スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(27)~新馬場駅商店街界隈~街の貌_其之参

 温故知心の街歩き。

 品川宿の風情かな。



道すがら_ディフェンス
道すがら_ディフェンス posted by (C)トロイ


 フェンスでディフェンス。

 米国=メキシコ国境問題。


 フェンスを築けぬ

 対ソ、対韓、対中=日本のフロンティア。



道すがら_家屋-02
道すがら_家屋-02 posted by (C)トロイ


 センチメンタル・ジャーニー。

 ビルの狭間の木造家屋。


 背伸びをしても

 敵うはずない丈比べ。



街-01 from 一心寺_東海七福神(寿老人)
街-01 from 一心寺_東海七福神(寿老人) posted by (C)トロイ


 新旧の混在。


 "豊"な"暮し"とはなにか。

 昏くならない暮らしを願う

 初詣。



東海道品川宿商店街-01
東海道品川宿商店街-01 posted by (C)トロイ


 街道筋

 ノ

 かつて

 ノ

 賑わい


 夢よ ふたたび

 商売繁盛?!


 暖簾に腕押し

 爆買い頼み。



道すがら_家屋-03
道すがら_家屋-03 posted by (C)トロイ


 いまはむかし

 屋号の横書き

 左←右


 本や手紙の縦書き

 左←右
   ↓
   下


 下駄や草履

 の

 履き心地
 


道すがら_家屋-08_履物店
道すがら_家屋-08_履物店 posted by (C)トロイ



 時は流れて

 屋号の横書き 左→右。


 本や手紙やノートでも

 西洋式の左横書き 天下り。 


 右へ倣えの
 
 右側通行→左側通行。



 右利きの

 侍

 左手側に壁を置く


 右側は

 フリーに

 動ける

 オープン・スペース


 備えあれば

 憂いなし


 怠らぬ

 防御・攻撃

 の体勢


 侍日本の 

 真骨頂



 柳生十兵衛

 忍者

 ノ

 早足 


 丹下左膳

 正義

 ノ

 活劇



道すがら_家屋-06
道すがら_家屋-06 posted by (C)トロイ


 建物も

 ひとと違わず

 高齢化


 支える

 ものは

 …

 処方薬


 医者ノ不養生

 クスリ屋ノ不摂生


 末ハ


道すがら_家屋-11
道すがら_家屋-11 posted by (C)トロイ


 熱いトタン屋根のツタ…



道すがら_家屋-07b
道すがら_家屋-07b posted by (C)トロイ


 生生流転の旅烏…。
 


道すがら_餅つき
道すがら_餅つき posted by (C)トロイ


 商店街の

 淋しい餅つき

 マスクをつけて

 町内行事

 
 ノロウィルスの

 不安から

 通行人は無関心



道すがら_満腹b
道すがら_満腹b posted by (C)トロイ


 飽食

 の

 貧しき習慣


 日常化

 する

 軽薄短小


 テレビ

 は

 宗教


 信者たち

 の

 心の礎 心の糧



道すがら_路地-01
道すがら_路地-01 posted by (C)トロイ


 いつか来る

 路地の迷路

 は 

 昼も闇



街-02 from 一心寺_東海七福神(寿老人)
街-02 from 一心寺_東海七福神(寿老人) posted by (C)トロイ


 頼ミノ綱

 ハ

 七福神 


 叶ワヌ

 トキノ

 神頼ミ



 商店街が

 暮れなずむ 


品川宿商店街-02
品川宿商店街-02 posted by (C)トロイ



 品川宿の風情かな。

 温故知心の街歩き。




追記:

*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape

お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(26)~新馬場駅商店街界隈~街の貌_其之貮


 雨ニモ負ケズ

 風ニモ負ケズ

 日々

 変ワリユク トーキーヨ。



新馬場駅界隈_品川の高層ビル方面ガード下-01b(2)
新馬場駅界隈_品川の高層ビル方面ガード下-01b(2) posted by (C)トロイ


 東京ニ

 ハ

 空ガナイ。


 ソレダケ

 ニ

 ナオサラ

 目ヲヒク


 街ノ色。



品川宿商店街-03d
品川宿商店街-03d posted by (C)トロイ


 持テル者

 モ

 持タザル者

 モ
 
 共存共栄

 ト 

 謂フ

 …

 幻想

 ノ

 図式。



品川宿商店街-04b
品川宿商店街-04b posted by (C)トロイ


 日ノ丸

 日本ノ

 ホワイトハウス。


 国民ノ

 目ノ行キ届カヌ

 トコロ

 デハ

 秘密裏ニ

 ナニガ

 画策サレテ

 ヰルノヤラ…。 



北馬場参道通り商店街-03b(1)
北馬場参道通り商店街-03b(1) posted by (C)トロイ


 消費者ノ

 夢ヲ

 貪ル


 商店街。




ヤバ~い-01 from 養願寺-
ヤバ~い-01 from 養願寺- posted by (C)トロイ


 買物衝動発令!

 ノ
 
 行キ着ク

 先

 ノ

 自己破産。



問答河岸跡-02(2-4)
問答河岸跡-02(2-4) posted by (C)トロイ


 坊主

 ト

 掛ケテ

 ナント

 解ク?



嗤い-01 from 問答河岸跡
嗤い-01 from 問答河岸跡 posted by (C)トロイ


 答エ

 ハ

 モウ毛ガ

 ナイ。



 今宵モ

 街

 ガ

 呼ンデイル。



日夜山正徳寺-05b(3-2b)
日夜山正徳寺-05b(3-2b) posted by (C)トロイ




*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

テーマ : 創造と表現
ジャンル : 学問・文化・芸術

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(25)~新馬場駅商店街界隈~街の貌_其之壱


 草木も眠る丑三つ時。

 街を観ている蒼い月。


街角-03a(3)
街角-03a(3) posted by (C)トロイ



 商店街の大きな門。


北馬場参道通り商店街-01d(2)
北馬場参道通り商店街-01d(2) posted by (C)トロイ


 品川神社への参道。

 "物の怪"の出入りを見張る
 
 ガーディアン。


 動きが取れずに漂う妖気。

  

 ビルの妖鬼が目を覚ます。


from 街角-01b
from 街角-01b posted by (C)トロイ

 

 蠢くは


レンタル公道カート-01b(3-2c)
レンタル公道カート-01b(3-2c) posted by (C)トロイ


 夜の出番を待つカート。

 不安の募る待ちぼうけ。



 白いカラスの急降下。 


道すがら_カラス-06
道すがら_カラス-06 posted by (C)トロイ


 獲物を目掛け

 一直線。



 月が教えるカラスの狩場。


聖蹟公園-01b
聖蹟公園-01b posted by (C)トロイ



 カラスの

 カラスによる

 カラスのための…


from 北品川商店街-01a
from 北品川商店街-01a posted by (C)トロイ


 レクイエム。



 誰がための

 誰が歌うか


 "I'll See You in My Dreams♪"


聖蹟公園(品川宿本陣跡)-03b
聖蹟公園(品川宿本陣跡)-03b posted by (C)トロイ


 人の世の

 又の逢瀬は夢の中。



 北品川で逢いませう。

 東海道の宿場町。


北品川商店街-01c(1-2)
北品川商店街-01c(1-2) posted by (C)トロイ



 目覚めれば

 冥界なのか

 五里霧中。


本照寺-04墓地a(2)
本照寺-04墓地a(2) posted by (C)トロイ



 招かれた

 覚えはないが

 ここにいる。


 招かれざる

 ものの私が

 ここにいる。
 


本照寺-04墓地b(2)
本照寺-04墓地b(2) posted by (C)トロイ


 満月がすこぶる青い…

 蒼すぎる。
 
 
 なんとしてでも、戻らねば。
 
 戻らねば。


 戻らねば…


街角-03b
街角-03b posted by (C)トロイ




追記:

*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape

お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.




テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(24)~新馬場駅商店街界隈(寺社)~其之勒_善福寺

善福寺


 ここの善福寺は時宗。
 
 時宗の総本山は藤沢の遊行寺。↓

  *遊行寺 

  *時宗(宗教)


 そして、"時宗"と言えば、鎌倉幕府の第8代執権だった北條時宗の名が思い浮かぶ。↓

  *北條時宗(wiki)



 参道に置かれている、なにやら意味あり気な(?)なドラム缶。↓


善福寺-01山門・本堂a
善福寺-01山門・本堂a posted by (C)トロイ


 それもかなりの年季がはいっているように見える。


 そして山門からは…。↓


善福寺-01山門a(1-4)
善福寺-01山門a(1-4) posted by (C)トロイ


 境内に足を踏み入れるものに対して、本堂が睨みをきかせている。 

 この本堂を人の顔に例えるなら、一般的に見られる本堂とはかなり違った異邦人まがいの顔に見えてくる。

 どこか異郷の地の異教の寺院の統べる異境に設けられている山門(エントランスあるいは検問所)から見える異様な異邦人の顔。


 かの地では、早起きしても三文の得にも、徳にもなりそうもない。



異郷のひと-02 from 善福寺_山門
異郷のひと-02 from 善福寺_山門 posted by (C)トロイ


 山門を入ると、私自身もひとつのモノとして、本堂の外観から受ける境内の寂れた雰囲気にすっぽりと包み込まれてしまった。

 まるで、この世から隔絶された廃寺の世界に迷い込んでしまった感がある。


 誰かが…そんな私を見つめている。
 
 見つめている。



善福寺-02本堂b(1)
善福寺-02本堂b(1) posted by (C)トロイ


 本堂は、土蔵造り(?)ならではの趣で、どっしりとしている。
 
 なにものにも、なにごとにも動じない感がある。

 ちなみに、善福寺の開闢(かいびゃく)は永仁2年(1294年)とのことだ。


 この本堂がその当時からのものなのかどうかは、私にはわからない。

 ただ、屋根の表面は当時のものではないトタン屋根(?)になっているようだ。

 雨による本堂の傷みを少しでも軽減するためなのであろうか。



善福寺-02本堂a(2)
善福寺-02本堂a(2) posted by (C)トロイ


 残念ながら、永年に渉って風雨に曝されてきたため、本堂の表面上の状態は芳しくない。

 本堂に掲げられている額の寺号あるいは山号の文字も読めないほどだ。


善福寺-02本堂c(3c)
善福寺-02本堂c(3c) posted by (C)トロイ



 土蔵造りを活かした鏝絵(こてえ)もかなり傷んでいるので、往時の状態を偲ぶことしかできないが、それでも長八の鏝絵のすごさはいまもなお直に伝わってくる。↓


善福寺-本堂(長八の「こて絵」)a-2
善福寺-本堂(長八の「こて絵」)a-2 posted by (C)トロイ


    *編集・加工してあります。


  *伊豆の長八



 本堂の下に置かれている大きな卵のような石。↓


善福寺-03本堂_玉石の卵?
善福寺-03本堂_玉石の卵? posted by (C)トロイ


 意味あり気な石の佇まい。

 "彼岸"と"此岸"の不思議な"縁"(架け橋)を感じさせるものとしてこの世にもたらされたかのような石。

 なんのために、ここに、こんな風にして安置されているのだろうか。


 この石が、もともとこの容であったのなら、まさに天からの賜物かもしれないし…。


 あるいは、寺の建立にあたって、地中を掘り下げていった際に出土した稀有な種類の石なのだろうか。
 
 その稀有さを、このような卵のような形としてさらに整えたうえで、時間をかけて丹念に磨き上げ、末永く世に伝えることにしたのかなぁ…などと、想ったりもした。

  

善福寺-05
善福寺-05 posted by (C)トロイ


 山門を入ると、右側にあるお堂。

 祀られているものがわからない。

 稲荷神社ではなさそうだし、…。

 地蔵堂?

 閻魔堂とも思えない。



善福寺-02山門b
善福寺-02山門b posted by (C)トロイ


 本堂のイメージとはまったく違うもうひとつの善福寺の情景。


 この樹が周囲にもたらす"生"の息吹きに、私が境内で受けた異邦人としての緊迫感や寂寥感は共に和らいだ


 参道の道端に置かれているドラム缶が、善福寺の境内が醸し出すこの世から隔絶されたかのような雰囲気と妙に(?)呼応しているのが不思議だった。


 ドラム缶を連ねたボートで、次なる心の旅の大洋に、さぁ、出港!




追記:

*東京散歩の"街"の光景に関連するカテゴリーはこちらです。↓

  Metropolis

  townscape

お立ち寄りいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。



こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.


テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

『うそっぷ迷所窮蹟』ガイド(23)~新馬場駅商店街界隈(寺社)~其之伍_法禅寺

法禅寺


 山門の左側に『品川小学校発祥之地』の碑がある。


from 法禅寺_山門・碑(品川小学校発祥之地)-01
from 法禅寺_山門・碑(品川小学校発祥之地)-01 posted by (C)トロイ


 『開校 明治七年三月吉日』。

 品川区内で最も古い品川小学校の開校。

  
 小学校低学年のころ、校庭で遊んでいたら、『君は尋常小学校何年生?』、と見知らぬ人に話しかけられて、面食らったことがある。

 私が通っているのは、"○○小学校"で、<尋常>小学校という校名ではなかったからだ。

 父にそのことを話したら、以前は小学校のことを尋常小学校と言っていたのだということだった。

 "尋常"という意味も解らぬまま、私は父に"じんじょう"という漢字を教えてもらった。


 いまになっても、私には、なぜ、"尋常"小学校というオフィシャルな名称がつけられたのかがわからない。



法禅寺_お堂と杉森稲荷の鳥居-02b(3)
法禅寺_お堂と杉森稲荷の鳥居-02b(3) posted by (C)トロイ


 山門を通ると、本堂に向かって右側にお堂と赤い鳥居がある。

 鳥居は杉森稲荷。↓


法禅寺_杉森稲荷-04b
法禅寺_杉森稲荷-04b posted by (C)トロイ


 一種のジオラマ的な稲荷神社で、意外性に富んでいる。

 厳しい巌の参道を上って稲荷社(中央上部)にて参拝するという設定だ。



 本堂に向かって左側には、板碑覆堂。そして、六地蔵と納骨堂、さらに流民叢塚碑がある。


法禅寺-05流民叢塚碑・納骨堂 & 板碑覆堂
法禅寺-05流民叢塚碑・納骨堂 & 板碑覆堂 posted by (C)トロイ


法禅寺_板碑覆堂-01c
法禅寺_板碑覆堂-01c posted by (C)トロイ


法禅寺-03a
法禅寺-03a posted by (C)トロイ



 お地蔵さんも。


法禅寺-04f(2)
法禅寺-04f(2) posted by (C)トロイ


 こちらは、六地蔵。↓


法禅寺-06六地蔵a(3)
法禅寺-06六地蔵a(3) posted by (C)トロイ


 三体ずつ納骨堂の前に(流民叢塚碑の下に)に並んでいる。



 本堂。

  布袋尊像。↓


法禅寺_本堂-04b
法禅寺_本堂-04b posted by (C)トロイ


*東海七福神めぐりは、ここ法禅寺ではなく、布袋尊像が安置されている養願寺。



法禅寺_本堂c
法禅寺_本堂c posted by (C)トロイ


 法禅寺と言えば、かつて大ヒットした歌謡曲があった。

  包丁一本 晒しに巻いて
  旅へ出るのも 板場の修業

 ただし、この歌の舞台は大阪。

  法禅寺横丁


 トリで脱線、転覆。てんぷくトリオのトリ路地~。




こちらもよろしく!

☆私のHP『夢幻のスペース・オデッセー』↓

   夢幻のスペース・オデッセー

  HPにも来ていただけると嬉しいです。


☆『フォト藏』の私のページ↓

   フォト蔵のページ


 *心象風景の画像のある「夢幻のOdyssey(オデッセー)」と「for BLOG_心象風景」はこちらです。↓

   夢幻のOdyssey(オデッセー)

   for BLOG_心象風景

そして、↓

   『for 「575の宙」』

他の画像も見に来ていただけると嬉しいです。

Thank you in advance for your visit.

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

KJYD

Author:KJYD
来てくださったかたがたに、そして『拍手』をしてくださったかたがたに、心から

Alles Gute!

どうもありがとう。


*東京散歩の写真、「心象風景」や「ショートストーリー」そして「575の宙に」などに用いた画像など、『フォト蔵』にアルバムとしてアップしてあります。
よろしくお願いいたします。

Thanks a lot.


お願い:

*フォト蔵の画像保存機能の不具合により、ブログに用いた画像の一部が非表示になってしまうことが度々あります。

 非表示になってしまった全ての画像をフォト蔵で再保存してブログに再表示させても、また、他の画像や同じ画像が非表示になってしまいます(T_T)

 非表示になっている画像がありましたらコメント欄などで教えていただけると有難いです。

 よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。