~裸木_秘めたる想ひ~

明日へ-03a
明日へ-03a posted by (C)トロイ

   *逢瀬とふ色混じりあふ裸木よ




明日へ-02b
明日へ-02b posted by (C)トロイ

   *裸木の昨日今日明日共にせむ




明日へ-04a
明日へ-04a posted by (C)トロイ

   *裸木の夜のさみしき風の音




明日へ-01a(1)
明日へ-01a(1) posted by (C)トロイ


   *裸木の秘めし想ひのさやぐかな


 

明日へ-05
明日へ-05 posted by (C)トロイ

   *風雪にたぢろぎのなき裸木よ




こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景


そして、↓

   『for 「575の宙」』


他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.



スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

うそっぷ花ものがたり~其之貮~

道すがら_花壇-01
道すがら_花壇-01 posted by (C)トロイ


 花の光に導かれて昏い回廊(?)を歩いていくと、わずかだが視界が開けてきた。

 花壇の広場といった感じの空間は広くはなかったが、その中央にベンチがひとつ設置されていた。


 私がこの植物園に来てからそれほど時間は経っていないのに、ベンチを見た途端、どっと疲れが出てきた。

 昏いところを歩いてきたことによる肉体的な疲れもあるが、云いようのない精神的な疲れの方が強かった。

 私はベンチに腰をかけて、精神的にもなんとかひと息つけた。


 時間を確認したくなりポケットからケータイを取り出した。

 なんと、ケータイの日時の表示がダメになっていた。
 日にちと曜日は表示されず、時刻は00:00になってしまっている。

 この植物園の花の展示室には特殊な磁場が形成されているのかもしれない。


 しばらく休んだ後、私は、蛍光塗料のように妖しく光る"⇒"に従って、足元に注意しながら、ゆっくりと暗い道を再び歩んでいった。


 まずは、予想だにしなかった花の園に出た。

 八畳間ほどの広さだが、こんなに美しい花園を私は見たことがなかった。


花彩-06虹色スミレa
花彩-06虹色スミレa posted by (C)トロイ


 美しいものを見聴きすると、元気が出てくる。

 先行きへの期待感のようなものも湧いてくる。



花彩-08
花彩-08 posted by (C)トロイ


 そんな私のこころの動きに応えるかのように、高層ビルの屋上庭園に植えられているような小さな木が満開だった。

 日出国の"国花"よりも国民に広く親しまれている"桜の花"に似ているなぁ、と私は想った。



 花彩-05b
花彩-05b posted by (C)トロイ


 こちらの花はヒナギクの一種なのだろうか?

 この花は私にシドニー・ベシェ(Sidney Bechet)の「可愛い花」(Petite Fleur)という曲を思い出させた。
 当時、ラジオから、ピーナッツ・ハッコーの演奏による曲がよく流れていた。↓
 
  https://www.youtube.com/watch?v=o4znY3CgT5Q

 "クラリネットの音⇔チャルメラ"という安易な概念にとらわれていたティーンズの私にとって、このクラリネットの音色はとても印象的だった。


 そんな思い出に浸っていられたのも、ほんのいっときのことだった。



花彩-07a
花彩-07a posted by (C)トロイ


 私は、この昏い花により、へヴィーなメランコリックな状態に引き戻されてしまった。


 本来なら、この花たちも"可愛い花(Petite Fleur)"なのに、花たちを取り囲む情況が悪すぎる。 

 この情況を統べるものの顔までが見えてくる。


 私は、『喜びも悲しみも幾年月』という一般的には受けるであろう"ノー"天気なことなどは言っていられなくなってしまった。



花彩-04c
花彩-04c posted by (C)トロイ


 私の中の日出国の"国花"のイメージも違ったものになってきた。

 

花彩-10_from ベゴニア
花彩-10_from ベゴニア posted by (C)トロイ


 この植物園に来たことにより、 私は、『ここに幸あり 青い空』の世界には戻れなくなってしまった。

 言うなれば、『ここに幸なし 黒い雲』…の状況を再認識するハメに陥ってしまったのだ。


 過ぎし日の、そしてこれからの日々への様々な思い・想いが私の頭の中で交錯し始めた。



モミジ-03c(2)
モミジ-03c(2) posted by (C)トロイ 


 私は植物園を後にした。

 ネガティブな、そして底なしのEndless Dreamを見ているかのように…。
 
 


こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

 

テーマ : 夢小説
ジャンル : 小説・文学

うそっぷ花ものがたり~其之壱~

モミジ-03a
モミジ-03a posted by (C)トロイ


 晩秋のある日、私はかねてから訪れてみたいと思っていた植物園に出かけた。

 "植物園前"でバスを降りると、植物園の入口までの道の両側の紅葉が美しかった。


 チケット売場には誰も並んでいなかった。

 巷で人気の植物園にしては淋しい感じがした。


 四つあるチケットの窓口は一つだけ開いていた。

 …入園料はおつりがないように、お札でお願いいたします。
  お札は窓口に中に置いてください。…

 と、入園者へのお願いが書いてある。

 入園料は大人も子供も同じ1000yen。

 『大人一枚ください』


 窓口はガラスになっていたが、特殊なガラスなのか、こちらからは係りのひとの顔もチケット売場の室内の様子も見えない。
 こちらからは見えなくても内部からはチケット購入者の顔や室外の風景が見えるのだろう。
 さもないと、チケット係の精神衛生上に悪い影響が出かねない。
 

 私が窓口に置いたお札はまるでコンベアで運ばれるかのように売場の内部に吸い込まれていった。



押し花-01b
押し花-01b posted by (C)トロイ


 これが、私が窓口で受け取ったチケット(入園券)だった。

 映画館などの入場券などとは大違いの極薄のプラスチック製の美しいチケットだった。

 券面には、00000000の数字が刻まれていた。

 『えっ、なにこれ???』


 『ENTRANCE』の矢印に従って、私は歩いていった。

 歩くにつれて、周囲が次第に昏くなってきた。

 しばらく行くと、前方になにやら見えてきた。



花彩-03a花の扉
花彩-03a花の扉 posted by (C)トロイ


 『行き止まり?!
 ここが入口なのだろうか??』

 よく見ると、中央の部分が "ENTRANCE" のドアになっているようだ。

 大人が屈みながらやっと通れるほどの小さなドア。

 『お相撲さんは通れないよなぁ』
 などと、バカなことを思いながら私は両手でドアを開いて中に入っていった。



花彩-03c
花彩-03c posted by (C)トロイ


 中は思ったよりも広かった。
 光はあるのだが、全体的に昏く、なかなか目がその昏さになれてこない。

 振り返ると、私が通ったばかりの "ENTRANCE" が見える。
 ドアはしっかりと閉じられてしまっている。

 これでは、戻るに戻れない。


 蛍光塗料のように妖しく光る"⇒"に従って、私は足元に注意しながら、ゆっくりと歩んでいった。

 進むにつれて、空間が狭まってくる。

 高さも幅も2m強くらいであろうか。


 やがて、展示されている花のひとつが目に入ってきた。



花彩-04b
花彩-04b posted by (C)トロイ


 植物園なのに、花の名前や説明などは一切ない。

 この花を見て、なにをどう感じるのかは入園者のひとりひとりに任されているのだろう。


 四隅の白地に赤い部分が、私には日出国の旗のように思えた。

 この花がいちばん最初に展示されていることを鑑みると、 "国威高揚"を国是とする日出国の"国花"なのかもしれない。



花彩-02_a broken heart(2)
花彩-02_a broken heart(2) posted by (C)トロイ


 トンネルのような回廊(?)をさらに進んでいくと、こんな花が展示されていた。
 
 この花には、なにかしら、片想いのイメージにつながるものがある。
 私は、片想いが片想いのまま終わってしまったときのことを思いだした。

 私がこの花を名づけるとしたら、さしずめ、『叶わぬ想い』というところであろうか。



花彩-10_ベゴニア
花彩-10_ベゴニア posted by (C)トロイ


 私の心の動きを察知したかのような花があった。

 喜怒哀楽のごった煮のような花だ。

 『色即是空 空即是色』の境地には至れるはずもない私の現在の心象風景はこんな感じなのだろうか。



花彩-01c
花彩-01c posted by (C)トロイ


 昏い中をしばらく進んで行くと、回廊(?)の先に、私を導くような花の光が見えてきた。


(つづく)




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

東京散歩:裸木の林_都立林試の森公園

林試の森公園_せせらぎ橋より-01
林試の森公園_せせらぎ橋より-01 posted by (C)トロイ


    *落葉踏む無邪気な君の笑顔かな



林試の森公園_ナナメノキ-01
林試の森公園_ナナメノキ-01 posted by (C)トロイ



    *裸木の空よ微笑む君がいる



林試の森公園_裸木(モミジバスズカケノキ)-02
林試の森公園_裸木(モミジバスズカケノキ)-02 posted by (C)トロイ



    *裸木の凛と立ちたる向かい風



林試の森公園_裸木(ラクウショウの森)-03
林試の森公園_裸木(ラクウショウの森)-03 posted by (C)トロイ



    *裸木に止まる一羽のカラスかな



林試の森公園_裸木-01
林試の森公園_裸木-01 posted by (C)トロイ



    *限りある刻のながれを落葉樹



林試の森公園_裸木-04
林試の森公園_裸木-04 posted by (C)トロイ





お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

~花暦(1)~

寒椿-01b
寒椿-01b posted by (C)トロイ


    *寒椿 雨にうたれて宣教師


寒椿-02
寒椿-02 posted by (C)トロイ


    *寒椿 思いは重き命かな


寒椿-03
寒椿-03 posted by (C)トロイ



お願い:

*フォト・アルバム『for 「575の宙」』はこちらです。↓

   for 「575の宙」


また、
*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる