をしています。
時代遅れの散歩ですが、道を間違えたおかげで思いもかけない発見がけっこうあります。
それを楽しんでいます。


 馬喰坂上の庚申塔群↓

庚申塔-03馬喰坂上の庚申塔群a
庚申塔-03馬喰坂上の庚申塔群a posted by (C)トロイ


 十七が坂庚申塔↓

庚申塔-02十七が坂庚申塔b
庚申塔-02十七が坂庚申塔b posted by (C)トロイ


 実相寺↓

実相寺
実相寺 posted by (C)トロイ

道に小さな案内板がなかったら、たぶん、この寺も見つけるのに時間がかかったと思う。


 長泉院↓

長泉院-01
長泉院-01 posted by (C)トロイ

長泉院-10松崎鑛慊堂(こうどう)墓
長泉院-10松崎鑛慊堂(こうどう)墓 posted by (C)トロイ

長泉院-11
長泉院-11 posted by (C)トロイ


長泉院附属現代彫刻美術館については前回の記事(5月9日:カテゴリ_アート)を見ていただけると嬉しいです。↓

 長泉院附属現代彫刻美術館


 藤(とう)の庚申堂↓
なべころ坂緑地公園の角にある。

庚申塔-04藤(とう)の庚申堂b
庚申塔-04藤(とう)の庚申堂b posted by (C)トロイ


 なべころ坂緑地公園↓

なべころ坂公園
なべころ坂公園 posted by (C)トロイ


 中目黒南緑地公園↓

中目黒南緑地公園-01つつじ
中目黒南緑地公園-01つつじ posted by (C)トロイ


 田道庚申塔群↓

田道庚申塔群-01
田道庚申塔群-01 posted by (C)トロイ


 目黒区民センター↓

目黒区民センター公園-01ヤマモモの木・藤棚・つつじ
目黒区民センター公園-01ヤマモモの木・藤棚・つつじ posted by (C)トロイ

目黒区民センター_つつじとプール
目黒区民センター_つつじとプール posted by (C)トロイ

目黒区民センター公園-02松の芯
目黒区民センター公園-02松の芯 posted by (C)トロイ


  若き日よ思い遥かに松の芯


⇒この記事に関連するフォト・アルバムはこちらです。↓

 目黒区散歩:さわら庚申~長泉院~目黒区民センター界隈

画像をクリックして、大きなサイズでも見ることができます。
見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

東京散歩:長泉院附属現代彫刻美術館(目黒区)

目黒区にある長泉院附属現代彫刻美術館は、
肩を張らずに現代彫刻の作品を楽しめるアートスポットだ。

長泉院附属現代彫刻美術館-09本館前b森の大合唱_明田一久_2013年
長泉院附属現代彫刻美術館-09本館前b森の大合唱_明田一久_2013年 posted by (C)トロイ

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-14飛_堀口泰造
長泉院附属現代彫刻美術館-本館-14飛_堀口泰造 posted by (C)トロイ

INFO↓

長泉院附属現代彫刻美術館


屋外に展示されている彫刻作品はもちろん、美術館本館に展示されている彫刻作品を無料で鑑賞できる。
何事においても、まずは「金儲け」がプライオリティを有している現在の社会状況を鑑みれば、これはすごいことだと思う。


初夏のこの時季は、彫刻とのバランスを考えて設置されている石のベンチに坐り、彫刻を眺めながら、ときには目を瞑ってボケ~…というのもいい。

作品を見ていると、彫刻家たちが彼らの作品に込めたさまざまな思いが伝わってくる。
作品を完成させるまでの彫刻家たちひとりひとりの目には見えないbody and soulの力に包まれてくる。
神社・仏閣や森・樹木や滝などのパワースポットとは違うかもしれないが、ここも一種のパワー・スポットだ。

美術館の雰囲気を少しでも感じ取ってもらえればと思う。

長泉院附属現代彫刻美術館-つつじ01

長泉院附属現代彫刻美術館-つつじ02

長泉院附属現代彫刻美術館-光_川崎普照(かわさき ひろてる)&つつじ03


野外に展示されている彫刻の中から、
人間という存在の<個>の内面の在りかたを具現化し、定着させている作品の一部です。

 "Brief Moment"_青野セクウォィア2005年↓

長泉院附属現代彫刻美術館-Brief Momennt_青野セクウォィア2005年


 "L 第1防波堤"_峯田敏郎↓

長泉院附属現代彫刻美術館-L 第1防波堤_峯田敏郎


 "風の日島を出た女-岬-"_峯田義郎1974年↓

長泉院附属現代彫刻美術館-風の日島を出た女-岬-峯田義郎1974年

峯田義郎さんと峯田敏郎さんはご兄弟のようです。
美術館本館内にもお二人の作品が展示されています。

 "想"↓ 

長泉院附属現代彫刻美術館-想

作家名をメモってくるのを忘れました。失礼しました。
作品名・作家名などを小さなメモ帳に汚い文字ではしょってメモってしまい…。
諸処誤りがあるんじゃないかと思います。お許しください。


野外展示されている作品の一部です。

 "内側のかたち 06-1"_菅原二郎2006年↓

長泉院附属現代彫刻美術館-内側のかたち 06-1_菅原二郎2006年

 物理的に「物」(原子なども含む)として存在しているものの内側(内面)を象徴しているとともに、
 不可視である私たちの複雑な心理状態の内側にあるもの(深層心理)の構造を目に見えるひとつの形として暗示しているようにも思える。
 先天的あるいは遺伝的なものをスチールで象り、スチールに囲まれている空間にある見えないもの、それが後天的に培われたそれぞれの深層心理にあたる…とか。

 "森の大合唱"_明田一久2013年↓

長泉院附属現代彫刻美術館-森の大合唱_明田一久_2013年

 森に棲むペンギンたちのドキュメンタリー作品をTVで見たことがある。
 一見、微笑ましい印象を受けるが、
 自然破壊、環境破壊へのシュプレヒコール、或いはテラ(terra)へのレクイエムなのかも。
 そのレクイエムが、時を経て、ベートーベンの「歓喜の歌」に昇華されることを…。

 "冬将軍"_鈴木徹↓

長泉院附属現代彫刻美術館-冬将軍_鈴木徹

 ナポレオンやヒトラーを敗退させた冬将軍。
 他を圧する精神的肉体的な剛さ・逞しさ。その存在は他を寄せ付けな威圧感に満ちている。
 その一方で、自然や動植物や人間への慈しみを秘めているようにも思える。
 
 シェリーの詩の一節。
 If winter comes, can spring be far behind?
 (冬来たりなば春遠からじ)


美術館本館の入口前にはこんな作品も展示されている。

 "波に乗れ"&"雲に乗れ"_田中毅↓

長泉院附属現代彫刻美術館-「波に乗れ」「雲に乗れ」_田中毅

 彫刻の世界にエンタメの要素が!アニメを見ているような楽しい作品。


現代彫刻美術館本館

長泉院附属現代彫刻美術館本館


現在、美術館本館1階をメインにして「石彫りの現況 2013」が開催されている(2013.4.20~2013.6.2)。


パンフレットには、
「この展覧会はこれから石彫りを担っていく作家たちの意思表示である」
と記されている。
(入口にゲスト・ブック=来館者記入用とともにパンフが置いてある)

展示されている作品のひとつひとつが、まるで、「我思う故に我あり」といった感じで私にその存在感(「作家たちの意思表示」)をアピールしてくる。
展示されいる室内という空間と照明などの明暗がその感じを一層際立たせているのだろう。


1階の作品の一部です。

 砂川泰彦 "RAIN STORM/surge"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-RAIN STORM-surge_砂川泰彦 2013

 宙にあるすべてのものが海の藻屑と化して"surge"に呑み込まれてしまいそうな勢いが感じられる。
 また、豪雨の雨粒のひとつが、たとえば、道路の硬い表面に激しく弾け散る様を超スローモーションで超マクロ撮影をしたらこんな風に映るのかもしれない。
 そんな"RAIN STORM"の凄まじさが伝わってくる。

 土井満治 "ウインドウ"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-ウインドウ_土井満治 2013

 私がひと目ぼれした作品。
 不思議なエキゾチックなムードに満ちている。
 見ていると、いつしかデジャヴの世界に迷い込んでしまいそうだ。

 菅原二郎 "内側のかたち"↓
長泉院附属現代彫刻美術館-本館-内側のかたち_菅原二郎 

 野外に展示されている上述の作品を"剛"とすれば、こちらは"柔"。
 そして、前者は男性の"内側のかたち"、後者は女性の"内側のかたち"。
 前者では"bodyのかたち"がより強く打ち出されているが、後者は"soulのかたち"の追及に力が注がれている。
 
 そんな印象を受けた。

 下川慎六 "marine"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-marine_下川慎六 2013
  
 "marine"の美しさに魅入られたのに、うまく撮れなかった(T_T)

他の何枚かの写真も、家でPCにアップしたらピンボケなどでガックリ(笑)


2階
こちらも大いに楽しめた。
作家たちの命題が彼らの作品に様々な形として具現化されている。

 峯田敏郎 "とまどい、そして、よぎった人"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-とまどい、そして、よぎった人_峯田敏郎

 画像ではわからないが、向かって左側の道に、過ぎっていく人の靴跡が時間の流れ・経過として遺されている。
 ヒロインの足と比べると靴跡が小さい。
 タイトルを見たとき、過ぎった人は男性だと思った。
 だが、靴跡からすると女性???
 とすると、ヒロインにまつわる、また違ったストーリーが生まれてくる。

 峯田敏郎 "記念撮影"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-記念撮影-峯田敏郎

 これも、見ているものにストーリーを想起させる。
 シャッターが押されるまでのヒロインの緊張感までが伝わってくる。
 その緊張感のもたらすヒロインの置かれている状況は…などど想ってしまう。

野外展示場にある峯田敏郎の作品もそうだが、彼の作品はヒロインの心理状態やその心理状態に至るまでのストーリーが感じられる。
いわば、小説彫刻!

熊坂兌子(なおこ)の3作品「ランナー」「本能」「東雲の門、どれもいい。

 「ランナー」↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-ランナー_熊坂兌子(なおこ)

この躍動感!ランナーの息遣いや足音、身体が風を切る音、そして汗までが感じられる。

 「本能」↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-本能_熊坂兌子(なおこ)

 女性作家ならではオリジナリティに溢れている。
 女性の「本能」の複雑さと奥深さ。
 女性に比べれば、男性の「本能」は、言ってしまえば、はるかにシンプルで直接的。
 それが表現されている。

 「東雲の門」↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-東雲の門_熊坂兌子(なおこ)

 穏やかで、温かく、優しい光に包まれた門が、"Have a nice day!"と声をかけてくる。


私が興味を抱いたその他の作品は、

 堀口泰造 "飛"↓

長泉院附属現代彫刻美術館-本館-飛_堀口泰造

 子供の頃、鳥のように空を飛びたかった。
 このスピード感!この飛翔感!この"飛"のかたち!
 
 サール・シュワルツ "哲学者"↓
長泉院附属現代彫刻美術館-本館-哲学者_サール・シュワルツ

 哲学者の思考回路を覗き見たような気がした。
 数学者の思考回路も覗いて見たくなる。

 空充秋 "合掌"↓
長泉院附属現代彫刻美術館-本館-合掌_空充秋

 普段、深く考えもせずに手を合わせているが、合掌をこんな風に作品にできるとは!
 バベルの塔とは違い、日々の「合掌」が私たちを浄土へと導いてくれる。そう思わせてくれる作品。

などである。

空充秋の他の作品のひとつ。
馬喰坂上の庚申塔群のある十字路から美術館に歩いていくと大きな石造彫刻門(和の目門 広開浄土門_空充秋1996) が私たちを迎えてくれる。

長泉院附属現代彫刻美術館-和の目門(広開浄土門)_空充秋1996年


素晴らしい作品がまだまだたくさん展示されている。


最後は、野外に展示されているこの作品で…。

長泉院附属現代彫刻美術館-平成の大馬鹿門_sora(空)a

長泉院附属現代彫刻美術館-平成の大馬鹿門_sora(空)b


アートが好きな人に、ぜひ、一度は訪れてほしい。そんな思いを私に抱かさせる美術館だ。


この美術館の他の展示作品のフォトも見ていただけると嬉しいです。

現代彫刻美術館(野外展示場)の展示作品のフォトアルバム↓

 http://photozou.jp/photo/list/2993265/7750918


現代彫刻美術館本館の展示作品のフォトアルバム↓

 http://photozou.jp/photo/list/2993265/7756562

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京散歩:つつじ

 根津神社↓

つつじ_根津神社-01

つつじ_根津神社-02

つつじ_根津神社-03

つつじ_根津神社-04

つつじ_根津神社-05


十七が坂庚申塔↓

つつじ-09


 中目黒南緑地公園↓

つつじ-07


 目黒区民センター↓

つつじ-08


 その他↓ 

つつじ-01

つつじ-02

つつじ-05

つつじ-03


つつじの画像の追加です。↓

つつじ_世田谷公園a
つつじ_世田谷公園a posted by (C)トロイ


つつじ_世田谷公園c_鯉のぼり
つつじ_世田谷公園c_鯉のぼり posted by (C)トロイ


つつじ_世田谷区下二図書館a
つつじ_世田谷区下二図書館a posted by (C)トロイ


長泉院附属現代彫刻美術館-12a彫刻とつつじ
長泉院附属現代彫刻美術館-12a彫刻とつつじ posted by (C)トロイ


この日記に関連したフォトアルバム↓


 根津神社界隈


関連ブログ↓

 世田谷公園など

 長泉院附属現代彫刻美術館

 目黒区散歩:長泉院現代彫刻美術館界隈


お立ち寄りいただければ嬉しいです。

Thanks a lot in advance.


テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

東京散歩:千歳烏山駅界隈(寺町・つつじ園・屋敷林)

以前は、仲の良かった人と食事に行ったり、クラシックの演奏会を聴きに行ったりしていた千歳烏山。

そんな千歳烏山の寺町の寺院や躑躅などを撮ってみました。


烏山寺町(せたがや百景)。


 多聞院の仏足石↓

烏山寺町-01多聞院_仏足石a


烏山寺町-01多聞院_仏足石b


 妙壽寺↓

 宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の詩碑・藤原正次作の梵鐘などがある。

烏山寺町-02妙壽寺(雨ニモ負ケズの詩碑・藤原正次作梵鐘)


 専光寺↓
 喜多川歌麿の墓

烏山寺町-03専光寺・喜多川歌麿の墓


 高源院の弁天池(烏山鴨池_せたがや百景)・弁天堂(浮御堂)↓

烏山寺町-04高源院・弁天池


 妙善寺↓
 為永春水の墓

烏山寺町-05妙善寺_為永春水の墓

など。

寺町だからと言ってしまえばそれまでだが、都会の喧騒からしばし離れて、落ち着いた穏やかな時間にひたれる。


烏山西沢つつじ園(せたがや百景) & 烏山つつじ緑地。


西沢つつじ園 & 烏山つつじ緑地-01

西沢つつじ園 & 烏山つつじ緑地-02

西沢つつじ園 & 烏山つつじ緑地-03

西沢つつじ園 & 烏山つつじ緑地-04


西沢つつじ園⇔千歳烏山駅の途中にある屋敷林

 屋敷林の入口↓

屋敷林-01

 つつじも咲いていた。↓

屋敷林-02つつじ

 こんな碑もある。

 下山千歳白菜発祥之地碑↓

屋敷林-03下山千歳白菜発祥之地碑


 藏↓
 
屋敷林-04藏


 旧母屋↓

屋敷林-05旧母屋


井戸(ポンプ)と竹林↓ 
屋敷林-06井戸と竹林


 竹林と筍(タケノコ)↓

 季語にある「竹の皮脱ぐ」の時季だ。

  
屋敷林-07竹林と筍(たけのこ)


 闇深し竹の皮脱ぐ思春期よ




*以前書いていた俳句はこちらのサイトにあります。↓

 575の宙に Let's gonna go!
 

*千歳烏山駅界隈のフォトアルバムはこちらです↓

 Please visit the album below.↓

 http://photozou.jp/photo/list/2993265/7720146

 画像をクリックして、大きなサイズで見ることもできます。


Thank you.

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

東京散歩:新緑

目には青葉 山郭公 初松魚  山口素堂

天気がいい日に散歩をすると、桜並木や欅の並木そして銀杏並木などの新緑を告げる瑞々しい青葉が美しい。
もみじ・楓や蔦の葉も負けず劣らず綺麗だ。

小さな木々も負けてはいない。明日へのエネルギーが伝わってくる。

初夏の緑へスタンバイ-01

初夏の緑へスタンバイ-02

初夏の緑へスタンバイ-03


松の芯もまっすぐに空に向かって伸びている。

初夏の緑へスタンバイ-04松の芯



「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の時季がやってきている(^^♪

以前、白山界隈を散歩していたとき、嚴浄院の境内に山口素堂のお墓と句碑があった。

嚴浄院_山門
厳淨院-01

山口素堂「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句碑
厳淨院-02素堂の句碑

山口素堂の墓
厳淨院-03素堂の墓

俳句を書いていたことがあるので、江戸時代を知っているわけでもないのに、ちょっとしたノスタルジーみたいなものを感じた。



 575の宙に Let's gonna go!


*厳淨院(嚴浄院)のフォトは下記のアルバムにあります。↓

 白山・小石川植物公園界隈

覘いていただければ嬉しいです。

テーマ : 東京散歩
ジャンル : ブログ

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる