情景~虚実の間(4)~

富士山-02a(5)
富士山-02a(5) posted by (C)トロイ


    *穂芒よ不二の裾野の月の出よ


    *三椏の蕾よ禅林の淑気

    
    *閑かさやほつんと木の実落ちにけり


    *銀漢よ君の笑顔が眼に浮かぶ


    *春の夜の吾が目にゆがむ大聖堂



from St John's Catholic Cathedral Portsmouth-02b(6)
from St John's Catholic Cathedral Portsmouth-02b(6) posted by (C)トロイ



     *三椏(みつまた)       




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.


スポンサーサイト

テーマ : 加工・合成写真
ジャンル : 写真

私詩十六夜のマグリット~"想"のかたち~

from Rene Magritte_Elective Affinities(選択的親和力)-04
from Rene Magritte_Elective Affinities(選択的親和力)-04 posted by (C)トロイ


     あのひとを包んでしまった
     ほの暗い 沈んだ気配の部屋
     世紀末的鳥籠いっぱいに 大きな白い卵…
     寵愛を生み落とした
     かつての 白い夢想



from Rene Magritte_The Listening Room(盗聴の部屋)-03
from Rene Magritte_The Listening Room(盗聴の部屋)-03 posted by (C)トロイ


     あのひとを孕んでしまった
     月影の メランコリーな部屋
     思いつめた空気に息づく 大きな青い林檎…
     盲愛の影を曳いた
     かつての 青い妄想



from Rene Magritte_Le Tombeau Des Lutteurs(レスラーの墓)-01
from Rene Magritte_Le Tombeau Des Lutteurs(レスラーの墓)-01 posted by (C)トロイ


     あのひとを変えてしまった
     日の当たる 居心地のよい部屋
     有機的な情念がもたらす 大きな赤い薔薇…
     鍾愛が蘇えらせる
     かつての 赤い懸想



from Rene Magritte_(記念日)-03
from Rene Magritte_(記念日)-03 posted by (C)トロイ


     <私>が棲みついている 
     陽のあたらぬ グレイな部屋
     自由な思考を押しつぶす 大きな岩石…
     存在が選びやすい
     いつもの 無難な喚想


     重い想い 思い思い の "Sein" 哉




こちらもよろしく!

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

おしら様

『美の巨人たち』で『棟方志功 "飛神の柵"』を見て、シャガールの作品から私なりにこんな画像を創ってみた。


おしら様_from シャガール_赤い馬
おしら様_from シャガール_赤い馬 posted by (C)トロイ


ご参考までに、
wikipediaでの"おしら様"のページ↓

 おしら様



『おしら様』をこういうかたちで使ったことを大目に見ていただければありがたいです。



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。


Thank you in advance for your visit.

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

こんな画像ができました(^^♪

フォト蔵の会員のかたからのリクエストで、彼が希望した彼の写真から私なりの画像を創ってみることにした。
希望された「だまし絵」を創れる自信が私にはなかったが、まずは挑戦。


かつて、MIXIに入会したころ、マイミクのかたから、同じようなリクエストをされたことがあった。

そのときに創ったのものがこれ。↓

アフリカ
アフリカ posted by (C)トロイ


MIXIの日記にこの画像を使ったときにいただいたコメントとレスのやり取りはこんな感じだった。

[myself]
『Mさんが画像を載せた黒人の少年のあのカワイらしい笑顔』から作った画像を『夜明けへのかたち~アフリカ~』として新たにupしました。
Oh、,あの少年の笑顔はいったい何処へ?!(>_<)

[from M]
右と左が対極なイメージを感じます。
一瞬、右の方がキレイなイメージですが
右の方は、堕落。キレイなものが堕落していく様
逆に左は、這い出す感じです。
深いところから、必死に上に向って這い出しているように
そう見えます

[myself]
この画像が出来たとき、噴火のようなイメージだなぁと思った。
そして、噴火しているさまが火の鳥に見えた。

元になったあの少年の画像はナイロビなんだよね。
不思議だった。あの絵からこれが生まれたことが…。
で、タイトルはアフリカにしました。

と、まぁ、こんな流れだった。


話を元に戻すと、
オリジナルの画像の編集・加工は試行錯誤の連続。
そのプロセスでのひとつひとつの画像を保存しているわけではないので、その過程を示すことができない。


保存しておいた編集過程の画像。なんとか"かたち"になってきた↓

The Image (1)_isolation
The Image (1)_isolation posted by (C)トロイ


さあ、ここからが「だまし絵」のような画像ができるかどうかの正念場だ。


マルティプルな黒目を思わす画像ができた。↓

The Image (2) _iris of the eye-01
The Image (2) _iris of the eye-01 posted by (C)トロイ

その画像の色違いやさらに効果などを加えてみた。

The Image (2) _iris of the eye-06
The Image (2) _iris of the eye-06 posted by (C)トロイ

The Image (2)_ iris of the eye-05
The Image (2)_ iris of the eye-05 posted by (C)トロイ

もう一つ創ってみた。↓

The Image (3) _Light from the abyss of despair
The Image (3) _Light from the abyss of despair posted by (C)トロイ


時間はかかったが、自分なりにはまあまあの画像ができたと思う。


リクエストしたフォト蔵の会員のかたのオリジナルの写真の痕跡は、もはや、"あってなきがごとし"なので、彼が期待していたものとは、たぶん、まったく違ったものになってしまったことは否めない。


リクエストに応えることは実に難しい。

画家たちの作品が依頼主から受け取りを拒否されたエピソードが、私なりに、少しわかったような気がする。


〆はこの画像で、
 
夜行性メガネザル族エイリアン
夜行性メガネザル族エイリアン posted by (C)トロイ


  See you again. \(^o^)/
 
 


追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』はこちらです。↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


また、

*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

ルネ・マグリットの優雅なゆとり~「レディ・メイドの花束」の寓意~

マグリット_The ready-made bouquet
マグリット_The ready-made bouquet posted by (C)トロイ


マグリットの「レディ・メイドの花束」に描かれている妖精のような女性は女神フローラです。
マグリットはボッティチェリの「春」(ウフィツィ美術館所蔵)に描かれている<花の刺繍の施された羅(うすもの)を身にまとった春の女神フローラ>を見事に活かしています。
「春」の息吹=生命の謳歌を具現していると思われるボッティチェリの描いた女神フローラを黒の山高帽と黒いコートを身につけた後ろ向きの男性の背中に配するなんて…。
当のボッティチェリは、まさか自分の描いたフローラとそのフローラの姿に込めた「春」のモチーフがマグリットによってこんな風に使われるとは予想だにしなかったでしょう。「やられた」と、天国で微笑んでいるかもしれません。

「レディ・メイドの花束」に描かれているフローラは<レディ・メイド>ですから、その元をたどるとボッティチェリの「春」そして「ヴィーナスの誕生」に行きつきます。


ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」
ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」 posted by (C)トロイ


ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」では、海の泡から誕生したばかりのヴィーナスが貝に乗ってやってきます。そのヴィーナスに風を送っているのが西風の神ゼフュロスで、ゼフュロスに絡み付いているのがニンフのクロリスです。この二人は恋人同士のように見えます。

ゼフュロスの口から吹き出された風は美しい薔薇の花を海に撒き散らして行きます。そして海面はV(vita=lifeの"V"?)の字に波立っています。
陸(くが)からヴィーナスに花柄の赤い衣を差し出しているのが季節の女神ホーラーです。


ボッティチェリ「春」
ボッティチェリ「春」 posted by (C)トロイ


「春」では、風の神ゼフュロスがニンフのクロリスを追いかけています。両手を伸ばしてクロリスを抱き寄せようとしているゼフュロスは、冥界(冬)からこの世(春)に現れたかのようにブルーを基調にして描かれています。

「ヴィーナスの誕生」ではゼフュロスの身体にまといついていたクロリスが、「春」ではゼフュロスを見やりながら、その手から逃れようとしています。
クロリスの口からは花がこぼれ落ちていきます。クロリスはその花々の羅をまとった女神フローラに変身して、「春」の絵から歩みだそうとしています。

「春」で興味を惹くのは、中央に描かれているヴィーナスを始めとしてクロリスやフローラ、その他の女神たちの下腹部がまるで妊娠でもしているかのようにみなふくらんでいることです。そこにはなにがシンボライズされているのでしょうか。

「レディメイドの花束」でも森が描かれていますが、これはもちろん「春」に描かれているオレンジの森ではありません。ここは神々の園ではなく地上なのです。
中央に描かれている男性は木陰のテラスのようなところに後ろ向きに立っていて、顔は木立の向こうの陽の当たる風景(春?)を見ています。
それとも、この作品には描かれていないヴィーナスを、オレンジの森→黄金のリンゴのことなどを想っているのでしょうか?

「レディ・メイドの花束」に「春」のイメージを重ね合わせると、「レディ・メイドの花束」の中央に描かれている男性は、「春」の中央でこちらに向かってなにかを祝福しているかのようなポーズをとっているヴィーナスに向き合っている感じです。ということは、この男性はヴィーナスから祝福を受けていることが暗示されているのかもしれません。


ところで、
ヴィーナスの頭上には、目隠しをしながら愛の矢を射ようとしているクピード(Cupido)が描かれています。射るのは誰に対してなのでしょうか?なにをなのでしょうか?
wikiには、ローマ神話の「三美神の中の「慎み(castitas)を狙っている」と書かれています。
この作品に敷衍すると、この男性の「慎み」が矢の的なのでしょうか?
ちなみに三美神が司っているのは、愛(amor)、慎み(castitas)、美(pulchritude)。

では、ギリシャ神話に登場するの三美神が司っている魅力(charm)、美貌(beauty)、創造力(creativity)のどれを狙っているのでしょうか。
マグリットには「創造力(creativity)」なのかもしれませんね。

三美神(アントニオ・カノーヴァ作)
三美神(アントニオ・カノーヴァ作) posted by (C)トロイ


「レディ・メイドの花束」に描かれている木立の向こうに見えるやわらかい日差しの<春?>の風景とボッティチェリの描いた「春」の花の女神フローラの間に黒いコートの男性(冬?)はサンドイッチされています。
男性の背中に描かれている女性はボッティチェリの「春」に描かれているフローラですから、フローラが<花束>=<春>を暗示しているとすれば、マグリットによってここに描かれたフローラは「レディ・メードの花束」としてシンボライズされているということになります。
つまり、視覚的には、マグリットの描く<オリジナルな世界>とボッティチェリが「春」の中に描いた女神フローラという<レディ・メードの世界>の間に、この男性は立っています。

表側(男性の正面)のリアリティの世界の裏側(男性の背中)にはヴァーチャル・リアリティのような世界があり、それが男性の表と裏の世界として象徴されているとも考えられます。

映画の中で、男性が愛を告白するときに、手にした花束を女性の目に触れないように背中に隠しているシーンがあります。
その光景を踏まえると、フローラは男性が背中に隠し持っている花束だということになります。男性は愛を告白しようとしている。では、誰に?ヴィーナスに???

マグリット夫人はマグリットの描いた絵画「ジョルジェット」から想像すると知的な美しい女性という感じを受けます。
マグリットはジョルジェットを彼にとってのヴィーナスあるいはフローラとして位置づけていたのかもしれません。美を造形するマグリットに様々なインスピレーションを与えてくれる存在として…。



「レディ・メイドの花束」に描かれているフローラはあたかも男性のバックボーンのようになっています。これは、女性がやはり男性の人生のバックボーン的存在であることをイメージしているのでしょうか。
「レディ・メイドの花束」に描かれている男性がマグリット自身であるならば、フローラ的存在のマグリット夫人はマグリットの人生のバックボーンをなしていることになります。
とすると、夫婦は一心同体であり、夫の生きる歓びは愛する女性とともにあることを描いているのかもしれません。(←夫側からの観点なのでこの絵には関係ないのかもしれません)

友人からこの絵の違った見方を教えてもらいました。
「一心同体というよりも男性が女神を支配したい願望のようなものを感じましたが・・・」、と。
たしかに、黒いコートの男性の大きさに比べると女性が小さ過ぎるので、そう考えることもできます。

そして、フローラは、男性の背中から抜け出し、軽やかに前に歩んでいこうとしています。
先に述べたように、「ヴィーナスの誕生」では風の神ゼフュロスと恋愛関係にあると思われるニンフのクロリスが、「春」ではゼフュロスから逃れ、女神フローラに変身するところが描かれています。
ということは、男性が満足している結婚生活とか恋愛関係には女性が飽き足らず、女性が男性中心の人生にサヨナラ♪をして、自己満的なひとりの男性のためにではなく、多くの人にとってさらに大きくて魅力のある女神フローラのような存在になっていく姿を暗示しているのかもしれません。

男性が描いたこの絵を女性が見たときに、女性(フローラ)を男性の背中にある存在としてではなく、堂々と真正面に存在するものとして捉えてほしいと思ってもなんら不思議はありません。
男性から見れば、えっ、まさか…?
女性の目からすれば、そうよ、だから、ますます…???

男性と女性が背中合わせという寓意はなにを意味しているでしょうか。
また、絵画のタイトル「レディ・メイドの花束」の<レディ・メイド>はなにを暗示しているのでしょうか。
マグリットの作品は、各人各様、いろいろな解釈が楽しめます。


     参考文献:世界の名画Ⅰ(カルチュア版 世界の美術) 世界文化社



追記:

*私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』に載せたものを少し手直ししました。

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


*心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you!

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる